天木直人の公式ブログ

2015/12

Month

お知らせ

安倍首相の命取りになるかもしれない日韓合意
291

安倍首相の命取りになるかもしれない日韓合意

   安倍首相はさぞかし動揺しているに違いない。  達成感と満足感を抱いて年末年始を迎えるはずが、懸念と不安を抱いて年を越さなければならなくなったからだ。  米国主導でつくりあげられた電撃的な日韓合意は、今年の安倍外交の掉尾を飾るにふさわしいはずだった。  ところがここまで強い反発を招くとは思わなかったに違いない。  ...
慰安婦問題を決着した安倍首相の正しい評価はこれで決まりだ
89

慰安婦問題を決着した安倍首相の正しい評価はこれで決まりだ

 慰安婦問題を決着した安倍首相の正しい評価はこれで決まりだ。  そう思わせる記事を、きょう12月30日の東京新聞「本音のコラム」に見つけた。  文芸評論家の斎藤美奈子さんが書いている。  「軍の関与」を認めて、「おわびと反省」を表明した今回の合意は安倍政権にとっては大きな方針転換だった、と。それを批判する人がいるが、考...
わずか一日で破たんした慰安婦問題の「不可逆的決着」
255

わずか一日で破たんした慰安婦問題の「不可逆的決着」

 韓国の元慰安婦たちが猛烈に反発したらしい。  そのことについては、私は驚かない。  私が驚いたのは、その激しさについてだ。  合意を拒否するだけでなく、少女像撤去は認めない、それどころか作り続ける、次は東京の真ん中に必ずつくる(12月30日産経)、とまで語ったらしい。  韓国政府が事前に元慰安婦やその支援団体と十分に...
異例づくめの歴史的合意
89

異例づくめの歴史的合意

 日韓間の長年の懸案であった慰安婦問題が「不可逆的に」解決した歴史的外相会談であったというのに、あまりにも異例づくめだ。  合意の内容に関する正式な文書がつくられなかった。  お互いがその立場を述べ会う一方的な共同記者会見でという形で合意内容が発表された。  会談後の共同記者会見においては一切の質問が受けつけられなかっ...
あいまいなままに終わった少女像撤去

あいまいなままに終わった少女像撤去

 11月2日の日韓首脳会談で、全体会合の前に少人数会談を行い、そこで安倍首相みずから少女像撤去が日韓合意の大前提だと朴槿恵大統領に伝えたとスクープしたのは朝日新聞だった。  それが事実であれば今回の合意は安倍首相の大譲歩となる。  なぜならば韓国側は今度の合意でその事を確約していないばかりでなく、日本の対応を見て判断す...
軍の関与を認めてお詫びした安倍首相の衝撃

軍の関与を認めてお詫びした安倍首相の衝撃

 日韓外相の共同記者会見における岸田外相の発言を知って驚いた。  次のように明確に語ったという。  「慰安婦問題は、当時の軍の関与の下に、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題で、かかる観点から日本政府は責任を痛感している。安倍首相は日本国の首相として、改めて慰安婦としてあまたの苦痛を経験され、心身にわたり癒しがたい...
「安倍首相はよくやった」と褒め殺せばいいだけの話だ
250

「安倍首相はよくやった」と褒め殺せばいいだけの話だ

 繰り返して書くように、今度の慰安婦問題の突然の「妥結」の背景に、米国の強い圧力があったことが分かった時点で、すべてシナリオは決まっていたということだ。  それでも、報道を見る限り、今度の「妥結」は突っ込みどころが満載である。  それについては一つ一つ書いていきたいが、まずその最大のものは、今度の妥結は安倍談話の顛末と...
米国の手のひらの上で踊らされている日韓両国
279

米国の手のひらの上で踊らされている日韓両国

 慰安婦問題の急展開の背景に米国の存在があったことが報道され始めた。  それですべてに合点が行った。  もはや私は今度の合意そのものについて関心はない。  おそらく報道されている内容に沿った合意が見られるのだろう。  NHKはしきりにそれを流している。  岸田外相に訪韓を命じた安倍首相はゴルフを楽しんでいる。  それが...
古舘、岸井らのテレビ降板を報道規制強化だと騒ぐ愚
363

古舘、岸井らのテレビ降板を報道規制強化だと騒ぐ愚

 毎日新聞記者OBの岸井成格がTBSの夜の報道番組NEWS23のキャスターを降りるという噂が流された時、これは安倍政権の批判封じだと騒がれた。  今度は古舘だ。  来年3月に辞めると自ら記者会見したらしい。  これら二つの人事について、日刊ゲンダイ(12月26日号)が書き、東京新聞(12月26日)が取り上げた。  政府...
いまや翁長沖縄県知事だけが安倍暴政に立ち向かう希望の星だ
73

いまや翁長沖縄県知事だけが安倍暴政に立ち向かう希望の星だ

 ついに翁長知事の沖縄が安倍首相の国を相手に訴訟を起こした。  辺野古埋め立て承認を取り消した沖縄を訴えた石井国土交通相を逆提訴したのだ。  きのう12月26日に記者会見で翁長知事が語った言葉が素晴らしい。  歴史や過重な基地負担、政府の強権的手法を考えると、県民の誇りと尊厳を守る意味から止むを得ないものだ。私は今後と...
Return Top