天木直人の公式ブログ

2013/4( 2 )

Month

お知らせ

「TPPは終った」という意味はこういうことだ
120

「TPPは終った」という意味はこういうことだ

   よほど誤解を生む言葉だったと見える。私が「TPPは終った」、「TPPは敗戦処理に入った」と書いたら、それはどういう意味かと、読者のみならず雑誌記者たちからも問い合わせを受ける。  だからもう一度具体例で説明する。  それはたとえばこういうことなのだ。  きょう4月17日の朝日新聞が書いている。  日米両政府が4月...
 いつのまにか消え去った北方領土問題 
120

 いつのまにか消え去った北方領土問題 

 4月13日の毎日新聞が小さく報じていた。  ロシアのロゴジン副首相が11日北方領土返還を求める日本について「(第二次大戦で)無条件降伏したのだから、今日においてあらたな(領土)要求をするのは無意味だ」と述べたと。  4月末から予定されている安倍首相の訪露を前にしてこれは物凄い挑発的な発言だ。  果たして安倍・プーチン...
 北朝鮮のミサイル発射停止を素直に喜べない日本外交の誤り 
136

 北朝鮮のミサイル発射停止を素直に喜べない日本外交の誤り 

  どうやら北朝鮮のミサイル発射は延期、あるいは停止の方向で収束しつつあるようだ。  それは誰もが歓迎するところだろう。  ところが日本は必ずしもそれを歓迎しないかのごとくだ。  なぜか。  北朝鮮問題の解決は米中の協力によって決まるということが世界に証明されるからだ。  これをきっかけに米朝対話が進むかもしれないから...
 TPPは終った。あとは敗戦処理に消耗させられるだけだ 
117

 TPPは終った。あとは敗戦処理に消耗させられるだけだ 

 北朝鮮のミサイル発射騒ぎのドサクサに紛れて、よくもここまで屈辱的な日米合意を飲んだものだ。TPP予備交渉という名の対日市場開放要求をめぐる日米交渉のことである。  「われわれは、あまりに日本に不公平だったので妥協しなかった。安倍政権は妥協して交渉参加表明をすることはないですね」  3月11日の衆院予算委員会でこう質問...
 日台漁業取り決め合意の功罪 
127

 日台漁業取り決め合意の功罪 

   領土問題を棚上げにして漁業問題で妥協を図る。そうすることによって日台関係を改善する。この判断を私は評価したい。  たとえその合意をまとめるために、尖閣沖の台湾漁船の漁業権を認めるという譲歩をし、その事によって日本の漁業者が不利益をこうむるという代償があったとしてもである。  当然のごとく地元沖縄県の漁業関係が反発...
 このまま行けば日本はIAEAの管理国家になるかもしれない 
139

 このまま行けば日本はIAEAの管理国家になるかもしれない 

 北朝鮮の暴発に大騒ぎしている間に、もう一つの危機が深く、静かに進行している。  福島原発事故の対応が出来ないまま崩壊に向かっている東電の危機である。   「もはや東電だけでは対応できない」(東京新聞)。  これは皆が心の中で思ってきたが決して口には出さなかった言葉だ。  しかしついにそれが隠せなくなってきた。  東電...
 北朝鮮のミサイル発射についていま米国が考えていること  
121

 北朝鮮のミサイル発射についていま米国が考えていること  

    今度の北朝鮮の瀬戸際作戦について、米国は実に冷静で現実的な対応を考えていると思って感心した。  そのことについて書いてみる。  私が注目したのは4月9日の読売新聞が米紙ニューヨークタイムズ紙を引用して書いている次のような記事だ。  すなわち北朝鮮がミサイル発射に踏み切れば数秒以内にその軌道を計算し、それが韓国や...
公開直訴状を拡散することのお願い
16

公開直訴状を拡散することのお願い

 本日のブログで公開した安倍昭恵首相夫人への直訴状に賛同いただける読者は是非そのメッセージを拡散し、昭恵夫人の目にとまるように協力してください。あなたのネット上の一言が福島の母子を救うことになるかもしれません。政治を動かすことができるかもしれません。
安倍昭恵首相夫人への公開直訴状
110

安倍昭恵首相夫人への公開直訴状

 安倍昭恵様  拝啓  突然に公開直訴状をお届けする非礼をお許し下さい。  しかしこれはとても重要なことですので、最後までお読みいただければ幸甚です。  私は先日、縁あって福島で講演に呼ばれ、そこで知りました。福島の若いお母さんたちが、愛する自分の子どもたちが被曝の犠牲になるのではないか、神に授かった祝福さるべき赤ちゃ...
原発貯水池漏水事故が物語るこの国の政治の限界 
139

原発貯水池漏水事故が物語るこの国の政治の限界 

    福島第一原発の敷地内で地下貯水槽から放射能汚染水が漏れ出て大騒ぎだ。  しかし、たとえ今度の漏水を止める事が出来ても、またふたたび、あらゆる形で、不測の事態が起きるだろう。  問題の根本解決を放置して、その場凌ぎの対応で誤魔化そうとするからこういうことが繰り返されるのだ。  そして、その事は何も福島原発事故の対...
Return Top