天木直人の公式ブログ

日中韓の外交力をどう評価すればいいか

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ
Photo by : 外務省 [http://www.mofa.go.jp/mofaj/a_o/rp/page4_002248.html]
Photo by : 外務省 [http://www.mofa.go.jp/mofaj/a_o/rp/page4_002248.html]

 きのう行われた日中韓外相会議のニュースで、きょうの各紙は埋め尽くされている。

 しかし、それを読んでも、一般国民にとっては、日中韓三カ国の関係が改善したのかどうか、さっぱりわからないに違いない。

 それはそうだ。

 これは実態とは無関係の、外交的駆け引きであるからだ。

 おりから北朝鮮が潜水艦ミサイルを発射し、日韓の間では慰安婦拠出金の使途が決まった。

 これらはすべて関連している。

 それでは、これらの動きの裏で繰り広げられた日中韓の外交力をどう評価すればいいか。

 真っ先に考えるべきは、なぜこのタイミングで日中韓外相会談が開かれたか、だ。

 それは、中国で開かれるG20首脳会談が目前に迫っている(9月中旬)からである。

 その前に関係改善の形を整える必要が三カ国にはあった。

 ホスト国である中国は、G20を成功させるために日本や韓国との関係改善を図る努力を示す必要がある。

 しかし、中国の日本や韓国に対する要求、すなわち領海問題や迎撃ミサイルシステムの韓国内配備については、一歩も譲らない。

 そして、北朝鮮のミサイル発射を容認し、北朝鮮の暴走を止めるのは中国しかない、という中国の存在感を見事に示した。

 これはまさしく狡猾な外交だ。

 ひるがえって日本はどうか。

 安倍首相はG20でどうしても習近平主席との首脳会談を行いたい。

 たとえ中身がなくても会談する必要がある。

 国際会議で顔を合わせるのに首脳会談が出来ないとなると、その関係は最悪である事を内外にさらけだすからだ。

 それだけは避けたい。

 そのために中国の領海侵犯に対する抗議を封印し、対話加速を強調する。

 韓国との慰安婦問題についてはベタ降りだ。

 あれほど反対していた日本の拠出金の元慰安婦生存者に対する支払いも、結局そのほとんどが一人につき1000万円の支払いに使われる事となった。

 慰安婦像の撤去は不透明なままだ。

 このようなベタ降りも、中国との対抗上、日韓関係の進展がどうしても必要だからだ。

 これを要するに、日本外交は中身のない事が分かっている日中首脳会談実現のために、ベタ降りしたということだ。

 無益な日中首脳会談の為に実利を尾失う。

 失敗外交の典型である。

 最後に韓国だ。

 韓国外交にとっての最重要課題は北朝鮮との関係改善であるのに、韓国領土内に米軍の迎撃ミサイルシステムを設置し、北朝鮮はもとより中国を激怒させ、朝鮮半島の統一を目指すべき相手に、もうすぐ崩壊する国だと、これ以上ない挑発する。

 朴槿恵大統領の外交は、外交以前である。

 採点不能である(了)

[amazonjs asin="4101367728" locale="JP" title="「日中韓」外交戦争 (新潮文庫)"][amazonjs asin="4166607774" locale="JP" title="日中韓 歴史大論争 (文春新書)"][amazonjs asin="4893086170" locale="JP" title="これだけは知っておきたい日本・中国・韓国の歴史と問題点80"]

コメント2件1236

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 戦後の米国は、琉球国は中国(蒋介石の)に引き渡す約束をして、国民党軍200名が、米軍と共同で琉球政庁舎を占領していた。
    ところが、中国内で国共内戦が発生し、国民党軍は琉球から本土へ転戦したが、共産党軍が中国本土を確保し、国民党軍は台湾に逃れた。
    そこで、米国は困って、琉球の占領を続け、国民党軍が中国本土奪回を支援したが、時すでに遅く、共産中国が国連加盟を認められ、戦勝国として、国連で拒否権を握ってしまった。
    米国は仕方なく琉球に駐留を続け、米国にいいなりになる日本に返還する事にした。
    尖閣を台湾が自国領土と主張する根拠は、米国と蒋介石との約束からであり、中国が尖閣を自国領土と主張するのは、台湾に代わる中国は共産中国だと主張しているからだ。
    米国迎合の外務官僚達に外交力は期待できない。いまだ韓国や中国の外交力のしたたかさに振り回されるだけの日本だ。
    米国が恐れるのは、米国の過去の約束が日中紛争の火種になることだ。日本は尖閣が日本領土だというなら、自衛隊を上陸させ、自衛隊基地を作れば日本人は大喜びするだろう。しかし、過去の経緯から、米国は自衛隊上陸にOKは出せないのだ。

  2. 中国以外はアメリカの脅しに屈服してるんで、しょうがないんでしょう。中国はアメリカと裏で握手してるんで、強気ですよね。ヒラリーに125億円ワイロですってね!スゲエーなァ。0.1%でいいから頂戴(笑)何の意味もない俺にはくれねえわな、、。
    南沙西沙問題なんてのは、ガス抜きとASEANの分断、更に豪州への脅威圧力を狙ったアメリカの狡猾な外交。だってそうじゃなくちゃ何で埋め立て殆ど出来上がるまで何もしなかったのかの説明がつかない。但し、その分中国の原潜が出入り自由になっちゃうんだけど、キッと完全に囲む技術を確立してるんだろうな。尖閣は沖縄の米軍機が大正島を標的にする訓練に出る時は、パイロットは中国名でコールしてる。尖閣を日本が領有してる間は執政権を有してるが、中国が取ればアッチのものと言っているのに等しいんだよね。その間米軍は後方支援なんて、絶対しない。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top