天木直人の公式ブログ

No Title

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ
□■□■【反骨の元外交官が世界と日本の真実をリアルタイム解説】
■□■
□■  天木直人のメールマガジン2013年1月5日第10号
■ 
 ==============================================================
  「決戦は参院選挙」という大ウソ
 
 ==============================================================
 衆院選挙が終ったとたんに参院選に向けての動きが始まった。
 そして年が明けの政治記事は7月の参院選のことばかりだ。
 「決戦は参院選挙だ」という言葉がまるで合言葉のようだ。
 それを安倍自民党が言うのはそのとおりだ。
 参院選で過半数を取り、文字通り政権を安定させる。これは現実的な
目標であり、安倍自民党にとっては目指すべき現実的な目標だ。
 ひるがえって野党はどうか。
 維新の党やみんなの党がいくら協力関係を強化すると言ったところで
安倍自民党との対立軸にはなりえない。
 いま票を伸ばせなければ伸ばす時がないというような先の衆院選挙で
見事に完敗した共産党や社民党が今度は勝つと叫んでも国民は相手にし
ない。
 醜態をさらした未来の党が国民の支持を得るのはほとんど不可能だ。
 ましてやそんな野党が安倍自民党に対抗すると言って結束など出来は
しない。結束しても国民はついて来ない。
 そうなのだ。
 参院選の結果は明らかだ。たとえ大勝は出来なくとも安倍自民党が勝
ち、ねじれを解消する事はもはや自明である。
 メディアはそれを知っているからこそ、民主党の再生とか参院選が決
戦の場だなどという大ウソを繰り返して、政治番組を持たせているので
ある。
 そんな今年の政局を象徴するかのような社説をきょう1月5日の朝日
と東京が奇しくも一致して掲げていた。
 すなわち朝日新聞は「『私たち』を政治の主語に」と題し、期待に応
えない政治を嘆き、救世主を待つのは不毛だ、みずから政治に働きか
け、政治に情報公開を求め、市民の知恵を取り入れる仕組みを考えるほ
かはない、と言い出している。
 東京新聞は「『環視』という政治参加」と題し、政治が国民の望まぬ
方向に進まぬようにしっかり「環視」しなければならない、と書いてい
る。
 いずれも私が繰り返し主唱しているインターネット政党の目指す政治
である。
 おそらくこれから7月までの間にこのような論調は増えていくだろ
う。
 私が実現できるかどうかを問わず、みながインターネット政党なるも
のに向かって様々な動きを見せるようになるだろう。
 既存の政治の枠組みの中で、どの党がどの党と組んで参院選の得票を
伸ばすのか、どの選挙区で誰が勝つのか、などという事を語ること自体
がピントはずれの時代になって行くのである。
 安倍自民党政権が古い政治の最後の政権となる。
 そうさせなければならない(了)。
 「天木直人のメールマガジン」は報道の裏にある真実を追求して毎日配信しています。
  申し込みはこちらから ⇒ http://goo.gl/YMCeC
  定期購読申込と同時に当月配信のメルマガ全てをさかのぼって読めます。
  このほかに新年メルマガでは次のテーマで書いています。
 
 
 1.「自衛隊よ、大丈夫か」と書いた産経新聞
 2.なんのためにアウンサンスーチー氏を日本に招待するのか
 3. 安倍政権を潰す事になる産経新聞の社説
 4. 福島原発事故直後に発せられた一本の極秘電報をスクープした朝日
 5.アウンサンスーチー氏を完全に無視した麻生副総理兼財務大臣
 6. 自衛隊諸君、米軍の戦争協力者に成り下がっていいのか!
 7. 今年の中東情勢を占う
 8.今年の最大のテーマは日米同盟の帰趨である
 9. 復興増税という名の所得税増税がきょうからはじまる 
 インターネト政党について
 安倍自民党政権ではダメだと思っている人。
 弱体、分裂した今の野党では安倍政権を倒せないと考えている人。
 既存の政党、政治家ではいくら政権交代しても何も変わらないと思っている人。
 我々一般国民は政治に対しては何もできないとあきらめている人。
 そんな人は来年の参議院選挙に向けて我々と一緒に「インターネット政党」を立ち上げて既存の政治に殴り込みをかけませんか。
 「天木直人のメールマガジン」では、既存の政治システムに挑戦する新しい自分たちの政党をつくる事を目指して皆の知恵を募っています。
252
Return Top