天木直人の公式ブログ

2016/3

Month

お知らせ

スーチーさんのミャンマーがまぶしい
1285

スーチーさんのミャンマーがまぶしい

  ついにミャンマーにこの日がやって来たのだ。 昨年の総選挙で大勝したアウンサンスーチー党首率いる国民民主連盟(NLD)による新政権がミャンマーに誕生する日が来たのだ。 あとは、憲法改正によってアウンサンスーチー大統領が誕生する日が、彼女の生きているうちに実現する事を願うばかりだ。 アウンサンスーチーさんが、「私は大統...
安保法廃止を唱える野党に対する安倍首相の痛烈な反撃
1254

安保法廃止を唱える野党に対する安倍首相の痛烈な反撃

 安保法施行に野党が反発するのはいいだろう。 しかし、安保法廃止と叫ぶなら、覚悟を決めてやらなければいけない。 その覚悟があるのか。 それを見透かしたように、安倍首相は参院予算委員会で答弁したという。 「安保法を廃止すれば、日米の同盟の絆は大きく毀損される」と。 これは安倍首相の野党に対する痛烈な反撃だ。 民主党はもと...
まるで出番のない安倍首相の核サミット出席
948

まるで出番のない安倍首相の核サミット出席

 きょう3月30日、安倍首相はワシントンに出発するという。 あす3月31日から始まる核サミットに出席するためだ。 ところが、事前はおろか、当日になっても、安倍首相の核サミット出席に関するまともな報道が無い。 いやしくも首脳会議への出席である。 何が議題になって、安倍首相の出番は何か、事前に詳しく報道されるのが常だ。 し...
かすり傷ひとつけられなかった安保法がきょう施行される
925

かすり傷ひとつけられなかった安保法がきょう施行される

 きょうの各紙はすべてきょうから実施される安保法の事ばかりだ。 読む気すら起こらない。 これほどの悪法、欠陥法、矛盾法にもかかわらず、反対するものたちは、政治家もメディアも有識者もデモする者たちも、かすり傷ひとつつけられなかった。 私が驚いたのは、いまでは安保法は廃止しなくてもいいと考える意見の方が多数になっているとい...
消費税増税より不人気だった民進党の船出
1321

消費税増税より不人気だった民進党の船出

 民主党が消滅し、民進党として生まれ変わった。 その評価については、きょうの各紙が書いている通りだ。 しかし、最も的確な評価は、共同通信社が3月26日、27日に行った全国電話世論調査に違いない。 その世論調査によれば、来年4月から消費税増税を10%に引き上げる事に反対する回答は64・6%に上ったという。 その一方で、そ...
道徳再武装戦略を流した「報道特集」の意図をいぶかる
1225

道徳再武装戦略を流した「報道特集」の意図をいぶかる

 きのう3月26日の夕、TBSが「報道特集」で、戦後間もないころに米国の主導で行われていた道徳再武装( Moral Re-Armament、略称MRA)の特集をやった。 私はうかつにもこの道徳再武装なる言葉も、動きも、初めてこの番組で知ったが、これを目にした私は、直感した。 この番組は、結果的に共産党を追い込むことにな...
伊勢志摩サミットをぶち壊したベルギーの自爆テロ  
1400

伊勢志摩サミットをぶち壊したベルギーの自爆テロ  

 どうやら私の予言通りになりそうだ。   きょう3月26日の毎日新聞が書いた。「事件の発生でテロ対策が最優先課題となった」 と。 これは外務省幹部が語った言葉であるという。 しかし外務省幹部に言われるまでもなく、今度のサミットでは欧米諸国によ る「テロとの戦い」の大合唱となる事は明らかだ。   そして、それは議長である...
どこまでも安倍首相を困らせるプーチンのロシア
1451

どこまでも安倍首相を困らせるプーチンのロシア

 もはや伊勢志摩サミットは、テロ対策と世界経済問題で手いっぱいになったから、中国包囲網や対ロ外交どころではなくなった。 だから安倍首相は驚いたり、怒ったりしなくてもよくなったが、それにしてもプーチンのロシアは安倍首相に無礼だ。 きょうの各紙が報じている。 ロシアのショイグ国防相は25日、北方領土に太平洋艦隊を配備するた...
自衛隊に影響力を行使している旧帝国軍人たちの存在
1343

自衛隊に影響力を行使している旧帝国軍人たちの存在

 きょう3月25日の毎日新聞が小さく報じていた。 きのう3月24日に東京都内で安保法の是非をめぐるシンポジウムが開かれたと。 これだけなら、どこにでもあるシンポジウムだ。 なぜそのシンポジウムが記事になったのか。 その毎日新聞の記事は書いている。 元防衛官僚幹部である柳沢協二氏(元内閣官房副長官補)と元陸上自衛隊幹部で...
ついにテロ事件に関与した日本人が現れた衝撃
1182

ついにテロ事件に関与した日本人が現れた衝撃

 ついにテロ事件に関係した日本人が出て来た。 テロに巻き込まれた犠牲者の事ではない。 ベルギーのテロ事件の事ではない。 トルコのテロ事件がらみで、「イスラム国」に参加しようとした日本人が現れたというのだ。 トルコ国営アナトリア通信は23日、トルコ治安当局が「イスラム国」への参加を試みた日本人の男(24歳)を拘束したと報...
Return Top