天木直人の公式ブログ

ペリー元米国防長官のウソを垂れ流した東京新聞

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ
Photo by : 2016年5月22日 東京新聞
Photo by : 2016年5月22日 東京新聞

 きょう5月22日の東京新聞が一面トップでペリー元米国務長官との単独インタビュー記事を掲載した。

 ペリー氏は1995年の沖縄少女暴行事件が起きた当時の国防長官だ。

 あの時の事を、「身の毛のよだつような事件だった」と振り返り、自分がそうしたように、「すぐにワシントンをたって東京に飛び、家族と日本のみなさんに・・・謝罪した」ように、「カーター現国防長官は心からの謝罪を行い、再発防止に取り組むべきだ」と強調している。

 このような、謝罪や再発防止策を強調する言葉は、すでにメディアにあふれかえっているから、私にとっては何の興味もない。

 私が注目したのは、その後に続くペリー氏の次の言葉だ。

 今度の事件をきっかけに沖縄で米軍基地に反対する声が再燃している現状について、次のように語っている。

 「われわれ(米軍)は、日本の安全保障のために日本にいる必要があると考えるから駐留しているのであり、日米両政府はその必要性をあらためて明言すべきだ・・・われわれが駐留を望んでいるのではない。もし日本政府が、安全保障にとって必要がないと考えるのなら、われわれは出ていくべきだ」と。

 よくもこのようなウソが言えるものだ。

 米国の欲する時に、米国の好きなだけの米軍(基地)を、米国の好きな場所に、駐留させる。

 これが日米安保条約の密約の核心である。

 その事をペリー氏が知らないはずがない。

 そして、その事を東京新聞が知らなかったとすれば、あまりにも不勉強だ。

 なぜ東京新聞は、すかさずペリー氏にその事を聞かなかったのか。

 もういい加減ウソやごまかしは止めた方がいい。

 日米関係の将来は、本音で語り合ってこそ展望が開けるというものだ。

 今回の不幸のせめてもの償いは、日米安保条約の是非について、ウソのない対等な議論を、日米両政府が国民の目の前で始める事である(了)

[amazonjs asin="4062163179" locale="JP" title="さらば日米同盟! 平和国家日本を目指す最強の自主防衛政策"][amazonjs asin="4828418350" locale="JP" title="安保法制の落とし穴"][amazonjs asin="B00NQB0KLE" locale="JP" title="銀河英雄伝説1 黎明篇 (らいとすたっふ文庫)"]

コメント0件1874

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top