天木直人の公式ブログ

岩田明子NHK政治部記者の正体見たり

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ

岩田朋子 きのう10日発売の月刊文藝春秋6月号に、安倍首相の母親である安倍洋子さんのロングインタビュー記事が掲載されている。

 「晋三は『宿命の子』です」、という見出しにひかれて早速買い求めて読んでみた。

 まるで中身のないインタビューには失望させられた。

 しかし、大きな収穫があった。

 このインタビュー記事の聞き手、書き手が、岩田明子NHK解説委員であることを知ったからだ。

 岩田氏と安倍晋三首相の付き合いは、2002年に岩田氏がNHKの政治部記者として小泉政権の官房副長官であった安倍晋三氏の番記者になってから以来であり、その時母親の安倍洋子さんに気に入られ、今度の単独インタビューにも応じてもらったのだ。

 私はこれまでに何度も岩田記者の批判を繰り返してきた。

 よくもここまで安倍首相をほめちぎる捏造まがいの偏向報道ができるものだと。

 そしてこの文藝春秋のインタビュー記事を読んで思った。

 岩田記者をジャーナリストとして見るからそう批判せざるを得ないのだが、彼女を安倍母・息子の追っかけと考えれば何の不思議もない。

 このインタビュー記事も、安倍首相や岸信介、安倍晋太郎の事を書きたいのではない。

 安倍洋子絶賛のための4時間半にわたるインタビューだ。

 母親に気に入られ、その息子を絶賛し続けて母親に忠義を尽くしている姿がそこにある。

 そうなのだ。

 NHKの岩田明子解説委員はジャーナリストではない。

 芸能リポーターなみの追っかけだ。

 そう考えると腹も立たない。

 文藝春秋6月号には、他にも面白い記事があるから、880円出して買っても我慢できる(了)

[amazonjs asin="4022612924" locale="JP" title="NHKと政治―蝕まれた公共放送 (朝日文庫)"][amazonjs asin="476845738X" locale="JP" title="NHKと政治支配―ジャーナリズムは誰のものか"][amazonjs asin="4492222758" locale="JP" title="NHK vs 日本政治"]

コメント5件14986

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 5 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 今こそ、Thomas Jefferson さんの(Third U.S.president)の言葉を
    思い出す時でしょう。

    When the people fear the government, there is tyranny,
    When the government fears the people, there is liberty.
    人々が政府を恐れている時には、暴政がある。 政府が人々を恐れている
    時には、自由がある。

  2. NHKの年収は官僚よりも何故も高いのですか?

  3. 以前、某週刊誌に、’岩田明子記者は、安倍晋三の愛人である,との記事が掲載されていたが、やはり真実だったのでしょう。安倍の行く所、この世界の至る所に同行し、コメントは、常に安倍をヨイショする物ばかり!この女の顔を見るだけで、気持ちが悪くなる。

  4. いつの世にもこんな人種はいるのだが、視聴料を払っている者としては極めて腹立たしい。
    先日の「ニュースウォッチ」での安倍総理へのヨイショ言動はあきれるばかりだ。
    いっそそちら系のメディアへの転職をお勧めする。

  5. ホントかウソわかからないけど、こんな話が。
    この二人がどうしてようと、知ったこっちゃないが、
    胡散臭い連中の「我が世の春」のために、犠牲とされるのはたまらない。

    http://www.nikaidou.com/archives/76796

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top