天木直人の公式ブログ

2013/9

Month

お知らせ

税金でお遍路めぐりを満願した菅直人元首相
219

税金でお遍路めぐりを満願した菅直人元首相

 こんなことがどうしてニュースになるのか。こんなこと記事にする朝日新聞とはどういう新聞なのか。そう思わせる記事を今日9月30日の朝日新聞に見つけた。 すなわち四国霊場八十八か所の遍路を続けてきた菅直人首相が9月29日、最後の88番札所大窪寺(香川県さぬき市)に到着したという。ご丁寧に次のような菅直人元首相の言葉を引用し...
 国民の資金で米金融資本主義を助ける日本政府
193

 国民の資金で米金融資本主義を助ける日本政府

 いよいよ10月1日、安倍首相が消費税増税を宣言する日が近づいてきた。その前にどうしても書いておきたいことがある。  課税権は安全保障とならんで独立国家の主権の最たるものだ。およそどの国も、どの国のメディアも、租税政策については他国に口を挟まないのが普通だ。 ところが今度の日本の消費税増税に関しては欧米やそのメディアが...
私は安倍昭恵夫人を批判はしない。ただお願いするだけだ
216

私は安倍昭恵夫人を批判はしない。ただお願いするだけだ

 テレビで安倍首相夫人の昭恵さんがインタビューに応じていた。韓国との交流活動に熱心な安倍夫人に愛国・右翼から批判の書き込みが寄せられるが私は気にしないと。最初に首相夫人になったときは批判をされないように努めたがいまは批判されてもそれが理解されるように努めることにしたと。原発輸出にしても、私は安倍首相の政策に反対すること...
小泉進次郎が脱原発を唱えて自民党を割る日
232

小泉進次郎が脱原発を唱えて自民党を割る日

 私の予想は当たる。  その予想は確信を持ってそう予想して当たる場合がほとんどだが、期待を込めてそう予想して当たる場合がたまにある。もっともこの場合は外れることもある。  前者の例は泉田知事の柏崎刈羽原発再稼動承認などだが、これから書くことは後者の例である。  きょう発売の写真週刊誌フライデーに小泉元首相が秘密講演で脱...
泉田知事が柏崎刈羽原発再稼動を止めたら大したものだ
241

泉田知事が柏崎刈羽原発再稼動を止めたら大したものだ

□■□■【反骨の元外交官が世界と日本の真実をリアルタイム解説】 ■□■ □■  天木直人のメールマガジン2013年9月26日第720号 ■   =============================================================  泉田知事が柏崎刈羽原発再稼動を止めたら大したものだ...
みのもんたのセクハラ問題を忘れてはいけない
31

みのもんたのセクハラ問題を忘れてはいけない

 次男の窃盗容疑で番組出演を自粛したみのもんたが、ふたたびメディアに出てくると言われ始めた。大人になった子供の責任を親が取る必要はない、政府批判を繰り返したみのもんたが権力の犠牲になった、などという意見が流される。しかしそのような議論とは無関係なみのもんた自身のセクハラ疑惑はどうなったのか。セクハラは窃盗などよりもはる...
いまこそ沖縄は日本からの独立を本気で目指す時だ
167

いまこそ沖縄は日本からの独立を本気で目指す時だ

   私は沖縄の住民ではないから沖縄独立を唱える沖縄の人たちに文句を言う権利はない。  しかし、沖縄独立を実現する気が本気であるなら、いまこそ、その時ではないのかと強く訴えたい。  なぜ行動を起こそうとしないのか。立ち上がらないのか。  私がそう強く訴える理由は今の日本の政治の行き詰まりがある。  普天間基地の辺野古移...
保守りべラル派気取りの辻元清美を笑う
26

保守りべラル派気取りの辻元清美を笑う

 きょう9月24日の毎日新聞「一樹百穫」と言うコラムで松田喬和専門編集委員が昔をしのんで嘆いていた。自民党には保守からリベラルまで幅広い主義・主張を持った政治家がいた。そのことが政権交代のような役割を果たしていたと。あまりにも強くなった安倍首相の前に、野党はおろか、自民党内部でさえ異論が出てこなくなったいまの政治は記事...
水産物禁輸撤回を韓国に求めた民主党の救い難さ
201

水産物禁輸撤回を韓国に求めた民主党の救い難さ

  わが目を疑うニュースに接した。民主党の大畠幹事長と高木義明代表代行らが23日、ソウルを訪れて韓国国会議長や韓国与党代表に対し水産物禁輸措置の撤回を求めたというのだ。  安倍政権に対して汚染水垂れ流しの責任を追及しなければならない野党第一党の民主党が、安倍政権の片棒を担ぐような真似をしてどうする。  私はつくづく思う...
菅官房長官の「違和感」連発を書いた東京新聞に「違和感」を感じる
216

菅官房長官の「違和感」連発を書いた東京新聞に「違和感」を感じる

 私は9圧14日のブログで書いた。これほど記者会見で「不快感」を連発する官房長官がかつていただろうかと。これは無能さの表れだ、役立たずだ、と。    そんな私のブログに触発されて書いたのかどうか分からないが、全く同じ事をきょう9月23日の東京新聞が書いている。  すなわち「違和感」を連発する官房長官について次のように書...
Return Top