天木直人の公式ブログ

2015/12( 3 )

Month

お知らせ

インドに核実験させない担保を取ったという大嘘
282

インドに核実験させない担保を取ったという大嘘

原発と核兵器が紙一重であることはもはや世界の常識だ。 北朝鮮は原発開発と言って核兵器をつくった。 イランが原発開発は平和目的に限ると繰り返しても誰も本気にしない。 ましてやインドは核保有国だ。 そして核不拡散条約への加盟を拒否し続けている国だ。 だからこそ日本はインドに原発輸出などしなかったのだ。 それを安倍首相はあっ...
当然のように決まり、認められる、思いやり予算の増額
38

当然のように決まり、認められる、思いやり予算の増額

何もかも、予言した通りの展開だ。 思いやり予算について合意したと日本政府はきのう12月16日、発表した。 政府は現状維持だと言うが、事実上の増額だ。 予定通り、すべてが決まった後で発表した。 メディアは何の批判もすることなく、その結果だけを報じる。 決まった後ではどうしようもないだろうと言わんばかりだ。 今後五年間の予...
王毅外相が回顧したこの一年の中国外交に日本の姿はない
224

王毅外相が回顧したこの一年の中国外交に日本の姿はない

毎日新聞の中国ウオッチャーではこの人の右に出る者はいないと思われる金子秀敏客員編集委員が、きょう12月17日の毎日新聞コラム「木語」で書いている。 王毅外相が12月12日、中国の外交シンクタンクである「中国国際問題研究所」のシンポジウムで講演し、今年の中国の外交を「大国外交の全面的推進の年」と題して、総括した、と。 注...
おおさか維新の会といっしょに改憲議論をやると言った細野豪志
63

おおさか維新の会といっしょに改憲議論をやると言った細野豪志

民主党の細野豪志がきのう12月15日の記者会見で語ったという(12月16日産経) 「おおさか維新の会も含め幅広の憲法の議論をやていくべきだ」と。 よくもこのような発言をしたものだ。 よくも民主党はこのような人物に政調会長という政策決定の最高責任者のポストを与えているものだ。 おおさか維新の会の橋下が憲法9条否定論者であ...
井上真央を傷ものにした安倍首相の罪と罰

井上真央を傷ものにした安倍首相の罪と罰

私はかねてから井上真央という女優さんを気の毒に思って来た。 NHKの大河ドラマ「花燃ゆ」の視聴率が低調であることの責任を一手に負わせらてきたからだ。 しかし彼女には何の責任もない。 それどころか彼女はしっかりした女優だ。 そのことは彼女が出演しているほかのドラマや映画が証明している。 すべての責任はあのようなドラマを作...
野党は「消費税10%増税を止めろ」と先手を打つべきだ

野党は「消費税10%増税を止めろ」と先手を打つべきだ

軽減税率をめぐる迷走はあまりにもお粗末だ。 いや、お粗末どころではない。 このままでは安倍首相の致命傷になりかねない。 ついにあの竹中平蔵が言い出した。 きょう12月16日の産経新聞が書いている。 政府の国家戦略特区諮問会議(議長・安倍首相)の民間議員を務める竹中平蔵慶大教授が、15日に開かれた菅官房長官に近い若手議員...
「慰安婦協議は越年」と平気な顔で書くメディアの厚顔無恥
219

「慰安婦協議は越年」と平気な顔で書くメディアの厚顔無恥

きょう12月16日のすべてのメディアが報じている。 東京で行われていた慰安婦問題をめぐる日韓局長級協議が平行線に終わり、結論は来年に持ち越される事になったと。 よくもメディアは平然とこのような記事を流せるものだ。 歴史的な日韓首脳会談が3年ぶりに行われたと囃し立てられたのは、つい一月前だ。 あのときメディアは一斉に報じ...
返還される米軍基地の現状回復費を当然のように負担する日本
418

返還される米軍基地の現状回復費を当然のように負担する日本

きょう12月15日の読売新聞が、前倒しで返還される事で日米が合意した嘉手納以南の米軍施設のうち、普天間飛行場の東側について、返還に向けた工事を17日にも着工する方針を決めたと報じていた。 「目に見える負担軽減」をアピールして、辺野古移設強行の反発を少しでもかわそうとする魂胆が見え見えだ。 しかし、私が言いたいのはその事...
衆参同一選で野党は全滅すると書いた週刊現代の衝撃
894

衆参同一選で野党は全滅すると書いた週刊現代の衝撃

きょう12月14日は新聞休刊日だが、その日を待っていたとばかりに、週刊現代(12月26日号)が衝撃的な特集記事を掲げた。 それは、来年夏に行われるであろう衆参同日選挙で、安倍自民党が超圧勝するという記事だ。 圧勝ではない。 超圧勝である。 その結果、今の野党は全滅してこの国の政治から消えて行くというのだ。 その結果、安...
日本の姿がまったく見えないまま終わったCOP21
257

日本の姿がまったく見えないまま終わったCOP21

きょう12月13日の各紙がCOP21会議の合意成立を報じている。 一言で言えば先進国と開発途上国の妥協がはかられたという事だ。 温室効果ガス削減の責任を先進国だけでなく開発途上国にも共有させる見返りに、開発途上国に対する援助を増やすというわけだ。 しかし、いずれも明確な数値義務はない。 どちらかといえば先進国側が押し切...
Return Top