天木直人の公式ブログ

2013/3( 2 )

Month

お知らせ

尖閣主権を放棄した安倍自民党政権
22

尖閣主権を放棄した安倍自民党政権

 私は産経新聞の立場を支持するものでも対中強硬論を唱えるものでもない。  しかしきょう3月21日の産経新聞のスクープを評価したい。  そしてそれが事実なら安倍自民党政権を厳しく糾弾したい。  その産経新聞の記事は政府関係者の話としてこう書いている。  尖閣諸島周辺の領海に中国公船が近づいた時は、海上保安庁の巡視船は領海...
 貧乏くじを引かされた鶴岡公二外務審議官
128

 貧乏くじを引かされた鶴岡公二外務審議官

   一般国民には関心のないことだろうが、きょう21日の各紙は、注目のTPP主席交渉官に外務省の鶴岡公二外務審議官が有力になったと一斉に報じている。  私はこのニュースを興味深く読んだ。  これで決まりだろう。他に適任はいない。  唯一いたとすればやはり同期の西宮伸一氏だったが、彼は中国大使に任命された直後に急逝すると...
 はじめて公開された日本政府がイラク戦争を支持した裏側
137

 はじめて公開された日本政府がイラク戦争を支持した裏側

 きょう3月20日は米国がイラク攻撃をはじめてから10年目の日である。  私にとっての過去10年の日本の対応はあまりにも失望的だった。  欧米主要国と比べて日本と言う国は、政府も国民も、国をあげて米国のイラク攻撃にあまりにも無反省だったと思う。  もちろん最大の責任は日本政府の手による検証作業がまったく行なわれなかった...
慰安婦談話の見直しを放棄させられた安倍首相 
130

慰安婦談話の見直しを放棄させられた安倍首相 

 きょうの19日の各紙が小さく報じていた。しかし大きな意味を持つ記事だ。  安倍首相は、いわゆる従軍慰安婦問題に関する新しい政府談話を、戦後70年の節目にあたる2015年に発表する事を目指す考えを明らかにしたと。  その事をきのう18日に発売された韓国誌「月刊朝鮮」のインタビューの中で語ったと。  これは事実上の見直し...
 TPP交渉参加とカーラ・ヒルズ「私の履歴書」の皮肉な巡り合せ 
187

 TPP交渉参加とカーラ・ヒルズ「私の履歴書」の皮肉な巡り合せ 

   安倍首相がTPP交渉参加表明を興奮気味に語った翌日16日のメルマガ第187号で、私はすかさず書いた。  安倍自民党政権も官僚たちも、これから始まる米国の日本に対する市場開放要求の対応に追われ、消耗させられていくだろう、と。  その私の予測を見事に裏付けてくれる記事を見つけた。  きょう3月18日の日経新聞に掲載さ...
安倍政権と官僚たちはTPP交渉参加で追い込まれて、消耗させられていくだろう。
135

安倍政権と官僚たちはTPP交渉参加で追い込まれて、消耗させられていくだろう。

   安倍首相は愚かな事をしたものだ。  TPP交渉参加を表明したことである。  あんなものは黙って眺めていればよかったのだ。  米国と10か国のTPP交渉などうまくいくはずがない。  日本の入らないTPPなど無意味だ。  しかし、愚かにも安倍自民党政権は参加表明してしまった。  それもこれも米国に従って政権を安泰にし...
前原議員によるTPP交渉裏話の暴露と安倍首相の狼狽
118

前原議員によるTPP交渉裏話の暴露と安倍首相の狼狽

 きょう3月12日の東京新聞だけが大きく報じていたが、TPP参加の是非を巡って前原民主党議員と安倍首相の間で前代未聞のやりとりが昨日11日の衆院予算委員会で行なわれていた事を私は知った。  すなわち前原議員が、民主党政権当時のTPPをめぐる米国との事前交渉において、米側が自動車の非関税障壁撤廃やかんぽ生命保険の内容変更...
安倍首相訪米の目的はそのタカ派封じ込めを米国に約束することだったという「選択」の記事 
148

安倍首相訪米の目的はそのタカ派封じ込めを米国に約束することだったという「選択」の記事 

     もはや遠い過去の事のように忘れられようとしているが2月22日から始まった安倍首相の訪米と日米首脳会談の目的は一体何だったのか。  その事を見事に教えてくれる記事を発売中の選択3月号に見つけた。  「安倍訪米の『隠された狙い』」と言う見出しのその特集記事は、一言で言えば安倍首相のタカ派を警戒する米国に対し、それ...
やさしさだけが
137

やさしさだけが

    毎日政治ブログを書いている私だが、本当はいまの日本の政治はどくだらないものだと思っている。  そんな政治を相手にしてブログを書くことなどつまらないことだと思っている。  先日福島に講演で呼ばれたとき、帰りに駅へ向かうタクシーで運転手がこんな話をしてくれた。  若者の離婚がふえてきたと。好きで一緒になったのはいい...
「日米地位協定入門」の著者・前泊博盛教授との対談動画が配信されました
150

「日米地位協定入門」の著者・前泊博盛教授との対談動画が配信されました

    私は昨日3月7日のブログで産経新聞のスクープ記事を引用して 政府が今年の4月28日を「主権回復の日」と位置づけて都内で祝賀式典を開くことがわかったと書いた。  そしてその記事の通り、安倍首相は7日の衆院予算委員会でその方針を表明した。  ご丁寧に、「主権を失っていた7年間の占領期間があったことを知らない若い世代...
Return Top