天木直人の公式ブログ

2013/6

Month

お知らせ

米国に無条件降伏するしかない安倍首相
96

米国に無条件降伏するしかない安倍首相

   発売中の週刊東洋経済6月29日号に米ボストン大学国際関係学部長のウィリアム・グライスム氏のインタビュー記事が掲載されている。その内容はあまりにも衝撃的だ。安倍首相をあたかもナチス親衛隊になぞらえ、安倍首相がその歴史認識を封印しなければ米国への出入り禁止になる、オバマ大統領もケリー国務長官も会えなくなると言っている...
 日本の調査捕鯨が国際司法裁判所で弾劾される日
101

 日本の調査捕鯨が国際司法裁判所で弾劾される日

 きょう6月27日の各紙が一斉に書いている。日本の調査捕鯨に関する口頭弁論が国際司法裁判所で始まったと。 初日の26日は提訴国の豪州が口頭弁論を行い、日本の調査捕鯨は商業捕鯨であり国際捕鯨取締条約違反であると主張したという。これに対し日本の反論は7月2日に行われるが、日本裁判団の代表を務める鶴岡公二外務審議官は記者団に...
どうせなくなるのだから民主党は一刻も早く解体すべきだ
101

どうせなくなるのだから民主党は一刻も早く解体すべきだ

   都議会選挙の大敗は、もはや民主党は何をやっても国民の支持を得られない事を明らかした。  政権交代の期待を裏切った責任がいかに大きかったかだ。  それにもかかわらず民主党はそのまま参院選に突入しようとしている。  おまけに発表された選挙公約の中途半端さだ。  これでどうやって自民党との対立軸を示せるのか。  参院選...
 息を飲むスノーデンのエクアドル逃亡劇
103

 息を飲むスノーデンのエクアドル逃亡劇

 まるでドラマの世界を見ているような物凄い逃亡劇を我々は今目の当りにしている。  米政府による情報監視体制を暴露した元CIA職員エドワード・スノーデンのエクアドル逃亡劇の事である。  パソコン4台に詰まった極秘情報を持って逃亡したスノーデンを米国政府はなんとしてでも帰国させ、拘束しなくてはならない。  ついに米国のケリ...
都議会選挙の自民独り勝ちと参院選の帰趨
104

都議会選挙の自民独り勝ちと参院選の帰趨

□■□■【反骨の元外交官が世界と日本の真実をリアルタイム解説】 ■□■ □■  天木直人のメールマガジン2013年6月24日第464号 ■   =============================================================    都議会選挙の自民独り勝ちと参院選の帰趨    ...
大手メディアが一切語らない辛坊ヨット遭難事故の「自己責任」
114

大手メディアが一切語らない辛坊ヨット遭難事故の「自己責任」

  三流紙や雑誌、それに最近では特にネット上に流れる情報がそうであるが、それらによって盛んに流されるにもかかわらず、不思議と大手メディアが流さない事がある。その中に、この国のメディアの正体がある。権力側に都合のいいように国民の意識を操作する大手メディアの大罪がある。 これから書くこともそうだ。  日刊ゲンダイ6月24日...
安倍首相の本心は反米ではないのかと思わせる産経新聞の記事
92

安倍首相の本心は反米ではないのかと思わせる産経新聞の記事

   きょう6月20日の産経新聞に見逃せない記事があった。  その記事は安倍首相はサミット後にアイルランドを訪問し、19日午前(日本時間19日夜)ケニー首相と首脳会談し、日本と欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)の早期妥結を目指す事で一致したという記事だ。  そこまではきょう6月20日の主要各紙が一様に報じている...
高市のクビ一つ取れないようでは脱原発などとても無理だ
92

高市のクビ一つ取れないようでは脱原発などとても無理だ

   原発事故の処理が行き詰まっているというのに、そしてそんな状況にも関わらず安倍自民党政権は原発輸出を進め、電力会社は原発再稼動の準備を進めているというのに、脱原発の声はどんどん弱くなっているごとくである。  その象徴的な出来事が、高市自民党政調会長の原発事故で死人はでていない発言である。  かつて民主党政権の時に鉢...
民主党は安倍自民党政権による海江田潰しを覚悟しておいたほうがよい
101

民主党は安倍自民党政権による海江田潰しを覚悟しておいたほうがよい

 きょう6月18日の読売新聞は一面トップで安愚楽牧場元社長が逮捕されるという記事を大きく掲載していた。  民主党はこの記事読んで覚悟したほうがいい。  選挙最中の海江田つぶしがあり得るということを。  橋下維新の会の失速や、アベノミックスの化けの皮がはがれたといって喜んでいてはいけない。  あらゆることを使って選挙に勝...
安倍批判に対する田中均の反発を笑う
108

安倍批判に対する田中均の反発を笑う

   安倍首相がフェースブックで田中均元外務官僚を名指しで批判した。 それは田中氏が毎日新聞紙上で安倍外交を批判したからだ。 一国の首相がたかが元官僚の批判に対して反発し、自らのフェースブックで、「外交を語る資格はない」とまで言って悪し様に批判するなどとは大人気ない。そういって私は安倍首相を批判した。 しかしだからとい...
Return Top