天木直人の公式ブログ

2013/2( 2 )

Month

お知らせ

原発事故被害者訴訟がこの国の権力構造を変えるかもしれない
264

原発事故被害者訴訟がこの国の権力構造を変えるかもしれない

   閉塞した政治状況の中で大きなニュースが飛び込んできた。ついに原発被害者が国と東電を相手に立ち上がったのだ。  きのう2月8日の東京新聞が一面トップでスクープ報道し、そしてきょう2月9日の各紙が一斉に報じた。  私はこの時を待っていた。  この集団訴訟がすべての原発事故被害者のうねりに発展し、この国の原発政策を変え...
負け比べとなった日中レーザー照射事件
249

負け比べとなった日中レーザー照射事件

   断っておくが私は尖閣国有化に端を発する中国の対日攻勢について、それを擁護するつもりはまったくない。  それどころか中国の軍事覇権的な一連の強行姿勢について強くそれを批判する立場である。  だからこそ日本はそのような中国に対し、これ以上そのような行動を許さないような正しい外交・防衛策を国をあげて取らなければいけない...
 これが最後の民主党批判である
163

 これが最後の民主党批判である

     もはや民主党について書くつもりはなかったのだが、きょう2月7日の毎日新聞の記事を読んで、あきれ果てて書かずにはいられなかった。  これが最後の私の民主党批判である。  その毎日新聞の記事によればこうだ。  民主党は6日の民主党の「党改革創生本部」の役員会を開き、そこで衆院選の総括を盛り込んだ「改革創生案」なる...
中国のレーダー照射攻撃に正しく対応するにはどうすればいいか
265

中国のレーダー照射攻撃に正しく対応するにはどうすればいいか

   突如として小野寺五典防衛省が記者会見を開き、海上自衛隊の護衛艦が中国海軍にレーダー照射攻撃されていた事を公表した。  レーダー照射が軍事的にどのような意味を持つかについては報道が書いている通りであり、軍事専門家が語っている通りだ。すなわち武器使用に準じる軍事行為であり、軍事的威嚇行為である。 だからこれが事実なら...
 報道が隠し続ける次期戦闘機F-35問題の「不都合な真実」
250

 報道が隠し続ける次期戦闘機F-35問題の「不都合な真実」

 きょう2月4日の朝日新聞が一面トップで次期戦闘機F-35問題に関するスクープ記事を掲載した。  すなわち日本製の部品が使われているF-35を米国がイスラエルに売却する事について、ついに安倍政権はこれを例外扱いとして認める方針を固めたという記事だ。  しかしこういう結果になるだろうことは分かりきっていた。2月末の訪米の...
アルジェリア事件について佐藤優氏が吐露したインテリジェンス
319

アルジェリア事件について佐藤優氏が吐露したインテリジェンス

   アルジェリア人質事件に関する検証委員会が発足し、2月中にも検証結果を発表するという。  検証されるべき事柄の中で最も重要な一つが、日本政府・外務省がこんどの事件の起きる可能性についてどこまで事前に情報をつかんでいたのかという事であるのは間違いない。  この重要な検証事項について、発売中の週刊フライデー2月15日号...
そこまでして原発再稼動をさせたい理由
280

そこまでして原発再稼動をさせたい理由

  「何故、原発のためにここまでやらなければならないのかと思う」  これは原子力規制委員会の専門家チームのなかから発せられた率直な疑問の声であるという(2月1日東京新聞)。  安全性確保のために巨大な経費がかかるのにそれでも原発を再稼動しようとする電力会社に対して向けられた言葉である。  そしてその言葉の裏には、安全基...
Return Top