天木直人の公式ブログ

杉山晋輔を外務次官に任命する安倍首相はたいした度胸だ

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ
Photo by : The Huffington Post 「戦時徴用裁判で韓国に警告 杉山晋輔・外務審議官「敗訴確定なら国際司法裁判所に提訴」」 [http://www.huffingtonpost.jp/2013/11/24/japan-korea-icj_n_4334593.html]
Photo by : The Huffington Post 「戦時徴用裁判で韓国に警告 杉山晋輔・外務審議官「敗訴確定なら国際司法裁判所に提訴」」 [http://www.huffingtonpost.jp/2013/11/24/japan-korea-icj_n_4334593.html]

 発売中の週刊金曜日最新号が書いた。6月3日(金)に杉山晋輔外務審議官が外務事務次官に発令されると。

 これが事実なら驚きだ。

 なぜ私が驚くのか。

 その答えを、やはり発売中の週刊新潮(6月2日号)が、外務省関係者の言葉を借りて、次のように見事に教えてくれている。

 「杉山は93年8月から、当時の斎藤(斎藤邦彦)次官の秘書官を務めました。彼は次官に目をかけられていたから、幹部らが領収書や請求書を杉山に渡すと、次官の名で簡単に決済が下る。つまり機密費を意のままに動かせた。幹部もツケまわしのために重宝がって、杉山の名から『S基金』と呼んでいました・・・(2億円を下らないと推計できるその金は)料亭やクラブでの飲み食い、タクシー代の多額請求といったもの(に使われていました)・・・」

 この外務省関係者が実在する人物かどうかは知らない。しかし、あの佐藤優がそれを証言しているぐらいだから本当だ。

 佐藤優の証言を待たなくても、私が知っている。

 私が知っているくらいだから、外務省の幹部経験者は皆知っている。

 舛添都知事がなぜあそこまで批判されるのか。

 それは我々の税金を私的に流用した疑いが続出しているからだ。

 しかし、税金の流用ならば、外務省機密費の流用のほうが、はるかに悪質だ。

 しかも外務省の組織をあげた不祥事である。

 そして、外務省の組織をあげた機密費流用問題といえば、2001年に発覚した松尾事件につながる。

 ごまかして切り抜けたはずだった松尾事件が、いま再び火を噴けば、今度こそ外務省と言う組織は持たない。

 しかも、週刊新潮に出し抜かれたのだから、杉山氏の疑惑追及の元祖である週刊ポストが書かないはずはない。

 そうなればメディアが一斉に後を追う。

 果たして本当に6月3日に杉山次官が誕生するのか。

 もしそうなら安倍首相は、たいした度胸である(了)

[amazonjs asin="4768457304" locale="JP" title="小説 外務省-尖閣問題の正体"][amazonjs asin="4198933235" locale="JP" title="外務省ハレンチ物語 (徳間文庫)"][amazonjs asin="4062121093" locale="JP" title="さらば外務省!―私は小泉首相と売国官僚を許さない"]

コメント3件6089

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 慰安婦を象徴する少女像が設置に関して、既に支払った10億の
    返却を求めるべき、今までに支払った慰安婦関連の金額を全て提示し
    韓国の国民に知らせしめる必要があるのではないか!
    韓国も、北朝鮮も結局は同じ(思想)では

    • 別に大した金額じゃないから仮にそんなことしたら韓国政府は熨斗つけて返してくるかもしれませんよ。
      はした金で韓国人を黙らそうという魂胆が恥ずかしい。
      日本国内で通用しても国外では通用しないという良い見本ですよ。

  2. By ね・こむすめ

    今さら・・・ではありますが、外務省ばかりでなく ここまで・・・という現実を食い止める方法は〜ないのでしょうか?
    安倍政権の暴挙続きで、オセロゲームのように「角を抑えられて」全部が”真っ黒”にひっくり返されるのを ただ見ているしかないのかと思うと、本当に絶望的な心持ちになります。
    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/190737

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top