天木直人の公式ブログ

2013/7

Month

お知らせ

小僧の使いだった斎木外務次官の訪中
165

小僧の使いだった斎木外務次官の訪中

 きょう7月31日の各紙は斎木外務次官の訪中の結果を一斉に報じている。  しかしこれほど注目された重要な訪中であったのにその報道は小さい。  なぜか。それは今度の斎木次官の報道で胸を張って語るべき成果が何もなかったからだ。  斎木次官が記者に語った事は「今後さまざまなチャネルを通じて、お互い意思疎通を継続していく こと...
オスプレイの横田配備は「日本本土の沖縄化」の始まりである
192

オスプレイの横田配備は「日本本土の沖縄化」の始まりである

 驚くべきニュースが飛び込んできた。アメリカ太平洋空軍のカーライル司令官は29日、首都ワシントンで、空軍のオスプレイの有力な配備先として嘉手納基地のほかに東京にある横田基地も検討していることを明らかにしたという。 これは衝撃的な発表だ。  よく「日本全土が沖縄化される」という事が言われる。その意味するところは、沖縄の負...
ケネディ新駐日大使は「外交に未知数で不安だ」という評価の意味
26

ケネディ新駐日大使は「外交に未知数で不安だ」という評価の意味

 7月25日、オバマ大統領はキャロライン・ケネディ氏の駐日大使を正式に発表した。  それを報じるきょう7月26日の各紙のケネディ氏に対する評価は判で押したように同じだ。  すなわち、知名度抜群の大物で日本重視のあらわれだが、外交手腕は未知数であり不安は残る、というものだ。  知名度抜群はその通りである。いまも人気の高い...
最後まで駄目なダメな政治家だった福島瑞穂
118

最後まで駄目なダメな政治家だった福島瑞穂

    参院選で負けた野党が内紛を繰り返すのは当然と言えば当然だがそれにしてもひどい。  そしてそのひどさはどの野党もそれぞれ優劣がつけられないほどひどい。  その中でもかつて社会党に期待を抱いた事もあった一人として、私は25日に辞任表明した福島瑞穂という政治家に失望を禁じ得ない。  遅きに失した。  しかしもっと驚い...
業界団体に情報提供をしなかったTPP日本政府交渉団の噴飯もの
175

業界団体に情報提供をしなかったTPP日本政府交渉団の噴飯もの

 やっとTPP交渉に日本が参加する事になった。  今後交渉が進むにつれて多くの問題点が浮き彫りに成ってくるに違いない。これから書くこともその一つだ。  TPP交渉が始まった以上、日本政府が行なうべきは官民一体となって我が国の経済や国民生活の利益を守ることだ。  ところが日本政府交渉団はその逆の事を行なっている。  日本...
安倍首相の8月15日の靖国参拝はない
162

安倍首相の8月15日の靖国参拝はない

 参院選での大勝の後に真っ先に試される安倍首相の最大の政治・外交課題は8月15日の靖国参拝問題である。  しかしこれについてはもちろん、それはない。  そんな事をすればそれこそ中国との関係が決定的に悪化する。  そしてそれは日米関係にも悪影響を及ぼす。  そんな事をすれば折角手に入れた長期政権の座を、また腹痛を起こして...
政党交付金の受け取らない日本共産党はそれだけでもほかの政党よりましだ
28

政党交付金の受け取らない日本共産党はそれだけでもほかの政党よりましだ

   選挙のたびごとに政党や候補者が同じような訴えを繰り返して自分のところに票を入れてくれと叫ぶ。  選挙のたびごとに、棄権はするな、一票で政治が変わるとメディアは繰り返す。  いつも馬鹿馬鹿しいと思って聞いてきたが、今度の選挙ほどそれが馬鹿馬鹿しいと思ったことはなかった。  こんな選挙に17日間も費やすこと自体が税金...
それでもやはりプロ野球選手会の「不信任案決議」は快挙だ
163

それでもやはりプロ野球選手会の「不信任案決議」は快挙だ

   昨日7月20日のブログで日本プロ野球選手会が加藤コミッショナーを全会一致で不信任したことについて、私はこれは快挙だと書いた。  そうしたらその日の日刊ゲンダイ(7月22日号)が次のような記事を掲載した。  すなわち日本プロ野球選手会の嶋会長(楽天)は加藤コミッショナーの不信任を全会一致で確認しながらも、加藤コミッ...
加藤コミッショナーに「不信任」を突きつけた選手会の快挙
135

加藤コミッショナーに「不信任」を突きつけた選手会の快挙

     これは最近まれにみる快挙ではないか。  日本プロ野球選手会が7月19日札幌市で臨時大会を開き、そこで全会一致で加藤良三コミッショナーへ「不信任」を突きつけた事だ。  その言い分がまたふるっている。   「プロ野球選手にとっての命であるボールが変わったという重大な事を『知らなかった』だけで済ませようということが...
選挙で一番得をするメディアのマッチポンプ
28

選挙で一番得をするメディアのマッチポンプ

   つまらない参院選挙がまもなく終わる。  そんなつまらない参院選でも連日大騒ぎして報道するテレビや新聞を見ながら私はつくづく思った。  政治をつまらなくさせたのはメディアの政局報道であり、その結果今度の参院選もかつてないほどつまらなくなった。  それにも拘わらず各局とも選挙報道を競い合い、今度の選挙は日本の政治の将...
Return Top