天木直人の公式ブログ

日本国民と世界を欺く見せかけの核不使用共同声明参加

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ
 ただでさえつまらない国会だが、今度の国会ほどつまらないものはない。
 野党があまりにも弱体化してしまったからだ。
 安倍自民党政権が答えにならない答えを繰り返して国民をバカにしているからだ。
 しかし、そんなつまらない国会質疑でもひとつだけ面白い瞬間がある。
 それは安倍首相の放射能汚染水のコントロール発言をめぐる質疑の時だ。
 たちどころに安倍首相の顔色が変わり狼狽する。
 安倍内閣の閣僚たちの答弁が支離滅裂になる。
 野党はバカの一つ覚えでいいいから、「あれはウソ発言だろう」と安倍首相を責めるだけでいい。
 安倍内閣の閣僚たちに、「どうなんだ、ウソだと思わないか」と聞くだけでいい。
 安倍首相や閣僚たちの答えにならない答えを聞いているだけでおもしろい。
 なぜならばあれは誰が見てもウソだからだ。
 しかし安倍首相もその閣僚たちもウソと知りながら本当だと言ってウソの上塗りをするしかない。
 なぜならばウソと言ったとたん安倍政権は終るからだ。
 それでも野党は同じ質問を毎日繰り返していればいい。
 そしてそれは意味のある質問なのだ。
 なぜならば毎日のようにあらたな汚染水漏れが出てくるからだ。
 質問には事欠かない。
 国民は本当の事を知る権利がある。
 どうなんだ。本当にコントロールされているのかと。
 繰り返して言う。
 野党は汚染水はコントロールされているのか、いまでも本気でそう思っているのか、と、それだけを安倍首相に問いただすだけでいい。
 汚染水が完全にコントロールされるようになるその時まで、野党はそれだけを質問し続けるだけでいいのである。
 どんなに野党が弱体化してもこの質問ひとつで安倍政権を倒すことができるかもしれない(了)
234

日本国民と世界を欺く見せかけの核不使用共同声明参加

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ
 今度の核不使用に関する共同声明参加をめぐる日本外交の迷走ほど卑劣で低次元のものはない。
 卑劣という意味はそれが日本国民と世界を欺くものであるからだ。
 低次元という意味は、安全保障政策という重要な基本政策を、修文交渉という言葉遊びでごまかそうとした姑息さだ。
 考えてもみるがいい。
 日本は米国の核の傘に守られることが日本の安全保障政策の根本だと政府も外務省も繰り返してきた。
 だから、あらゆる状況においても核不使用を求める共同声明には賛成できないと言って反対してきた。
 そしてそれは共同声明に参加表明した今も菅官房長官は変わらないと言っている。
 だから今度共同声明に賛成したということは、共同声明の文章で米国の核の傘、つまり米国の核使用は認める、という修正がなされていなければならないはずだ。
 しかし発表され、日本が賛同した共同声明の最終案は、「いかなる状況においても核兵器は二度と使用されない」となっている。
 この矛盾はなんだ。
 共同声明には法的拘束力はないから米国の核の傘には影響はないという。
 それだったらはじめから賛成しておけばいいだけの話だ。
 共同声明の修文などという交渉などどうでもいい交渉なのだ。
 真相はそれだけであるのに、あたかも日本があらゆる核不使用に賛成する大英断の政策転換をはかったかのように内外に宣伝する。
 それは国民と世界をだますことだ。
 見せかけの日本外交の繰り返しが日本の国際的地位をここまで低下させてしまったという動かぬ証拠である(了)
234

Fatal error: Cannot redeclare dp_facebook_comment_box() (previously declared in /home/kenpo9/xn--gmq27weklgmp.com/public_html/wp-content/themes/dp-magjam/comments.php:225) in /home/kenpo9/xn--gmq27weklgmp.com/public_html/wp-content/themes/dp-magjam/comments.php on line 225