天木直人の公式ブログ

2016/6

Month

お知らせ

不毛の参院選をダメ押しした小池百合子の立候補宣言 
1688

不毛の参院選をダメ押しした小池百合子の立候補宣言 

 小池百合子が、後出しじゃんけんとは真逆に、突然、先走り立候補宣言をしたのには心底驚いた。 この背景に裏があれば別だが、私は単純な小池百合子の暴走だと思っている。 私は今度の東京都知事選挙にはまったく関心はない。 誰が立候補し、誰が勝っても、負けても、都政はおろか、国政に何の影響もないと思うからだ。 しかし、既存の政党...
若者に否定された安倍政権は危ういかもしれない 
1888

若者に否定された安倍政権は危ういかもしれない 

 メディアが報じる序盤の選挙情勢は、どの報道も安倍政権優勢の報道ばかりだ。 ところが、きょう6月29日の読売新聞の地方版(栃木県)に、衝撃的な世論調査結果が報じられた。 すなわち読売新聞宇都宮支局と宇都宮大学が共同で行った大学生545人に対するアンケートでは、安倍内閣の支持率は38%で不支持率39%を下回ったというのだ...
小泉元首相の訪米仕掛け人を独占インタビューした週刊金曜日を疑う 
1029

小泉元首相の訪米仕掛け人を独占インタビューした週刊金曜日を疑う 

 これには本当に驚いた。 偶然手にした週刊金曜日の最新号に、あの小泉元首相の訪米を仕掛けた米国在住のジャーナリストとなのる人物の独占インタビュー記事を見つけた。 小泉元首相の訪米とは、オトモダ作戦で被爆し、東電を訴えている米兵たちと面会し、落涙した、あの前代未聞の訪米の事である。 小泉元首相は、おそらく彼自身、まったく...
喪服期間中も酒気帯び運転していた米兵
916

喪服期間中も酒気帯び運転していた米兵

 6月25日の朝日新聞が一段の小さな記事で報じた。 ついに外出禁止を解除したと思ったら、飲酒禁止も6月28日未明をもって緩和されると。 在沖縄米軍がそう発表したと。 これですべてが解除される事になる。 私は繰り返し書いてきた。 再発防止のための米兵行動規制などうそっぱちだ。 そんな規制はほとぼりがさめたらすぐに撤回され...
メディアが封印する杉山晋輔新外務事務次官の公金流用醜聞
1124

メディアが封印する杉山晋輔新外務事務次官の公金流用醜聞

 岸田外相が杉山晋輔外務事務次官をEU本部があるベルギーと英国に急きょ派遣する事にしたという。 英国のEU離脱を受けて情報収集、意見交換を急ぐという。 笑止だ。 英国のEU離脱について日本に何が出来るというのか。 ましてや外務官僚に何が出来るのというのか。 仕事をしていますというパフォーマンスでありアリバイ作りだ。 し...
「横浜事件」国賠訴訟の判決に注目する 
1050

「横浜事件」国賠訴訟の判決に注目する 

 きょう6月26日の新聞に掲載されていた小さな記事に私は注目した。 その記事は、戦時下の最大の言論弾圧事件とされる「横浜事件」をめぐり、2008年の最高裁判決で免訴判決が確定した元被告らの遺族が、計1億3800万円の国家賠償を求めた訴訟の判決が、6月30日に東京地裁で言い渡されるという記事だ。 なぜ私が注目したか。 東...
英国のEU離脱が吹っ飛ばしてしまった参院選 
1108

英国のEU離脱が吹っ飛ばしてしまった参院選 

 私の予想が見事に外れ、英国の国民投票がEU離脱を選んだ。 もっとも、私の予想など大した根拠はない。 賛成派女性議員の離脱派による殺害という不幸な事件が流れを変えたと思い込んだまでだ。 そのような不幸な事件の感傷など一蹴するほど、英国国民のEUに対する不満や、既成政治に対する怒りが大きかったというわけだ。 それにしても...
英国の国民投票がどっちになっても安倍首相に有利に働く
917

英国の国民投票がどっちになっても安倍首相に有利に働く

 参院選の最中にEU離脱か残留かの国民投票が英国で行われる事になった。 これは偶然に違いないが、安倍首相は運がいいと思う。 なぜか。 どっちに転んでも安倍自公政権に有利に働くからだ。 もし残留が決まれば安堵感で世界は同時株高になる。 その事と安倍政権の経済政策は何の関係もないが、国民は安堵し、気持ちが寛容になる。 その...
安倍首相は憲法9条改憲を国民投票にかけることは出来ない
1688

安倍首相は憲法9条改憲を国民投票にかけることは出来ない

 世界を揺るがしている英国の国民投票の結果が間もなく判明する。 おそらく残留に決まるのだろうが、その前に書いておきたい。 今度のEUの国民投票が教えてくれた事は何か。 それは、国論を二分するような問題を軽々しく国民投票にかけてはいけないということだ。 なぜならば、それは政策論にとどまらず感情論になり、どちらが勝っても負...
EU離脱問題ではからずあぶりだされた大英帝国の負の遺産 
1215

EU離脱問題ではからずあぶりだされた大英帝国の負の遺産 

 EU離脱問題に対する英国民の意思がもうすぐ判明する。 しかし、その結果がどうであろうとも、今度のEU離脱騒動であぶりだされたひとつが、英国の負の遺産である。 英国の負の遺産とは何か。 それは、陽が沈むと所はないとまで豪語して世界中を植民地化した、大英帝国主義と言う負の遺産である。 植民地主義はいまでは決して認められな...
Return Top