天木直人の公式ブログ

2012/12( 2 )

Month

お知らせ

日本もハマスだった時があった!
253

日本もハマスだった時があった!

 投票日のきょう12月16日の各紙は選挙のことばかりだ。  しかしその中でも興味深い記事はある。  朝日新聞の「ザ・コラム」で曽我豪編集委員が戦後最初の1946年 4月10日の衆院選を振り返っている。  そこで書かれている次の事実は日本国民として話しのネタとして知っ ておいたほうがいい。  戦後はじめての民主選挙の結果...
 国会前の反原発集会に参加する小沢一郎に会いに行く
265

 国会前の反原発集会に参加する小沢一郎に会いに行く

□■□■【反骨の元外交官が世界と日本の真実をリアルタイム解説】 ■□■ □■  天木直人のメールマガジン2012年12月14日第919号 ■   ==============================================================   国会前の反原発集会に参加する小沢一郎に会いに...
「だから集団的自衛権の行使が必要だ」と叫ぶ的外れ
249

「だから集団的自衛権の行使が必要だ」と叫ぶ的外れ

 さっさと発射してもらいたいと言ったのは誰だったのか。むしろ喜ぶべきではないか。こんな冗談の一つも言ってみたくなる北朝鮮ミサイル実験発射についての大騒ぎぶりだ。  その中できょう12月13日の読売新聞が飯塚恵子と名乗る編集委員の的外れ意見を掲載していた。  今度の北朝鮮のミサイルは米軍の西太平洋地域の戦略拠点である米領...
オスプレイの本格運用を知らされていなかった森本防衛相
304

オスプレイの本格運用を知らされていなかった森本防衛相

   私は12月1日のメルマガ第892号で書いた。  在日米軍のアンジェレラ司令官が11月29日に記者会見し、オスプレイの本格運用開始時期は12月上旬になるだろう、日本全国で低空飛行訓練を急ぐ、と発表したと。  なぜ総選挙の真っ最中に論議を呼ぶような事をさせるのか。せめて総選挙後まで待ってくれと申し入れなかったのか。ひ...
どの政党も日米安保体制の重要性は確認していると公言した谷内正太郎元外務次官
261

どの政党も日米安保体制の重要性は確認していると公言した谷内正太郎元外務次官

 きょう12月7日の朝日新聞に谷内正太郎元外務次官のインタビュー記事が 掲載されている。  そこで彼は、尖閣諸島への公務員常駐などで中国との関係を危険にしたり、すぐに 出来ない憲法改正を唱えるよりも、集団的自衛権行使を先行させ日米同盟の信頼感を 高めるべきだと公言している。  まさしく米国の代弁をしているのだ。  谷内...
 政権が不透明な時こそ米国の関与が強まる  
269

 政権が不透明な時こそ米国の関与が強まる  

 今度の総選挙を世界の各国はどう見ているか。そういう特集報道が目 につく。  その中で私が注目したのがきょう12月5日の毎日新聞の記事であ る。  米国のほとんどすべてのシンクタンクが衆院選後も日本に安定した政 権は誕生しないと 分析しているという。  さすがは米国だ。よく見ている。  そしてそういう時こそ米国は関与を...
対米従属からの脱却なくして脱原発はありえない
216

対米従属からの脱却なくして脱原発はありえない

 今度の総選挙はその主要なテーマが脱原発である。  それを皆が唱えるようになった。  しかしどの政党も本気でそれを実現しようとしているとは私には見え ない。  というよりも脱原発の実現の本当の難しさについて脱原発を唱えるどの 政党も気づいていないかのようだ。  脱原発の本当の難しさは新しいエネルギー源を見つけることとか...
 私が「日本未来の党」に対する評価を留保する理由
260

 私が「日本未来の党」に対する評価を留保する理由

 なぜ「日本未来の党」を応援しないのか、なぜ小沢さんを応援しない のかという声が届く。  答えは簡単だ。  評価を下すに十分な情報を持ち合わせていないからだ。小沢一郎の考 えていることがわからなくなったからだ。  そしていま私はほとんどといっていいほど失望感を感じている。  私が小沢一郎を応援する理由はただ一つ、国策捜...
 森本防衛相はオスプレイの全土訓練開始を知らされていたのか
250

 森本防衛相はオスプレイの全土訓練開始を知らされていたのか

   私は11月30日のメルマガ第889号で書いた。  在日米軍のアンジェレラ司令官が11月29日に記者会見し、オスプ レイの本格運用開始時期は12月上旬になるだろう、日本全国で低空飛 行訓練を急ぐと発表したと。  これを11月30日の毎日新聞が報じた。  しかし12月上旬といえば総選挙の真っ只中だ。  そんな時にオス...
Return Top