天木直人の公式ブログ

2015/10( 2 )

Month

お知らせ

中国も米国も、やれるものならやってみろ
266

中国も米国も、やれるものならやってみろ

 米国が中国領海内に軍艦を通過させた。 これに対して中国が反発した。 この事を日本のメディアは大騒ぎして報じている。 しかしどこか醒めている。 米中が軍事的に衝突すれば大変な事になるからだ。 そんなことが起こるはずはない、起こってほしくないと思っているからだ。 果たして米中の軍事衝突は起きるのか。 それはもちろん誰にも...
チャップリンが映画「独裁者」で伝えたかったこと
46

チャップリンが映画「独裁者」で伝えたかったこと

 きょう10月27日の朝日新聞の天声人語で知った。 チャップリンがファシズムに立ち向かった映画「独裁者」をつくったとき、製作中から脅しの手紙が舞い込んだと。 それにもかかわらず完成にこぎつけ、その映画がニューヨークで上映されると連日大入りになったと。 そして私は、この天声人語で知った。 その映画の、つぎの結びの言葉こそ...
安倍一強がどんどん加速している今の政局
436

安倍一強がどんどん加速している今の政局

 安倍政権が、その間違った政策でどんどん行き詰っているにもかかわらず、打倒安倍の政治勢力がどんどん弱くなって、安倍暴政をつけあがらせている。 宮城県の議会選挙で自民党が苦戦した事は歓迎すべきだ。 しかし民主党も社民党も負けている。 共産党の一人勝ちというのが本当のところだ。 これで国民連合政府にはずみがつくと共産党が気...
共産党の国民連合政権構想をぶちこわした民主党
41

共産党の国民連合政権構想をぶちこわした民主党

 きょう10月26日の毎日新聞が書いた。 民主党が維新の党と統一会派の結成を検討していることがわかったと。 維新の会の混乱収拾を待って年内の結成を目指すと。 この報道が正しければ、これで共産党が清水の舞台から飛び降りる気持ちで提案した打倒安倍の国民連合政権構想は、あっけなく終わったということだ。 岡田民主党と松野維新の...
共同声明ひとつ出せずに終わった日中フォーラム
295

共同声明ひとつ出せずに終わった日中フォーラム

 きょう10月26日の各紙が小さく報じている。 北京で行われていた「日中フォーラム」が、共同声明の発表を見送って閉会したと。 これは極めて重要なニュースだ。 日中関係は何も改善していない現状を教えてくれる象徴的な出来事だ。 このフォーラムが日本側の肝いりで行われた事はあきらかだ。 そのメンバーを見ても、宮本雄二元中国大...
TPPが漂流するのはこれからである
280

TPPが漂流するのはこれからである

 「漂流」すると思われたTPPがギリギリで大筋合意した。 TPPに賛成する者たちは、きまってこう歓迎する。 しかし、TPP反対論者は悲観する事はない。 TPPが漂流するのはこれからであるからだ。 安倍政権がTPP臨時国会から逃げ回っている。 そう思ったら、なんと来年の通常国会でも議論しないという。 よほどTPP秘密交渉...
習近平と安倍の外交力の違いを見せつけられた旅
356

習近平と安倍の外交力の違いを見せつけられた旅

 政敵を倒し、権力を集中した習近平主席と安倍首相は、いまや、やろうとすることは何でも出来るという点では似ている。 しかしやろうとしている事の違いはあまりにも大きい。 その違いは何か。 国威発揚という公の仕事に専念する姿と、東京五輪まで首相を続けたいという私的欲望にとらわれた姿の違いだ。 その違いが、いま行われている二人...
誰も書かない、言わない巨人野球賭博の本当の深刻さ
50

誰も書かない、言わない巨人野球賭博の本当の深刻さ

 巨人の選手の野球賭博が拡がりを見せて来た。 この本当の深刻さを、いつ、誰が、言い出すだろうか。 いまや賭博は麻薬と同じように、国際的にも国内的にも、弁解できないほど反社会的なものと定着しつつある。 その賭博が国民的スポーツである野球の選手で起きた。 おまけに野球は東京五輪の公認種目になるという矢先だ。 この衝撃は大き...
臨時国会召集にうつつを抜かしている場合ではない野党
262

臨時国会召集にうつつを抜かしている場合ではない野党

 きょうから安倍首相が中央アジアに外遊する。 いつから首相の外遊が国会より重要になったというのか。 安倍首相の外遊日程が立て込んでいるから臨時国会を開けないなどと谷垣幹事長が公然と言い出すほど野党はなめられてるのだ。 「それほど国会を開くことが怖いのか」 そう岡田民主党代表は勇ましい。 しかし、野党は今のままでは臨時国...
福島原発事故作業員が白血病労災認定を受けた衝撃
320

福島原発事故作業員が白血病労災認定を受けた衝撃

 厚生労働省はきのう10月20日、福島原発事故後の作業に従事していた元作業員が白血病を発症した事について、これを労災と認定した。 このニュースは日本国民を震撼させたに違いない。 ついに福島原発事故による被ばく犠牲者が出たのだ。 厚労省は「被ばくと白血病の因果関係は明らかではないが、労働者補償の観点から認定した」と言って...
Return Top