天木直人の公式ブログ

日韓合意は米国が日本に圧力をかけて実現させた動かぬ証拠

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ

 安倍首相が日韓合意したことで、右翼が裏切られたと怒っているらしい。

 その事を大手新聞が正面から取り上げたのは東京新聞が初めてだ。

 すなわち1月9日のこちら特報部でその実態を詳しく書いている。

 多くの右翼が安倍首相の裏切りに怒っていると。

 しかし、私がこの東京新聞「こちら特報部」で注目したのは彼らの事ではない。

 安倍政権に近い右翼たちが、この日朝合意の評価に口を濁し、あるいは評価すらしているという事実だ。

 これを要するに、主義主張に忠実(馬鹿正直)な純粋右翼は怒り、権力迎合の右翼は、主義主張などかなぐり捨てて保身の為に豹変しているのだ。

 同じ事は左翼にも言える。

 主義主張やイデオロギーに忠実で純粋な者は、損得を顧みず最後まで自民党と対決するが、権力志向の現実主義者は、立ち位置を変えても生きのびることを優先する。

 もはや右翼、左翼の対立でいがみ合う時代はとっくに終わっているのではないか。

 あるのは純粋なあまり切り捨てられる者たちと、理念や理想を二の次にして、権力に迎合する現実主義者たちとの絶対格差である。

 それを突き詰めれば、保身のために対米従属を優先する卑怯者が生き延び、対米自立を唱える者たちが疎外されるという日本の現実である。

 日本の大問題は、はたしていつの日か、日本は米国の支配から逃げられるかどうかである。(了)
コメント0件315

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

日韓合意は米国が日本に圧力をかけて実現させた動かぬ証拠

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ

 1月7日の朝鮮日報オンライン(CHOSUN ONLINE)が報じていたことをネット上で流れる情報で知った。(http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/01/07/2016010700643.html)

 米国家安全保障会議(NSC)のベン・ローズ安保副補佐官が去る2日、ハワイでのメディア会見で、オバマ大統領の水面下での役割を詳細に説明したと。
 
 ローズ副補佐官は、「オバマ大統領はこれまで一貫して元慰安婦と韓国国民の正当な不満を解決する措置を取るよう、日本を督励してきた。特に、日本が『歴史の遺産』という点をよく胸に刻み、積極的な解決方法を出すよう促した」と述べたというのだ。

 ワシントンの外交筋が朝鮮日報のワシントン特派員に伝えたらしい。

 朝鮮日報オンラインは韓国最大の発行部数を誇る朝鮮日報の日本語ニュースサイトだ。

 いい加減な事を書けるはずがない。

 もしベン・ローズNSC副補佐官の語った事が事実なら極めて重大な意味を持つ。

 今度の日韓合意の裏には米国の意向が強く働いていただろうことはいまや皆が内心そう思っている。

 その事がこの発言で裏付けられたのだ。その意味は大きい。

 しかしもっと重要な事は、韓国よりも日本の方に圧力をかけたと言っていることだ。

 つまり安倍首相の歴史認識に圧力をかけたと言っている。

 これは極めて重要な発言である。
 
 これほどの重要な発言をなぜ日本のメディアは伝えようとしなかったのか。

 オバマ大統領のハワイ休暇に同行したベン・ローズ副補佐官が不用意に口を滑らせたのなら、なおさら見逃せない重大発言だ。

 いまからでも遅くない。

 大手メディアはオバマ政権やベン・ローズ副補佐官に取材して、発言の真偽を確かめ、日本国民に教えるべきだ。

 それをしないようなら、大手メディアは安倍政権に都合の悪い事は報道自粛していること間違いない(了)

コメント0件315

Fatal error: Cannot redeclare dp_facebook_comment_box() (previously declared in /home/kenpo9/xn--gmq27weklgmp.com/public_html/wp-content/themes/dp-magjam/comments.php:225) in /home/kenpo9/xn--gmq27weklgmp.com/public_html/wp-content/themes/dp-magjam/comments.php on line 225