天木直人の公式ブログ

かすり傷ひとつけられなかった安保法がきょう施行される

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ
Photo by : ニューズウィーク日本版 [http://www.newsweekjapan.jp/hosoya/2015/09/post-1.php]
Photo by : ニューズウィーク日本版 [http://www.newsweekjapan.jp/hosoya/2015/09/post-1.php]


 きょうの各紙はすべてきょうから実施される安保法の事ばかりだ。

 読む気すら起こらない。

 これほどの悪法、欠陥法、矛盾法にもかかわらず、反対するものたちは、政治家もメ
ディアも有識者もデモする者たちも、かすり傷ひとつつけられなかった。

 私が驚いたのは、いまでは安保法は廃止しなくてもいいと考える意見の方が多数になっているという世論調査の結果だ。

 それにもかかわらず、野党は廃案すると気勢をあげ、デモする者たちは廃案を叫んでいる。

 本気とは思えない。

 いや、不誠実とすら思えてくる。

 本気で安保法を廃案するつもりなら憲法9条の下に結集しなければいけない。

 いま必要な本当の新党は憲法9条新党である。


 その目的は政権を取ることではない。

 安保法に反対する国民と共に、安倍政権に憲法9条を放棄させないことだ。

 誰かが、それをつくり、この国の方向を変えなければいけない。

 このままでは、この国の戦後の政治史はあまりにも空しい(了)
[amazonjs asin="4750343072" locale="JP" title="安保法制の正体――「この道」で日本は平和になるのか"][amazonjs asin="400022087X" locale="JP" title="安保法制の何が問題か"][amazonjs asin="4022736585" locale="JP" title="反安保法制・反原発運動で出現――シニア左翼とは何か (朝日新書)"]

(最終更新:2016年4月1日)コメント1件903

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 安保法案が成立しても、憲法違反と言われた法律ですので、真に反対するのであれば、
    違憲であると、裁判が起こされると思いました。
     違憲裁判と訴えの裁判は多くあります。
     何故、この安保法の違憲裁判が起こらないのでしょうか。
    最初から裁判を起こしても、違憲と判断されないのでやらないのでしょうか。
     ただ、単にデモをやるより効果があると思いますが。注、現在の野党の姿勢(隠れ自民党、アリバイ作りの反対など)では廃案は無理。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top