天木直人の公式ブログ

 安倍首相の野望に水を差した山本前内閣法制局長官の謀反

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ
□■□■【反骨の元外交官が世界と日本の真実をリアルタイム解説】
■□■
□■  天木直人のメールマガジン2013年8月23日第630号
■ 
 =============================================================
  安倍首相の野望に水を差した山本前長官の謀反
 ==============================================================
 やはり山本前法制局長官の発言は安倍首相に対する異議申し立てだっ
た。
 そう思わせる二つの報道に私は注目した。
 一つはきょう8月23日の産経新聞の「憲法考―集団的自衛権―法制
局 見直しに抵抗」という検証記事だ。
 そこにはこう書かれている。
 すなわち第一次安倍政権の2007年に安倍首相が「安保法制懇」を
設置して解釈改憲に乗り出した時、当時の宮﨑 礼壹(みやざき れいい
ち)内閣法制局長官は辞表をちらつかせて解釈改憲に抵抗したという。
 その時の内閣法制局第一部長が山本氏だったという。
 その山本氏は次のように国会で答弁していたという。
 「議論の積み重ねのあるものについては全体の整合性を保つことにも
留意して論理的に確定さるべき」、と(2007年6月5日国会答弁)
 もう一つは8月23日の日刊ゲンダイの記事だ。
 「憲法解釈改憲に待ったをかけた山本最高裁判事のプライド」という
その記事の要旨は次のごとくだ。
 すなわち安倍首相は解釈改憲に消極的だった山本前長官を更迭した。
しかし世間から更迭と受け止められないために最高裁判事に「出世」さ
せた。ところが法制局長官にプライドを持ち、それを天職と考える山本
氏にとっては安倍首相のやり方を許せなかった。首相に「10倍返し」
の仕返しをしたというのだ。
 最高裁判事という天下り人事に不満を抱いて反発とは贅沢な話である
が、内閣法制局のプライドをかけた反発にせよ、「更迭された」ことに
対する反発にせよ、安倍首相の解釈改憲という姑息なやり方への反発で
あったことは明らかだ。
 みずから任命した最高裁の裁判官が解釈改憲に反対するようでは、も
はや安倍首相に解釈改憲は出来ないだろう。
 私は8月15日第のメルマガ612号で書いた。
 ここに来て安倍首相が集団的自衛権行使の容認に急速に突っ走る理由
は、もはや安倍首相にはそれしかできることは無いからだと。
 それが出来なくなるようでは、いよいよ安倍首相にはもはやできるこ
とは何もなくなる事になる。
 安倍政権はお終いだ。
 山本最高裁判事においては、謝罪や発言撤回などをして腰砕けになる
ことなく、最高裁判事の首をかけて最後まで戦ってもらいたいものだ
(了)
 
 「天木直人のメールマガジン」はメディアに裏にある真実を解き明かして毎日発信しています。
 他にも次のテーマで書いています。
 
 1.マケイン議員にグアム移転の協力要請を行なった安倍首相の倒錯
 2.米豪にTPP二国間交渉を断られた日本の体たらく
 3.米国に従属的で新興国に高圧的な日本のTPP交渉態度
 4.原発事故があぶりだしたこの国の司法の機能不全
 5.汚染水問題を放置し続ける安倍政権の狂気とそれを許す日本
 6.ついにイラン政権の転覆工作を認めた米国
 7.自衛隊がオスプレイを導入するという狂気
 8.ムバラクとエルバラダイの生き様に思う
 7.大手メディアが黙殺する新日鉄住金の個別賠償受諾の動き
 8.TPP交渉で追い込まれているのは米国であるこれだけの証拠
 申し込みはこちらから ⇒ http://foomii.com/00001
 定期購読申込と同時に当月配信のメルマガ全てがさかのぼって購読できます。
300
Return Top