天木直人の公式ブログ

 訪露する前から決まっている北方領土問題の共同声明 

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ
 
 きょう4月29日の各紙が一斉に報じている。
 今度の安倍首相の訪露では北方領土問題について次の事が決まり共同声明のなかで発表されると。
 すなわち平和条約交渉の再スタートを行う、そしてそのために首脳レベルを含む政治対話を強化する、これである。
 各紙が一斉に報じているということは政府・外務省が事前にメディアに知らせて書かせたということだ。
 しかしこれはおかしくないか。
 この記事が書かれたのは安倍首相がモスクワに到着したばかりの昨日夜である。
 首脳会談はいまだ開かれていない。
 北方領土問題は森元首相が露払いをした後に安倍首相とプーチン大統領の首脳会談で直談判して決まるはずだったのではないか。
 まさしく首脳同士の政治決断で進展するはずではなかったのか。
 それにもかかわらず、首脳会談が開かれてもいないのにここまで具体的な共同声明の内容が報道されている。
 これを要するにすべては事前の官僚同士の話し合いで決まっているということだ。
 しかもその内容が聞いてあきれる。
 北方領土解決に向けた平和条約交渉を再スタートするだと。
 そのために首脳の定期協議を含む政府間対話を強化するだと。
 これまでさんざんやって来たことではないか。
 さんざんやってきて何の進展もなかったことではないか。
 そんな事をわざわざ繰り返すために安倍首相はロシアを訪問したというのか。
 文字通りの外遊だ。
 そんな事に真面目な顔をして付き合っているメディアもまた外遊だ。
 何の価値もない安倍首相訪露である。
 読むに値しない安倍首相訪露報道である(了)
160
Return Top