天木直人の公式ブログ

沖縄にPACを常時配備してしまった救いがたい安倍政権

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ
□■□■【反骨の元外交官が世界と日本の真実をリアルタイム解説】
■□■
□■  天木直人のメールマガジン2013年4月19日第279号
■ 
 ==============================================================
 
  ついにインターネット政党が動き出した
   
 ==============================================================
 読者からの情報提供で、私の提唱してきたインターネット政党と同じような活動をしている人物がいる事を知った。
 もちろんそのこころざしが同じであれば私はそれを歓迎する。
 そう思ってその人物を探し当てて数日前に東京都内で話し合った。
 その人物は、私が外務省を辞めた10年ほど前にブログを書き始めて以来の熱烈な読者であり、有料メルマガを開始してからも真っ先に読者になって今日に至ったという人物であることがわかった。
 私のインターネット政党構想に感銘を受け、それを拡散するために勝手にインターネット上で発信していたという。
 彼こそが私が求めていた同志だ。
 ついにたった一人から二人になった。
 私のインターネット政党構想の最大の弱みは、私自身がインターネット発信に疎く、ツイッターもフェースブックも活用していないことだ。
 その私の弱点克服し、私の構想に心を震わせて共鳴し、そして私に代ってインターネット上で拡散してくれる人物をついに見つけたということだ。
 このメルマガの末尾に彼が作成したインターネット政党のブログ、ツイッター、フェースブックのサイトを紹介する。
 私が顧問となっているが、そこは違うので訂正してもらう。
 私と彼は共同代表であり共同発起人である。
 そして私とともに共同代表であり共同発起人となりたい人は彼以外でも誰でもなれる。
 私の構想に共振し、その実現に向かってインターネット上で拡散する情熱のある人なら誰でも参加できる。
 インターネット政党は皆がつくり、皆が参加し、皆が事実上政治家になる、そういう政党を目指すのである。
 必要なものは何も要らない。
 既存の政治、政党、政治家のすべてを否定し、自分でもう一つの政治をつくってみたいと思うほとばしる情熱と真摯な気持ちがあればそれで十分だ。
 三つのインターネット政党のサイトも皆の手でどんどんと発展、拡充していけばいい。
 衆目の一致する候補者が見つかれば7月の参院選に殴り込みをかける。
 その人物を見つけるのが私の役目だ。
 たとえ7月までに見つからなくても、必ずいつかは数名の政治家を日本の政治の場に送り込んで誰もまねの出来ないもう一つの政治を実現してみせる。
 その政治家は、既存の政治家にはマネのできないもう一つの日本、もう一つの政策をつくる事のできる行動力のある無私、無欲の政治家である。
 そういう政治家のを我々で共有する。それが私の目指すインターネット政党である。
■ブログ: インターネット政党「ネット des 新党(NetdesNewParty)」
       http://blog.goo.ne.jp/fuwa_toshiharu
■フェイスブック: ネット des 新党(NetdesNewParty)
            https://www.facebook.com/Net.des.NewParty
■ツイッター: ネット des 新党(@NetdesNewParty)
         https://twitter.com/NetdesNewParty
────────────────────────────────
購読・配信・課金などのお問合せやトラブルは、
メルマガ配信会社フーミー info@foomii.com までご連絡ください。
────────────────────────────────
編集・発行:天木直人
ウェブサイト:http://www.amakiblog.com/
登録/配信中止はこちら:https://foomii.com/mypage/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
166

沖縄にPACを常時配備してしまった救いがたい安倍政権

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ
 
 わが目を疑う記事を見た。
 やはり安倍政権は考えられないほど誤った政策を強行してしまったのだ。
 きょう4月19日の各紙が次のように小さく報じていた。
 航空自衛隊の地対空誘導ミサイルPACシステムを積んだ車両が雨降る中、抗議の声を無視して那覇空港に到着したと。
 私はPACが沖縄に常備配置されるという記事を4月9日の読売新聞ではじめて知った時、その矛盾を声を大にして叫んだ。
 PACは落ちてくる北朝鮮のミサイルを30キロ程度の至近距離から撃ち落すミサイルだ。
 つまり北朝鮮が沖縄のどこかを標的にしてミサイルを打ち込んでくる事を想定しないかぎり常時配備の意味はない。
 そんなことがありうるのか。
 もし北朝鮮が本気で日本を攻撃してくるのならそれは東京であり、皇居、官邸、銀座だろう。
 PACを常時配備すべきはそこだろうと。
 軍事に素人の国民でも新聞を読んでいればそれぐらいはわかる。
 しかし安倍政権は沖縄にPACを常時配備した。
 それは沖縄を北朝鮮とのミサイル戦争の前線にするということだ。
 またしても沖縄が犠牲にさせられるということだ。
 どこまでも安倍政権は沖縄を犠牲にするつもりだ。
 そうではないと安倍首相は言うかもしれない。
 落下してくる破片を撃ち落して沖縄県民を守るのだと。
 そうだとしたらこれ以上ない見事なジョークだ。
 ミサイル迎撃用に購入したPACはミサイル発射が失敗して破片が落ちてくるのを撃ち落すためにあるというわけだ。
 あるいは安倍首相は言うかもしれない。
 たくさん購入してしまったるPACの置き場がないから沖縄に一つ置かせてくれと。
 そうだとしたら大変な税金の無駄遣いである。
 沖縄にPACを常時配備することはどう考えても理に合わない・・・
 「天木直人のメールマガジン」はそのほかにも多くのテーマでニュースの核心に迫っています。
 申し込みはこちらから ⇒ http://goo.gl/YMCeC
  定期購読申込と同時に当月配信のメルマガ全てがさかのぼって購読できます。
 ◎2013年 2月配信分テーマ ⇒ http://goo.gl/AzRxs
 ◎2013年 1月配信分テーマ ⇒ http://goo.gl/09L1x
 ◎2012年12月配信分テーマ ⇒ http://goo.gl/KNLL7
166

Fatal error: Cannot redeclare dp_facebook_comment_box() (previously declared in /home/kenpo9/xn--gmq27weklgmp.com/public_html/wp-content/themes/dp-magjam/comments.php:225) in /home/kenpo9/xn--gmq27weklgmp.com/public_html/wp-content/themes/dp-magjam/comments.php on line 225