天木直人の公式ブログ

喪服期間中も酒気帯び運転していた米兵

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ
Photo by : 沖縄タイムス プラス 「酒気帯び事故の米軍属「前日に自宅でワイン」 基準値の約4倍検出」 [https://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=175265]
Photo by : 沖縄タイムス プラス 「酒気帯び事故の米軍属「前日に自宅でワイン」 基準値の約4倍検出」 [https://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=175265]

 6月25日の朝日新聞が一段の小さな記事で報じた。

 ついに外出禁止を解除したと思ったら、飲酒禁止も6月28日未明をもって緩和されると。

 在沖縄米軍がそう発表したと。

 これですべてが解除される事になる。

 私は繰り返し書いてきた。

 再発防止のための米兵行動規制などうそっぱちだ。

 そんな規制はほとぼりがさめたらすぐに撤回されると。

 言った通りになった。

 しかし私が驚いたのは再発防止の為ではなく殺害された女性の喪に服すために行動規制をしたと米軍が堂々と語った事だ。

 再発防止など真っ赤なウソだったということだ。

 そう思っていたらきょう6月27日の各紙が一斉に報じた。

 また軍属が酒気帯び運転容疑できのう26日つかまったと。

 喪にも服していなかったということだ。

 これで明らかになった。

 米軍の命令などうそっぱちだ。

 それを米兵はよく知っていたということだ。

 こんなことが世界に知れ渡ったら、それでも黙るしかない日本は笑い者だ。

 米兵には出て行ってもらうしかない(了)

[amazonjs asin="487498181X" locale="JP" title="「安保」が人をひき殺す―日米地位協定=沖縄からの告発"][amazonjs asin="4886833381" locale="JP" title="沖縄における米軍の犯罪"][amazonjs asin="4791761898" locale="JP" title="沖国大がアメリカに占領された日―8・13米軍ヘリ墜落事件から見えてきた沖縄/日本の縮図"]

コメント1件952

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 今日で、沖縄の在米国軍人の外出や飲酒禁止も解除になりました。沖縄の副知事ではなく、数日前にも飲酒運転があったのであれば、なぜ日本政府は米国の大使を呼んで強く抗議をしないのだろうか。
    米国で公開されている米海兵隊が内部資料に書いた、日本政府のうそが本当であった。沖縄を本土の人と差別しているからこそ、日本政府は米国に沖縄を差し出しているとしか思えません。
    真夜中でなくてよいから、政府が沖縄のことを思うなら、大使を呼んで抗議し、基地をなくす以外解決方法がないことを伝えるべきです。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top