天木直人の公式ブログ

「福島原発事故で日本は終わっていた」という意識の欠如

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ
 いまこそあの福島原発事故の当時の状況を我々国民は思い起こすべきではないか。
 あらゆる検証が我々に教えてくれた事は、一歩間違えば福島事故は大惨事になっていたという背筋が凍りつくような現実ではなかったか。
 その時は、東京はおろか、日本の半分以上は人類の住めない場所になっていた。
 日本という国が消滅していたのである。
 紙一重でそれが防げたのは誰の功績でもなく科学で説明できるものでもない。
 幸運というほかはなかったのだ。
 その事をいまこそ我々はもう一度思い出すべきだ。
 その意識があれば、小泉元首相の唱える、原発なしでも経済成長が可能だと考える者と原発なしでは経済発展はできないという者との戦いどころの話ではない。
 そのような議論が今できるほど、日本は幸運だったことに感謝しなければいけないということだ。
 活かされているチャンスを今度こそ手放してはいけない。
 そういう意識があれば、原発の是非が政治の争点になる事自体が信じられないということだ。
 福島の事故を見て脱原発に切り替えたドイツにとどまらず、世界の多くの国が日本を見てそう思っているのだ。
 原発を再稼働するなどということ自体が、神をも恐れない傲岸不遜なことに違いない(了)
280
Return Top