天木直人の公式ブログ

やなせたかしさんの死が教えてくれたもの

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ
 やなせたかしさんの死をメディアがいっせいに取りあげている。
 なぜここまで大きく取り上げられるのか。
 それは彼が終生訴え続けたテーマが「反戦と命の尊さ」であり、「正義の大切さ」であるから
だ。
 安倍政権がまさしくそれと反する政策を強行に進めようとしている時、国民の多くがそれに不安を持ち、それでいてその暴走を止められない絶望感を抱いている。
 そんな時であるからこそアンパンマンの死を惜しむからだ。
 しかし彼の逝去を報じる報道で私が感じた事はその事ではない。
 政府が彼に勲章を与える事にしたという報道があった。その勲章は瑞宝なんとか4位という勲章であるという。
 世の中をここまで悪くした政治家や官僚が最高位の勲章をもらい、経団連の会長までもが現役中に旭日大勲章をもらっているというのに、やなせたかしさんが死後に受け取る勲章がそれらよりはるかに低い勲章なのだ。
 ここに日本の政治の貧困を見る。
 やなせたかしさんの死が教えてくれたこと。それは日本の政治はどんなにすぐれた人であっても一般国民を下に置く政治であるということである・・・
 この続きはきょうの「天木直人のメールマガジン」で書いています。
 その他にも次のテーマで書いています。
 1. アサド政権批判に舵を切った佐藤優とその意味するもの
 2. 「意思の力」を具体化せよと安倍首相に迫る読売の社説を笑う
 3. 憲法9条にとどめを刺すことになる国民投票法改正案の成立
  申し込みはこちらから ⇒ http://foomii.com/00001
 購読申込と同時に当月配信のメルマガ全てがさかのぼって購読できます。
330
Return Top