天木直人の公式ブログ

税金でお遍路めぐりを満願した菅直人元首相

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ
 こんなことがどうしてニュースになるのか。こんなこと記事にする朝日新聞とはどういう新聞なのか。そう思わせる記事を今日9月30日の朝日新聞に見つけた。 すなわち四国霊場八十八か所の遍路を続けてきた菅直人首相が9月29日、最後の88番札所大窪寺(香川県さぬき市)に到着したという。ご丁寧に次のような菅直人元首相の言葉を引用している。「ゆったりとした時間の流れや、人とのつながりにふれた遍路だった。最後の札所の門をくぐる際には、達成感と、終わってしまう寂しさを感じた」と。
 いまの安倍自民党政権の再登場を許したのは国民を裏切った民主党政権だ。許したばかりか独裁的な数を与えたのは再生できずに国民を裏切り続けた民主党の体たらくだ。その民主党のA級戦犯の中で誰が最もひどいかは解答不能の究極の選択だ。しかし間違いなく菅直人元首相はその一人である。そんな人物がお遍路を満願したことがなぜニュースになるのか。知らなければ済んだものを朝日が書いたばっかりに知ってしまった。知ってしまったために悪態をつかざるを得ない羽目になった。国民の期待に応える政治家を果たすことなく、それを放棄してお遍路めぐりを続けた菅直人は税金でお遍路めぐりを満願したということだ。普通の善男善女には決してまねのできない贅沢をしている。「終わってしまう寂しさを感じた」とは、まさかもう一度政権を狙うことではないだろうな。それだけは勘弁して欲しい。お遍路の満願と同時に成仏してほしい(了)
 
184
Return Top