天木直人の公式ブログ

2016/4

Month

お知らせ

歴史問題をごまかして政治決着を繰り返す安倍首相の大罪
1016

歴史問題をごまかして政治決着を繰り返す安倍首相の大罪

 これから書くことは、とても重要な視点であると自画自賛するが、はたして読者はどう判断するだろう。 オバマ大統領の広島訪問がほぼ確実視されるなかで、それを手放しで歓迎できないとする意見が見られるようになった。 たとえば4月28日の毎日新聞「記者の目」で、広島支局の竹内麻子記者が書いている。 オバマ大統領には被爆者に会って...
三菱自動車の不正事件があぶりだしたこの国の天下り天国ぶり
1664

三菱自動車の不正事件があぶりだしたこの国の天下り天国ぶり

 三菱自動車の不正を見抜けなかった国交省に責任はないのか。 これは誰もが思うことだろう。 それをいち早く書いたのがきのう4月28日の日刊ゲンダイ(4月29日号)だった。 その記事の要旨は次のごとくだ。 この国で車の燃費試験を独占して来たのは「交通安全環境研究所」なる独立行政法人だ。官僚の天下り先で、2014年度には国交...
共産党は公明党の轍を踏んで自滅に向かっているとしか思えない
1103

共産党は公明党の轍を踏んで自滅に向かっているとしか思えない

 踏まれても踏まれてもついて行きます下駄の雪、という言葉がある。 これは、政界用語で言えば、どんなに批判、誹謗されても権力を維持するために我慢する公明党の姿を揶揄する言葉だ。 いまその轍を日本共産党が踏もうとしてると思えてならない。 日本共産党が「清水の舞台から飛び降りる」気持ちで国民連合政権構想を打ち上げた時、私はそ...
被ばく元米兵へ面会するために訪米する小泉純一郎に思う
1315

被ばく元米兵へ面会するために訪米する小泉純一郎に思う

 きのう4月27日の東京新聞で知った。 小泉純一郎元首相が5月中旬に米国サンディエゴを訪問し、「トモダチ作戦」に派遣された元米軍兵士をお見舞いするという。 城南信用金庫のシンクタンクである「城南総合研究所」が4月26日に発表したという。 今回の小泉純一郎元首相の訪米の是非を判断するのは、この記事だけでは出来ない。 5月...
日中外相会談は茶番なのか、首脳会談への布石なのか
823

日中外相会談は茶番なのか、首脳会談への布石なのか

 岸田外相がメディアに頻繁に登場するようになり、安倍首相の後の首相をアピールしている。 ケリー米国務長官の広島訪問実現の後は日中関係改善だ。 来月訪中し王毅外相と会談するという。 安倍首相と習近平主席の首脳会談実現に向けて話し合うという。 はたして成算があるのか。 よほどの隠し球があれば別だ。 しかし、冷静に考えれば、...
ハンセン病の次は砂川判決だ
800

ハンセン病の次は砂川判決だ

 WHOが1960年に隔離の必要性を否定したにもかかわらず、裁判所は1972年までハンセン病患者を隔離した特別法廷で差別的な暗黒裁判を繰り返して来た。 この誤りを認め、最高裁がきのう4月25日、記者会見を開いて謝罪した。 聖域であった最高裁が自らの誤りを認め、頭を垂れて謝罪する。 前代未聞の事だ。 我々はこの最高裁の謝...
「検証なき国はすたれる」と書いた日経新聞「風見鶏」に思う
992

「検証なき国はすたれる」と書いた日経新聞「風見鶏」に思う

 きのう4月24日の日経新聞「風見鶏」で、秋田浩之編集委員が「検証なき国は廃れる」という見出しの論説を書いていた。 そこで書かれている内容は、日本と言う国は誤りを検証しない国であるという嘆きだ。 そして、その典型例として書かれていたのが、あのイラク戦争に賛成した日本の検証のなさだ。 欧米諸国とのあまりの違いを、次のよう...
広島訪問のリハーサルだったオバマのアルゼンチン訪問
1069

広島訪問のリハーサルだったオバマのアルゼンチン訪問

 きょう4月25日の朝日新聞「ここに注目」という記事でブエノスアイレス発五十嵐大介記者が、3月24日に行われたオバマ大統領のアルゼンチン訪問について、要旨次のように書いていた。 すなわち40年前の1976年3月24日、アルゼンチンでクーデターが起き、軍事政権による左翼活動家の弾圧が始まった。約3万人の市民が殺されたり、...
いまの政党、政治家では国民を救えない
863

いまの政党、政治家では国民を救えない

 熊本大地震が起きて一週間余りがたったが、被災民の難民状態はほとんど手づかずだ。 だからといって、安倍自公政権の無能さを批判しても始まらない。 そんなことをしても被災民の苦痛には何のためにもならない。 野党が政権をとればもっと混乱するだろう。 東日本大震災の時もそうだった。 民主党政権では国民は救えず、安倍自民党に代っ...
謝罪しなくてもよいと米国に伝えていた岸田外相の人間失格
1628

謝罪しなくてもよいと米国に伝えていた岸田外相の人間失格

 きょう4月24日の各紙が小さく報じた。 岸田文雄外相がきのう23日に北海道岩見沢市内で講演し、米国側に原爆投下の謝罪を求めない考えを事前に伝えてたことを明らかにしたという。 こんな発言をしていたとは驚きだ。 これはオバマ大統領の広島訪問を実現するために、日本側から率先して謝罪をしなくてもいい、だから来てくれ、とお願い...
Return Top