天木直人の公式ブログ

原発政策は不可であると断言したNHK解説委員たち(続)

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ

 読者のひとりから以下のURLで番組が見られるという情報提供をいただいた。

 この番組は国民必見の番組である。

 情報をいただいた読者に感謝するとともに、他の読者と共有したいと思う。

[amazonjs asin="4140883537" locale="JP" title="緊急解説! 福島第一原発事故と放射線 (NHK出版新書 353)"][amazonjs asin="4103340916" locale="JP" title="原発メルトダウンへの道: 原子力政策研究会100時間の証言"][amazonjs asin="4062184206" locale="JP" title="メルトダウン 連鎖の真相"]

(最終更新:2016年8月30日)コメント5件2158

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 5 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. いわゆる「脱原発派のお花畑論」とは違った、現実的な面からの現状の盲目的原発推進政策への見直し提言ですね。

    破たんしている「もんじゅ」の問題を通しての「プルトニウムの保有問題」、国内の右派を中心とした「核抑止力として原発を維持する事」
    への批判、などは、米国の見方を忖度した提言とも言えるでしょう。
    島田鮨解説員の「このままの原発政策のままだと『アメリカから落第点を付けられて』安倍政権にとってマイナスになる」
    という発言が、この番組の裏のテーマとも言えるかもしれません。

    番組での原発政策に関わる発言は、経済的続面(国内の維新系のネオリベと同じ方向性)と対米的側面であり、
    住民の避難計画に国がコミットしないのはおかしいという発言も、「米国では考えられない」と米国との対比で語られています。
    左翼がこの番組を手放しするのが良く分かりませんが、原発を維持したい側にこそ「ヒント」がたくさんあった内容だと思います。

  2. By とら猫イーチ

    申訳ありません。 アル・ゴアは、国連平和賞どころか、ノーベル平和賞でした。 訂正致します。 それにしても厚かましい限りです。 

  3. By とら猫イーチ

    原発に賛成でも、反対でも、詰まりは、お釈迦様の手の平を飛ぶ孫悟空のようであり、何時まで飛んでもお釈迦様の手の平からは、出られません。

    自縄自縛の元は、二酸化炭素地球温暖化仮説です。 実証された科学的事実では無いこの仮説を、科学として前提にした諸々の政策で、如何に国費を浪費したことでしょう。

    原発推進の国家的デマ宣伝の塊として最初に利用したのは、石炭から原子力へエネルギー転換を図った英国サッチャー政権でしたが、諸国がこれに続きました。 勿論、この国も。

    この国では、最悪の状況です。 与党から野党まで、全ての政党・政派が、地球温暖化詐欺を信じているのです。

    その結果は、反原発の立場に立ちつつも、洗脳を溶けないまま、自然エネルギーで原子力に代替する等と、不可能な施策を吹聴しています。

    笑うのは、先を予期して、投資をしている悪党のみ。 

    例の国連平和賞を貰った、ゴア氏は、「二酸化炭素成金」と米国ではネーミングされている程です。

    因みに、この国では、孫氏が、その例に学んでいるのかも。

  4.  読者のコメントもいろいろだと思うが、リオオリンピックの最中ならともかく!視聴者が誰も!ほとんど見ていませんよ!というような【深夜放送枠】で放送する◆NHKのアリバイ作りのような偽善性を感じる。籾井などというNHKのサラリーマン会長も、また他の悪人ならば尚更、ぐっすり安眠しているか?倶楽部で飲んでいる時間だろう。

     NHKに真の公共性があるのなら、深夜枠で放送するのでは無く、日曜日の【日曜討論】かゴールデンタイムの【NHKスペシャル】で放映するべきであろう。

     『同じ深夜の討論番組でも、田原総一朗の司会する与太番組「朝まで生テレビ」とは月とスッポンだ。』と言うが、【深夜放送枠】で放送している時点で、多くの一般国民にとっては、「五十歩百歩」であり、また、善良な一般国民は『政治を云々語ったり』はしないのだ。

     多くの市井の人々は、営々と働いて妻子を養い、家庭を守り、学校で勉強する。
    褒められもせず罰も受けず、ほとんどいい人ばかりです。

     しかし、ほんの一握り悪い人たちがいるようですね。腹が立ってやっつけたいと思いますけど、悪賢くて、口が上手で、他人のせいにするのが上手くて、逃げ足が速くて、偉い人と繋がっていて、ほんっとにどうしようもありませんねえ現実は、そんな人間たちの多くが、政治家になっているのだ。

     その悪人の罪状について語るということが、政治を語るという事なのだ。

  5. よくまァ、籾井が「止めろ。止めろ!映すな!」と飛び込んで来なかったもんだな(笑)
    政府が右と言っているものを完全に左と言ってしまったぜ!(笑)
    流石に生放送じゃ手が出せなかった?でもどういう番組を流すかは知ってた筈だよな。そうなると矢張りこれは、モミイの反乱と考えても不思議じゃないだろう(笑)
    解説委員がこのスタンスでこれからの番組で発言を続ければ、国民の考えに相当なインパクトを与えるのは間違いがない訳で、残るはそういう番組をNHKとして作り続けられるかどうかに掛かっていきますね。
    ガンバレ解説委員(^^♪首にならないように、、。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top