天木直人の公式ブログ

訪ロ中止を命じたオバマ・安倍電話会談の裏話は笑い話だ

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ

プーチン きょう2月26日の東京新聞「本音のコラム」には笑ってしまった。

 もと外務官僚の佐藤優が、オバマ大統領が安倍首相に訪ロを止めろと電話会談して来たことについて次のような裏話を、まるで聞いてきたように書いている。

 「なぜ伊勢サミットの前に訪ロする必要があるのか。ロシアに間違えたメッセージを伝えてしまうのではないか」とオバマハ語ったと言う。

 これに対して安倍首相は訪ロの意思を覆さなかったので、最後はオバマ大統領はこう言って電話を切ったと言う。

 「アベが日本の国益の為に行くというのならそれでいいだろう」と。

 笑ってしまったのは、その後に続くくだりだ。

 これをオバマ大統領による「了解」ととるのか、強い不快感の表明である「捨て台詞」と解釈するかについて、外務省内で意見が分かれてるという。

 もしそれが本当なら、これほどおめでたいことはない。

 捨て台詞に決まっているだろう。

 すくなくとも痛烈な皮肉だ。

 お前のやっていることは国益ではなく、パフォーマンスだろう。そんな馬鹿な真似をして日米同盟という本当の国益を壊すつもりか、と言っているのに決まっているだろう。

 さらにお笑いなのは、佐藤優の最後の結論だ。

 日本にとっては、米国は唯一の同盟国である。しかし、だからといって日本外交が米国の政策に完全に従属する必要はない。日露は引っ越す事の出来ない隣国である。首脳レベルでの対話を行う事が日本の国益である・・・

 見事に安倍首相に迎合している。

 米国に従属する必要はないというのはその通りだ。

 しかしそれなら訪ロよりもっと重要な対米自立外交はいくらでもある。

 それに、隣国というなら中国こそ最大の隣国だ。

 それよりも、なによりも、佐藤優は今度の訪ロで北方領土問題が進展すると本気で思っているのだろうか(了)

[amazonjs asin="4797672250" locale="JP" title="プーチン 最後の聖戦 ロシア最強リーダーが企むアメリカ崩壊シナリオとは?"][amazonjs asin="4166608614" locale="JP" title="独裁者プーチン (文春新書 861)"][amazonjs asin="4022513225" locale="JP" title="プーチンの実像 証言で暴く「皇帝」の素顔"]

(最終更新:2016年2月27日)コメント0件1376

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top