天木直人の公式ブログ

北朝鮮非難決議を棄権した山本・糸数議員の勇気とその限界

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ
国会は衆参そろって北朝鮮を非難する決議を全会一致で可決したらしい。

誰一人として異論を唱えなかったのか。

そう思って新聞記事をよく読むと、山本太郎議員と糸数慶子議員が棄権したという。

これは立派だ。

棄権どころか反対してもよかったぐらいだ。

しかし、せっかくの勇気ある行動も、彼らがやれば逆効果だ。

いまやすっかりパフォーマンス議員と見なされるようになってしまった山本太郎議員では、正しい言動もパフォーマンスと取られてしまう。

沖縄社会民主党という地方政党から選出された糸数慶子議員では、その言動は国政に届かない。

彼らこそ、あらたな政党をつくってそのこころざしを国政の場で正しく訴えるべきだ。

新党憲法9条こそ彼らの為の政党である(了)
コメント0件571

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top