天木直人の公式ブログ

本末転倒の南スーダン自衛隊PKOの駐留継続

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ
Photo by : 朝日新聞DIGITAL 「陸自、邦人退避へ初の陸上輸送 南スーダンでの戦闘受け」 [http://www.asahi.com/articles/ASJ7C66TKJ7CUTFK00Z.html]
Photo by : 朝日新聞DIGITAL 「陸自、邦人退避へ初の陸上輸送 南スーダンでの戦闘受け」 [http://www.asahi.com/articles/ASJ7C66TKJ7CUTFK00Z.html]

 きょう7月21日の各紙が報じている。

 南スーダンの戦闘が激しくなり、ついに日本大使や大使館員がPKOの為に駐在している自衛隊の宿営地に避難したことがわかったと。

 これは異例で異常な事だ。

 大使が避難する状況は、その国との関係において最後の局面だ。

 つまり、その国との関係を一時凍結し、すべての邦人を退去させた後、最後に避難するのが特命全権大使の務めだ。

 ところが、PKOに参加する自衛隊は撤退させず、そこに大使が避難したというのだ。

 政府・外務省は、PKO参加5原則にいう停戦状態はかろうじて保たれているという。

 それでいて、日本部隊は安全性を優先して宿営地にこもり続け、ついにそこに大使まで避難したことがわかった。

 日本の自衛隊派遣は、本来のPKOの役割を放棄して、自らの安全と日本大使の避難場所提供が主要任務となってしまったということだ。

 なぜ、このような本末転倒な事になっているのか。

 その理由はズバリ、南スーダンのPKO活動が、日本の自衛隊の国際貢献の象徴であるからだ。

 しかも安保法の成立によって、自衛隊の海外活動が自衛隊の主要任務となった。

 だからその旗を振り下ろすわけにはいかないのだ。

 それを証明するかのように、きのう7月20日の読売新聞は社説でこう書いていた。

 現在、日本が参加するPKOは南スーダンだけだ。安倍政権の「積極的平和主義」を体現するためにも、陸自の活動は継続するという。妥当な政府の判断だ、と。

 今後の焦点は、安保関連法案の施行を踏まえ、「駆けつけ警護」任務の付与である。現地で国連職員や民間人、他国軍兵士らが武装集団に襲われた場合、陸自部隊が救援に行く事が可能になる、と。

 よくもこのような社説を書いたものだ。

 南スーダンの平和維持のための自衛隊の派遣、駐留継続ではない。

 安保法施行の為の自衛隊の南スーダン派遣・駐留継続である。

 本末転倒の自衛隊の南スーダン派遣だ。

 それを堂々と読売新聞の社説が認めたということである(了)

[amazonjs asin="4004302528" locale="JP" title="海を渡る自衛隊―PKO立法と政治権力 (岩波新書)"][amazonjs asin="4766783042" locale="JP" title="PKOの真実―知られざる自衛隊海外派遣のすべて"][amazonjs asin="4000019120" locale="JP" title="検証・PKOと自衛隊"]

コメント1件2719

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By とら猫イーチ

    日本国政府の認識は、正常ではありませんね。 それとも、自衛隊駐留を正当化したいがために現実に眼を瞑っているのでしょうか。

    既に、12日の段階で現地からの報道では、武力衝突が銃撃以上の規模で生じていることが判明していまして、本日のBBCの報道では、少なくとも500名が殺害された、とのことです。

    既に、内戦状態にあるようです。

    South Sudan leaders order ceasefire as civil war fears grow JUBA | By Denis Dumo
    Reuters World | Tue Jul 12, 2016 11:24am BST
    http://uk.reuters.com/article/uk-south-sudan-security-idUKKCN0ZQ073

    At least 500 killed in South Sudan BBC 20 July 2016 Last updated at 22:34 BST
    http://www.bbc.com/news/world-africa-36851552

    日本国内の事情は、政権の意向を忖度するマスゴミが隠匿するでしょうが、世界の現実は、国民から遮断出来ません。 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top