天木直人の公式ブログ

野党は選挙協力より国会質問の協力をしてみせろ

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ

田中角栄 臨時国会が9月26日から始まることが決まったらしい。

 今度の臨時国会は重要だ。

 安倍政権は内政・外交で行き詰まっている。

 それにもかかわらず共謀罪法案やTPP条約案など強行するだろう。

 野党が国会質問でバラバラでは防ぎきれそうもない。

 野党は国会質問で共闘し、国会質問で追いつめるのだ。

 ただでさえ持ち時間の少ない野党だ。

 同じ質問を繰り返したり、自分の政党の手柄を誇示したりするのではなく、分担、分業し、安倍暴政追及の一点で一致協力するのだ。

 国会を面白くするのはそれしかない。

 それが出来ないようではいくら選挙協力しても意味はない。

 選挙協力して自らの議員を少しぐらいふやしても意味はない。

 まず国会質問で野党は共闘すべきである(了)

[amazonjs asin="4480069038" locale="JP" title="「野党」論: 何のためにあるのか (ちくま新書)"][amazonjs asin="4781650686" locale="JP" title="野党という病い (イースト新書)"][amazonjs asin="B01EUK5RYO" locale="JP" title="なるほど! 選挙に出てわかった 野党が勝てない理由"]

(最終更新:2016年9月3日)コメント1件801

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 正に、おっしゃる通りです。
    経済、特に庶民生活の疲弊がひどいわが国の現状を考えても、モタモタしている時間の余裕などない状況にありますね。国会の野党議員の諸君も、こうした真の正論に耳を傾けるべき時です。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top