天木直人の公式ブログ

読売が風を吹かせ、NHKが宣言した今度の安倍解散・総選挙劇

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ
 これから解散・総選挙の12月14日までは、政局がらみの報道一色になる。
 しかし、その騒ぎに目を奪われて重要な記事を見落としてはいけない。
 きょう11月15日の東京新聞が報じた在日米軍によるNHK受信料支払い拒否もその一つだ。
 日米地位協定を盾にして年間推計10億円ほどの受信料の支払い拒否を1978年以来続けているという。
 在日米軍による支払拒否は今に始まった事ではない。
 沖縄返還時には、返還する基地の原状回復経費を日本側が密約をして肩代わりした。
 最近では、在日米軍が引き起こした騒音被害の訴訟で、日本の司法が在日米軍に支払いを命じた賠償金を、米国が拒否して日本が肩代わりしている事が明らかになった。
 だからNHKの受信料支払い拒否など可愛いものだ。
 そう考える国民は馬鹿だ。
、NHKの受信料拒否は国民にとって見逃せない事なのだ。
 安倍政権に乗っ取られて、安倍政権に都合のいい報道ばかりを繰り返すようになった今のNHKに受信料など払えるか、という国民は増えている。
 それなのに、NHKは反省することなく、容赦なく受信料を取りたてる。
 不払いの場合は訴訟に訴えると脅かす。
 NHKは日米同盟を重視して、在日米軍に都合のいいことばかりを流す。
 二重の意味で反国民的だ。
 NHK受信料拒否を続ける在日米軍と、それに対して何の手も打てないNHKと安倍政権。
 それを許すメディアと国民。
 まともな国民であれば、解散・総選挙どころの話ではないと怒らなければいけない(了)
238

読売が風を吹かせ、NHKが宣言した今度の安倍解散・総選挙劇

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ
 きのう11月14日の夕のNHKのニュースを偶然聞いた私は驚いた。
 なんと、安倍首相が解散・総選挙を決めた、と報じたのだ。
 ここまで確定的に書いたのはおそらくこのNHKのニュースが最初に違いない。
 その後を追うように、今朝の主要紙が12月14日総選挙へ、と一面トップで書いている。
 振り返れば、11月9日の読売新聞が解散風を吹かせ、11月14日夕のNHKが解散宣言をした。
 安倍首相の御用メディアの双璧が、見事にお膳立てしたというわけだ。
 その間、解散・総選挙の主役である安倍首相は外遊中である。
 こんな解散劇は日本の政治史の中でも空前絶後だろう。
 もし、メディアが総理の専権事項を好き勝手に書いて、それで解散・総選挙が決まったとしたら、これほど不甲斐ない首相はない。
 もし、メディアを使って情報操作を繰り返し、批判をそらせてなし崩し的に解散・総選挙を既成事実化しようとしたなら、これほど姑息な首相はない。
 いずれにしても、安倍首相は首相失格だ。
 こんな解散・総選挙で勝って、首相に居座り続けることが出来たとしても、安倍首相を待ち受けている物は、さらなる政策の行きづまりしかない。
 その時こそ、安倍首相は病気に逃げ込んで政権を投げ出さなくてはならなくなる時だ。
 しかし、今度こそ国民はそれを許さないだろう。
 最後まで責任を取ってもらおう、ということになる。
 はたして安倍首相は帰国後の記者会見で、どのような顔をして解散・総選挙を宣言するのだろうか。
 メディアはそれをどのように書くのだろうか。
 これほど面白い解散・総選挙サル芝居はない。
 主役は、誰が政権をとってもいいから早く日本を良くしろ、と怒鳴ってそれを眺める我々国民である(了)
238

Fatal error: Cannot redeclare dp_facebook_comment_box() (previously declared in /home/kenpo9/xn--gmq27weklgmp.com/public_html/wp-content/themes/dp-magjam/comments.php:225) in /home/kenpo9/xn--gmq27weklgmp.com/public_html/wp-content/themes/dp-magjam/comments.php on line 225