天木直人の公式ブログ

いまよみがえる30年前の日航機墜落事故の真相

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ

 翁長知事がきのう7月26日、ジュネーブで開かれる国連人権理事会(9月―10月)で演説することを明らかにしたという。


 これまでにも報道されていたことだが、みずから口にしたのはこれが初めてだ。


 これは辺野古移転阻止の為にとても重要な演説になる。


 ぜひ実現して、辺野古移転強行の非人道性、非民主性、そして生物、環境への破壊性について、世界に訴えてもらいたい。


 その時の最大のポイントは、単に日本政府を批判することにとどまらず、日本政府にそれを求める米国を批判するところである。


 もはや安倍政権をいくら批判しても無意味だ。


 安倍首相が聞く耳を持たないからではない。


 もはや安倍政権は終わることが見えてきたからだ。


 その頃には政局はどうなっているかわからない。


 しかし。その後のどのような政権が出来ようとも、日米同盟重視を掲げる以上、辺野古移転は止められない。


 米国がそれを求めているからだ。


 だから米国に辺野古移設は無理だということをわからせることが重要なのだ。


 国際世論を動かして米国に断念させるのだ。


 そのきっかけをつくるのが国連人権理事会での演説だ。


 そこで皆の心を揺さぶる事が出来れば、国連総会での演説も可能になる。


 翁長知事は国連総会で堂々と辺野古移設反対の演説を行う事を目指すべきだ。


 そのためには米国をいたずらに批判するだけではなく、日本に駐留軍をおいて日本を当然のように属国扱いしている米国の誤りを世界に訴え、その象徴が辺野古移設であることを世界に知らしめるのだ。


 米国が恥じ入って辺野古移設を断念せざるを得なくなる。


 そういう方向に米国を追いつめていくべきなのだ。


 果たして翁長知事にそこまでの演説をする覚悟があるだろうか。


 翁長知事のまわりに、そこまでの名演説をつくれるブレーンがいるだろうか。


 国連人権委員会での演説の成否によって、翁長知事もまたその器量が問われる事になる(了)


コメント1件399

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

No commented yet.

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

いまよみがえる30年前の日航機墜落事故の真相

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ

 


 きょう7月27日の東京新聞が30年前の日航機墜落事故(いわゆる御巣鷹山事故)に関して注目すべきスクープ記事を掲載していた。


 その記事はニューヨーク発共同が配信した記事の転載だが、その要旨はこうだ。


 すなわち、事故調査に携わった米運輸安全委員会(NTSB)の元幹部が7月25日までに証言したという。


 あの事故はボーイング社による修理ミスが原因であったことを米政府が意図的に米有力紙(ニューヨーク・タイムズ紙)に漏らしていたのだと。


 この東京新聞(共同)の記事によれば、その理由は事故原因がボーイング同型機全般の構造上の問題に起因するのではなく、事故機だけの固有の問題であることを早期に明らかにすることによって、同型機の安全性をアピールする狙いがあったとされている。


 もしそうだとすれば大問題だ。


 ボーイング社が受ける打撃を最小限に抑えるために、墜落した飛行機の原因を修理ミスに押しつけてごまかしたということになる。


 しかし、私がこの記事で解せないのは、修理ミスを見つけた米調査団がそれを日本側に伝えたにもかかわらず、日本側がそれを公表しようとしなかったため、郷を煮やしてユーヨーク・タイムズ紙に漏らしたとされていることだ。


 国際的な取り決めで、航空事故の調査は発生国が主体となり、その他の国は調査に関わる情報を勝手に発表できない。だからメディアにリークして既成事実化したというわけだ。


 疑問が募るのは、なぜ日本の運輸省航空事故調査委員会が9月に入っても公表をためらっていたかだ(事故は8月12日に起きている)。


 そして郷を煮やした米調査団がニューヨーク・タイムズ紙に情報をリークしたのは、米国政府や米国議会の指示だったとその幹部が語っているとされているところだ。


 果たして米国政府や議会は、そこまでしてボーイング社を庇い、墜落した事故機の修理ミスにすべての原因を押し付けたかったのか。


 そこで思い出されるのが、あの事故は当時日本の上空で行われていた日米合同演習の過程で起きた空自もしくは米軍機の射撃ミスによって事故機の尾翼が吹き飛ばされた為に起きた事故だったのではないかという疑惑だ。


 この疑惑が真実であれば日米同盟が吹っ飛ぶ。


 だから何があっても日米両政府は認めるわけにはいかない。


 そのような疑惑を抱く事自体が、不謹慎な陰謀論ということになる。


 しかし、世の中にはどうでもいい陰謀論と、問題の確信に迫る陰謀論がある。


 はたして御巣鷹山事件の真相が明らかになる日が来るのだろうか。


 そこまで大きな問題に発展する可能性のあるニューヨーク発共同の「修理ミスは意図的に流された」というスクープ記事である(了)


コメント1件399

Fatal error: Cannot redeclare dp_facebook_comment_box() (previously declared in /home/kenpo9/xn--gmq27weklgmp.com/public_html/wp-content/themes/dp-magjam/comments.php:225) in /home/kenpo9/xn--gmq27weklgmp.com/public_html/wp-content/themes/dp-magjam/comments.php on line 225