天木直人の公式ブログ

舛添都知事の辞任が外務省次官人事に待ったをかけることになる

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ
Photo by : The Huffington Post 「舛添要一氏「説明責任は果たした」 週刊文春報道で謝罪」 [http://www.huffingtonpost.jp/2016/05/13/masuzoe-youichi-kaiken_n_9948542.html]
Photo by : The Huffington Post 「舛添要一氏「説明責任は果たした」 週刊文春報道で謝罪」 [http://www.huffingtonpost.jp/2016/05/13/masuzoe-youichi-kaiken_n_9948542.html]

 ここにきてマスコミの舛添東京都知事たたきがすさまじい。

 もちろんその責任は舛添都知事にあるし、彼の対応のまずさがバッシングに拍車をかけた。

 もはや舛添都知事の辞任は必至だろう。

 しかし、その背後には、選挙と政局に有利になる事ならなんでも利用するという安倍政権の、よく言えば戦略、悪く言えば悪あがきが感じられる、と思うのは私だけだろうか。

 しかし、私がここで言いたい事は、その事ではない。

 もしそのような思惑を安倍政権が持っているとしたら、愚かだということだ。

 ブーメランのように安倍政権に跳ね返って来るに違いない。

 舛添都知事が辞任するような事態に発展すれば、必ずその影響は、サミット後に予定されている外務省の次官人事に及ぶことになる。

 そうならなければウソだ。

 杉山氏はかつて外務次官の秘書官をやっていた頃、外務次官の外交機密費を家族の食事に流用した事を週刊誌ポストにすっぱ抜かれた前歴がある。

 しかもその事を鈴木宗男・佐藤優コンビが外務官僚の犯罪として繰り返し公言し、佐藤優に至っては本を出版してまで追及している。
 
 その杉山氏が、すったもんだのあげく、6月初めに正式発表される外務省の人事で次官に就任するという。

 そう発売中の月刊文藝春秋6月号は人事のゴシップコラム「霞が関コンフィデンシャル」で書いている。

 しかし、杉山次官の醜聞は、まさしく今度の舛添都知事の政治資金を家族の会食に流用したという醜聞そのものだ。

 その資金はおなじく血税だ。

 舛添都知事が辞任して、外務官僚の杉山氏の次官就任がお目こぼしというわけにはいかないだろう。

 安倍・菅コンビの任命責任が追及されないはずがない。

 もしメディアが杉山たたきをしないなら、やはり舛添都知事の大騒ぎは安倍政権の謀略だったということになる。

 舛添都知事の醜聞事件の展開から目が離せない(了)

[amazonjs asin="4408110655" locale="JP" title="東京を変える、日本が変わる"][amazonjs asin="4333023157" locale="JP" title="私の原点、そして誓い―遠距離介護五年間の真実"][amazonjs asin="4750315796" locale="JP" title="東京都知事の研究"]

コメント1件2240

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 舛添たたきは、橋下担ぎ出しの前座と見てます。今、安倍の賞味期限が切れて、彼らの言動が嘘ばっかりで、国民は食傷ぎみになっています。政局を転換するのにメデイアと連携して影響力のある橋下を担ぎ出したいと黒幕さんたちは思っています。政治から離れて”大阪都構想”失敗の印象を払拭し、暫くほとぼりを冷まし、メデイアで好感度を上げるキャンペーン中の彼を、再びポピュリズムの扇動家として、国政に早いタイミングで出したい、という緊急の要請があります。
    安倍政権の酷さ、ことごとく露呈しだした失敗、政権交代の危機感から、橋下を担ぎ出すしかないと見ています。多少無理筋でも、都知事選挙なら、前回行った舛添知事当選の得票ねつ造の不正選挙の方法(システム)がそのまま使えるので、都知事ーオリンピックー国政出馬のストーリは十分作れると見ています。今、舛添たたきも大事だが、橋下の危険性周知がもっと大事です。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top