天木直人の公式ブログ

2013/12

Month

お知らせ

稲田朋美行革相の新年外遊に安倍政権の緩みきった外交姿勢を見る思いだ
175

稲田朋美行革相の新年外遊に安倍政権の緩みきった外交姿勢を見る思いだ

 稲田朋美行政改革相が1月早々に訪米するという記事がきょう大晦日の新聞に小さく掲載されていた。  ワシントンのシンクタンクで安倍政権の規制改革の取り組みについて講演するという。  クールジャパン担当相としてニューヨークのNPO法人で日本の戦略を説明するという。  再チャレンジ担当相としてシリコンバレーで若手企業家やIT...
来年は安倍首相一人が悪者にされて終わる年になりそうな予感がする
184

来年は安倍首相一人が悪者にされて終わる年になりそうな予感がする

   安倍批判論者は喜べ。安倍支持者は覚悟しろ。  どうやら来年は安倍首相一人が悪者にされて終わる年になりそうだ。  その後も安倍首相の靖国参拝に対する国際批判が止まない。  シンガポールが批判声明を出し、あの北朝鮮までもが軍国主義の再来だと批判した。  北朝鮮にまで批判されるようではおしまいだ。  いよいよ来年は米国...
安倍首相が生き延びるサプライズはこれだ
182

安倍首相が生き延びるサプライズはこれだ

 安倍首相はやはり靖国参拝でドジを踏んだと思う。  中国や韓国の反発は折込ずみだったろう。  米国を失望させても日米同盟があるから大丈夫だと思っているかもしれない。  しかし、ここまで国際批判が広がるとは思わなかっただろう。  国連事務局長が批判し、インドネシアの主要紙が批判し、そしてあのユダヤのサイモン・ウィーゼンタ...
 安倍政権と米国を仲介する朝日新聞
183

 安倍政権と米国を仲介する朝日新聞

 発売中の週刊文春1月2日・9日新年特大号に安倍政権の将来を占う極めて重要な調査報道がなされていた。   その記事は安倍首相に三顧の礼をもって初代NSC事務局長に迎えられた谷内正太郎元外務事務次官が、元KCIAのエージェントをはじめとした不明朗な人脈と通じているこことを追及するものである。  そこに書かれている数々の人...
 免れない菅官房長官、外務省、公明党の責任
196

 免れない菅官房長官、外務省、公明党の責任

 バカだとは思っていたがここまでバカだとは思わなかった。  野党不在で長期政権はまちがいないと思われていた安倍首相が靖国参拝で自爆した。  見ているがいい。どんなに取りつくろってみてもこれが致命傷となって来年には安倍政権は終る。   しかしここで私が言いたいのはそのことではない。  菅官房長官、外務省、公明党の責任につ...
沖縄を批判せざるを得なくなるような事にならない事を願うばかりだ
193

沖縄を批判せざるを得なくなるような事にならない事を願うばかりだ

   きょう仲井真沖縄県知事と安倍首相が会談するらしい。  その前にどうしても書いておきたい。  この会談で仲井真知事が辺野古建設許可を宣言するかどうかはわからない。  おそらくそうはならない。  しかし遅くとも27日には仲井真知事は許可の決断を下すだろう。  そのためのセレモニーに違いない。  そしてその決断が今年最...
安倍政権を倒す最強の切り札はこれだ
184

安倍政権を倒す最強の切り札はこれだ

 安倍首相の今年の暴政の仕事収めはてっきり辺野古埋め立て許可を仲井真知事に飲ませることだと思っていたら、もっととんでもないことをしでかしてくれた。  弾丸一万発を南スーダンの戦地に輸出するという憲法違反をおかしたことだ。  安倍首相を支える右翼的な国民は、それで何が悪い、と言うだろうが、これは戦後の歴代の自民党政権でさ...
 王将社長射殺事件の不可解さ
200

 王将社長射殺事件の不可解さ

   王将社長が射殺された事件は果たしてどの様な展開になるのか。  私はそれに注目している。  報道によればこれはプロの仕業であるに違いないという。  誰が考えてもそうだろう。  もしそうであれば警察は首謀者についてのめどを立てているはずだ。  もし警察が本当に何も分からないというのであれば、それこそこの国は危ない。 ...
 江田新党の最初の試練は橋下を一本釣りできるかどうかだ
195

 江田新党の最初の試練は橋下を一本釣りできるかどうかだ

 江田新党の評判がすこぶる悪い。上手くいくはずがないというものばかりだ。  確かにこのままでは不透明なことばかりだ。  そして報道される客観情勢はたしかに上手く行きそうもない物ばかりだ。  しかしそれでも私は江田新党に期待する。  江田新党批判を裏返せば、成り行き次第ではそれが大きな政界再編につながる期待と恐れの裏返し...
 東京都知事選はこれできまりだ
200

 東京都知事選はこれできまりだ

   予想したとおりだ。 安倍自民党の思惑通りに事が進んでいる。  猪瀬が辞任を口にしたとたん、メディアが報じるのはその後任者である東京都知事に誰がなるか、ばかりだ。  猪瀬の5000万円のことなどもはやどうでもいいのだ。  いま安倍自民党はこう考えているに違いない。  まず自民党公認候補は立てない。 どんなに有力な候...
Return Top