天木直人の公式ブログ

たった一日で終わった安倍の自民党支配

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ

安倍晋三 驚いた。

 たった一日で、こんなにあっさりと、安倍首相の自民党支配が決まった。

 これで消費税増税再延長と衆参同日選の見送りは決まりだ。

 もちろんこれは八百長芝居ではない。

 選挙を前にして自民党が結束したのだ。

 安倍首相と創価・公明が、お互いに譲り合ったのだ。

 けだし、権力を持ったものたちの強みである。

 権力がすべてを優先させるということだ。

 しかも、安倍と麻生・谷垣らの対立は、明らかに安倍に分があった。

 消費税増税延長に反対する国民はいないからだ。

 国民生活より財政再建を優先する財務官僚。

 その財務官僚を押さえつける安倍首相に、国民は喝采を送るからだ。

 消費税増税を強行して参院選に臨む愚をおかせば、落選を恐れる議員は一斉に反発するからだ。

 しかし、これで安倍首相の東京五輪までの長期政権が決まったと見るのはまだはやい。

 安倍政権の政策的行き詰まりは何も変わらないからだ。

 しかもその行き詰まりはますますひどくなる。

 参院選の結果次第では、ふたたび自民党内で対立が再燃する。

 皮肉な事に、野党共闘が奏功し、自民党が予想以上に議席を減らすようなことになれば、自民党内での安倍・反安倍の対立が始まることになる。

 しかし、それはさらなる自民党政権の継続を意味する。

 自民党内での疑似政権交代によって、自民党は生き残るからだ。

 いまの野党では、野党共闘で勝っても負けても、野党に展望はない。

 野党共闘で勝っても、自公政権を倒すことはできない。

 野党共闘で負ければ、野党は壊滅する。

 どちらに転んでも、いまの野党のままでは自民党政権は続く。

 それにしても野党第一党の民進党は絶望的だ。

 千載一遇のチャンスを前にして、この期に及んでも、消費税増税に正面から反対しない、出来ない。

 だから経済失政ばかりを追及するしか芸がない。

 これでは国民はついてこない。

 どうせ分裂する民進党だ。

 早ければ早いほどいい。

 安倍自公政権と正面から対抗する全く新しい国民的な新党が出て来なくては、日本の政治に展望はない(了)

[amazonjs asin="4864101639" locale="JP" title="消費増税亡国論"][amazonjs asin="4800250595" locale="JP" title="財務省の闇 ~最強官庁の「出世」「人事」「カネ」 (別冊宝島 Real)"][amazonjs asin="4871541355" locale="JP" title="安倍壊憲クーデターとメディア支配―アベ政治を許さない"]

(最終更新:2016年6月1日)コメント3件1992

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 消費税増税しようと企み細川政権潰した小沢

    昔は竹中の政策取り入れてたシンジユウシュギだったんだ小沢って

  2. 確かに天木氏の言っている通りだと思います。

    野党、特に民進党には何も期待することはできません。
    民進党の面々を見ていると第二自民党にしか見えてきませんから。
    でも、今回の参院選挙で自公が圧勝して3分の2議席を獲得すれば次の衆院選挙で安倍は憲法改正
    解散を打って出ることは必至なわけだから、野党勢力が今回の選挙でそれを防ぐくらいの議席を獲得する必要性があるのでないか。

    自公に対抗する新しい政党ができる必要性はあると思うけど、小林節氏が設立した新たな政治団体を新党のベースにしてもいいのではないかと思います。
    そこに社民党や生活の党が合流していくのが理想ではないでしょうか。

  3. 初めて投稿させていただきますが、天木氏の言っている通りだと思います。
    確かに野党勢力、特に民進党に期待することは全くできないけど、今回の参院選挙で自公が圧勝して参院で3分の2を獲得すれば安倍は次の衆院選挙で憲法改正解散に打って出ることは必至なわけだから、せえてこれだけは避ける必要性があるのではないだろうか。

    だから今回の参院選挙で悪くても野党勢力が現状の議席を維持する必要性があると思うし、そのための選挙協力にすぎないのではないかと考える。

    自公と対抗する新たな政党が必要なのは当然だと思うけど、いっそのこと小林節氏が設立する新政治団体をベースにした方がいいのではないかと考える。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top