天木直人の公式ブログ

英国のEU離脱が吹っ飛ばしてしまった参院選 

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ
Photo by : 2016年6月25日 東京新聞
Photo by : 2016年6月25日 東京新聞

 私の予想が見事に外れ、英国の国民投票がEU離脱を選んだ。

 もっとも、私の予想など大した根拠はない。

 賛成派女性議員の離脱派による殺害という不幸な事件が流れを変えたと思い込んだまでだ。

 そのような不幸な事件の感傷など一蹴するほど、英国国民のEUに対する不満や、既成政治に対する怒りが大きかったというわけだ。

 それにしてもメディアの大騒ぎはどうだ。

 「たかが英国」のEU離脱で、そこまで世界が大きな影響を受けるとでも言うのか。

 私にはわからないが、ここまでメディアが騒ぐのだから大問題に違いない。

 はっきりしたことは、これで参院選の盛り上がりが吹っ飛んでしまったという事だ。

 これから毎日のように、このEU離脱の衝撃がメディアを賑わす。

 株や為替を持っている者はもちろん、持っていない者までも、市況の変動を固唾を飲んで見守ることになる。

 経済や暮らしの先行きが不透明になればなるほど、国民は政治の安定を求める。

 選挙どころではないのだ。

 それにしても、岡田民進党代表は運のない政治家だ。

 あの小泉郵政選挙で大敗した時も岡田民主党代表だった。

 そして、このままでは死んでも死にきれないと言って自ら選んだ民主党代表としての再登場だった。

 選挙が始まった途端、英国のEU離脱ショックに見舞われるとは、ツキが無い。

 それにしても岡田代表は知恵がない。

 国民が英国のEU離脱ショックで動揺している時に、これでアベノミクスは終わっただとか、国民投票がある事が分かっていたのに官邸を留守にして遊説する安倍首相を「危機管理が出来ていない」と批判する。

 中国の報道官は、世界に与える影響を認めながらも、英国国民の決断を尊重する、中国と英国の良好な関係は不変である、と冷静なコメントを世界に発信した。

 そこまでとぼける事はないけれど、もう少し気の利いた言葉を発する事が出来なかったのだろうか。

 残念ながら参院選の帰趨は決まった。

 参院選の盛り上がりは英国のEU離脱ショックによって吹っ飛ばされてしまったということだ(了)

[amazonjs asin="B01HBAHRKC" locale="JP" title="週刊ニューズウィーク日本版 「特集:英国はどこへ行く?」〈2016年6/28号〉 雑誌"][amazonjs asin="4106105446" locale="JP" title="EU崩壊 (新潮新書)"][amazonjs asin="4106037831" locale="JP" title="EU騒乱: テロと右傾化の次に来るもの (新潮選書)"]

コメント2件1085

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 英国のEU離脱騒動は、世界中の政治の行き詰まりがパニック症状として現れたのです。大国と言われているところはもっと大きな不条理な問題を抱えているのに、それらの問題を解決できないジレンマに陥っているのです。進退両難です。平和目的で核の利用すると言いながら、核兵器を持つ、防災に利用できるから武器装備品を学術に開発させる、植民地支配をして、さんざ利用した人材を職を奪われるからと排除しなければならない国、挙げれば切りがないのです。現在は日本の政権のようにむやみに脅威を煽り、軍需品をそろえ、もうすでに防災にも利用できるからといいますが、管轄の文部科学省の研究ではないのは、防衛省の予算は潤沢だからという理由です。政治が、嘘をつき、秘密にばかりしても、相手(国)があればどこからか漏れてきます。それは国益になりません。EU離脱を過剰にメディアが騒ぐのは、日本政府.政権がメディアと結託して、大きな問題を隠すいつもの手です。
    沖縄に米国海兵隊の基地があるのは、日本政府の懇願だそうです。同じ日本国民の沖縄の人を分断して、それが政治でしょうか。

  2. 英国民投票によるEU離脱はわが国の核武装を実現する改憲への途を開く!→ http://this.blog.jp/archives/62281008.html

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top