天木直人の公式ブログ

この年金制度改革法案は噴飯物だ

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ

年金 きょう2月26日の東京新聞が書いた。

 政府が今国会に提出する年金制度改革関連法案の全容が25日わかったと。

 私がその記事で注目したのは次のくだりだ。

 すなわち、「将来世代が受け取る年金水準を確保するため、高齢者への給付を抑える仕組みを2018年度から強化する」となっている。

 とんでもない年金制度改悪だ。

 自分が高齢者になるから怒るのではない。

 これはいかさまだから指摘するのである。

 将来世代と高齢者たちの間の年金格差をなくせ、というのは、一見もっともに聞こえる。

 しかし、年金制度の決定的なからくりは、年金支払い開始時期と年金受給開始時期の間に、何十年もの大きな年月の差があることにある。

 年金制度をつくった厚生官僚がこううそぶいたと言う話は、年金積立基金が厚生官僚の無駄遣いに食い物にされている事が話題になった時に、暴露されたことだ。

 はたして何人の国民がそれを知っているかだ。

 つまり年金を支払う時はずっと先の事だから、今使える金は余るほどある、だから何に使ってもかまわない、どんどん使えと。

 そうなのだ。

 年金積立金は、当面の年金支払いには何の支障もないほど巨額であり、いまでも余っている。

 だからこそ株の運用などという無駄遣いが許されるのだ。

 そして大損をしても当面の年金支払いには何の支障もない。

 だから、実は高齢者の年金支払いなどは減らす緊急必要性はどこにもないのだ。

 その一方で、若い世代に年金支払いを開始するのは数十年先だ。

 しかも年金は容赦なく若者から取り立てている。

 そして、年金支払いはここ10年がピークだ。

 一番人口の多い団塊の世代はやがて消滅し、あとは年金支払い額は減る一方だ。

 予算はゆとりがでてくる。

 年金積立の運用、管理さえまともに行えば、高齢者の年金抑制など行わなくても、そして世代間格差なしに、十分可能なのである。

 若者が将来年金を受け取れなくなるという話は、いまの高齢者の年金支払い負担とは、何の関係もない話なのだ。

 年金制度改革という国家的詐欺が再び2018年度から大手を振って行われようとしている。

 年金制度の抜本的改革がいつまでたっても行われないのは、政治の怠慢であり、官僚の作為的な国民への裏切りである。

 国民の暮らしは、政治家と官僚のために苦しくさせられている(了)

[amazonjs asin="4087860566" locale="JP" title="知ってトクする! 年金の疑問71"]

(最終更新:2016年2月27日)コメント0件1132

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top