天木直人の公式ブログ

2015/7

Month

お知らせ

参考人招致の実現によってなくなった磯崎補佐官の更迭
41

参考人招致の実現によってなくなった磯崎補佐官の更迭

 安倍暴政の前になす術のない無力な野党を証明したような磯崎補佐官の参院安保法制特別委への参考人招致実現である。  磯崎補佐官が8月3日の参院安保法制特別委に参考人招致されることが合意された。  これは、安倍首相が、ついに野党の攻勢に負けて譲歩したと受け止められがちだ。  しかし、事実はまったく異なる。  安倍自民党の魂...
「主権を放棄した砂川判決は無効だ」と断言した小林節教授
160

「主権を放棄した砂川判決は無効だ」と断言した小林節教授

 厚木騒音訴訟で東京高裁が一審判決と同様に、自衛隊機の夜間飛行差し止め判決を下した事は確かに注目すべきだ。 しかし防衛省は上告するだろう。 そして最高裁は一審、二審の判決を覆す。 それよりも、なによりも、この東京高裁の判決そのものが、米軍機の差し止め請求を一審同様、司法の権限が及ばないとして、却下している。 米国に対す...
あらためて思い知る憲法9条の精神の崇高さ
211

あらためて思い知る憲法9条の精神の崇高さ

 もうすぐまた8月がやってくる。  今年は終戦70周年であり、歴史認識をめぐるさまざまな特集記事が組まれることだろう。  その一つが原爆投下に関するものだ。  その先駆けとして、きょう7月30日の毎日新聞と朝日新聞が書いた。  毎日新聞のそれは「被爆者治療セズ」と言う題名の連載記事の第一回である。  「被爆70年の今年...
一日で露呈した参院における安保法案審議の不毛さ
41

一日で露呈した参院における安保法案審議の不毛さ

 私は参院における安保法案審議など、はじめから不毛だと思っていたが、案の定、わずか一日でそれがはっきりした。  自民・公明の八百長質問ばかりだ。  野党の質問の迫力のなさと、安倍首相の意味不明の答弁の繰り返しだ。  衆院でさえそうであったのに、どうして参院でそれを超えられるというのか。  その上に磯崎補佐官の暴言が飛び...
慰安婦問題見直し提言の提出に立ち会った稲田朋美

慰安婦問題見直し提言の提出に立ち会った稲田朋美

 きょう7月29日の各紙が報じた。  自民党の「日本の名誉と信頼を回復するための特命委員会(委員長・中曽根弘文元外相)が28日、安倍首相に対し、慰安婦問題に関する事実誤認に反論するよう提言を提出したという。  これにはさすがに驚いた。  慰安婦問題見直しは、安倍政権の数ある歴史認識の誤りの中でも、もっとも激しい反発を招...
TPP妥結の為にマレーシアの人権問題に目をつむったオバマ
173

TPP妥結の為にマレーシアの人権問題に目をつむったオバマ

 どうやらオバマはTPP妥結のためになりふり構わなくなってきたようだ。 TPPをつくったという実績を残したいオバマハ、ここで妥結できなければ任期中の妥結は難しくなることを知っているからだ。 日本との二国間交渉に圧力をかけ、いやなら出て行けとカナダを脅かす。 その一方でアメも与える。 国務省は4月27日、世界各国の人身売...
納税者はひとしく原発補償の詳細を知る権利がある
32

納税者はひとしく原発補償の詳細を知る権利がある

 先日、福島から黒磯に避難してきたという人の話を耳にする機会があった。 避難を余儀なくされた福島の住民はさぞかし大変でしょうねとたずねる人にこたえてその人は、自分のことではないがと前置きをしたうえで次のように話していた。 ひとにとっては一軒の家が建つほどの補償をもらっている人もいる。その土地にこだわらなければ金で黙らせ...
テロに核兵器が渡ったら使われると書いた田原総一朗
152

テロに核兵器が渡ったら使われると書いた田原総一朗

 私が偶然目にした朝まで生テレビは広島から中継されたが、その背景には、やはり田原総一朗の原爆投下に対する思い入れがあったのだ。 きょう発売の週刊朝日の自らの連載コラム「ギロン堂」で書いている。 そして、そのコラムの中で、彼は、かつてキッシンジャーにインタビューした時、原爆投下の責任を厳しく追及したら、キッシンジャーは苦...
翁長知事は国連演説にすべてを賭けるくらいの覚悟で臨め
38

翁長知事は国連演説にすべてを賭けるくらいの覚悟で臨め

 翁長知事がきのう7月26日、ジュネーブで開かれる国連人権理事会(9月―10月)で演説することを明らかにしたという。  これまでにも報道されていたことだが、みずから口にしたのはこれが初めてだ。  これは辺野古移転阻止の為にとても重要な演説になる。  ぜひ実現して、辺野古移転強行の非人道性、非民主性、そして生物、環境への...
いまよみがえる30年前の日航機墜落事故の真相
159

いまよみがえる30年前の日航機墜落事故の真相

   きょう7月27日の東京新聞が30年前の日航機墜落事故(いわゆる御巣鷹山事故)に関して注目すべきスクープ記事を掲載していた。  その記事はニューヨーク発共同が配信した記事の転載だが、その要旨はこうだ。  すなわち、事故調査に携わった米運輸安全委員会(NTSB)の元幹部が7月25日までに証言したという。  ...
Return Top