天木直人の公式ブログ

若者に否定された安倍政権は危ういかもしれない 

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ

 メディアが報じる序盤の選挙情勢は、どの報道も安倍政権優勢の報道ばかりだ。

 ところが、きょう6月29日の読売新聞の地方版(栃木県)に、衝撃的な世論調査結果が報じられた。

 すなわち読売新聞宇都宮支局と宇都宮大学が共同で行った大学生545人に対するアンケートでは、安倍内閣の支持率は38%で不支持率39%を下回ったというのだ。

 そして読売新聞のその記事はこう書いている。

 安倍内閣の支持率が一般の世論調査とくらべて低めなのは、集団的自衛権の限定的な行使を含む安全保障関連法への評価が影響しているとみられると。

 これは、宇都宮大学や栃木県に限っての結果なのだろうか。

 そんなことはないはずだ。

 もしそのほかの地域でも大学生を対象に同様の世論調査を行えば、おそらく同じような結果になるに違いない。


 安倍首相は若者に忌避されているのだ。

 若者に忌避される政権に未来はない。

 この世論調査結果は安倍首相にとって衝撃的に違いない。

 そして、野党共闘にとっては勇気づけられる結果に違いない。

 それでも野党共闘が今度の選挙で安倍自公政権に勝てないなら、野党共闘は永久に自公政権を倒せないということだ。

 試されているのは野党も同様なのだ。

 そして、今度の世論調査結果もそれを見事に物語っている。

 支持する政党を問う質問では、無党派層が52%と最も多かったという。

 自民党支持も21%しかなく、民進党支持はわずか3%だったという。

 まさしく若者は、既存の政党を否定し、正しい政策を掲げる政党を、待望しているということだ。

 参院選の後に間違いなく起きる野党の液状化の中で、誰が若者に応える新たな動きの先頭に立つことになるのだろう。

 私の関心は既にそこにある(了)

[amazonjs asin="4062729407" locale="JP" title="偽りの保守・安倍晋三の正体 (講談社+α新書)"][amazonjs asin="448086444X" locale="JP" title="この国を揺るがす男:安倍晋三とは何者か (単行本)"][amazonjs asin="4062199394" locale="JP" title="拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々"]

コメント3件1958

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 選挙の結果はご覧の通り。
    その中でも若者の自民党支持率は群を抜いていたわけですが。

  2. 今回の選挙ほどふたを開けてみなければ結果が見えないものはないと思うけど。
    でも、投票率が上がれば野党も健闘して、低ければ自公が有利という流れは変わらないと思う。
    要するに安倍自民に不満を持つ無党派層が目覚めるのか、眠ったままなのかということに尽きるのだと思う。

    • そもそも眠ってる目覚めてる以前に「安倍自民に不満を持つ無党派層」なんて存在しなかった訳だ

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top