天木直人の公式ブログ

野党は核兵器禁止国連決議に反対した安倍内閣に総辞職を迫れ

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ

 日本が核兵器禁止条約の交渉開始を求める国連決議に反対した.

 きょう10月29日の各紙は、それを報じる記事と言い、社説といい、識者の言葉といい、どれも一斉に厳しく批判している。

 それほど大きな外交失策であったということだ。

 なにしろ戦後70年、唯一の被爆国を掲げて世界に示してきた外交のすべてを失う歴史的失策である。

 しかし、ここで私が書きたいのは、批判を繰り返す事ではない。

 国会会期中におかしたこれほどの大失策であるにも関わらず、野党の国会追及がまるでぬるい。

 安倍首相はきのう10月28日のTPP衆院特別委員会で、「簡単な判断ではなかった。被ばく国だからこそ、現実に核なき世界に向かって世界を進めていきたい」と答弁したらしい。

 民進党の緒方林太郎議員の質問に答えたという。

 安倍首相がこのような間抜けた答弁をする事については、もはや驚きも、怒りも感じない。

 しかし、よくも野党の緒方林太郎議員は、こんな答弁をされて、聞き流したものだ。

 共産党や社民党は何をしているのかと思ったら、きょう10月29日の毎日新聞の記事で知った。

 志位和夫共産党委員長はツィッターで「米国の圧力に屈して反対したのは情けない対応だ」と批判したという。

 国会でこそ追及すべきだ。

 護憲政党はもとより、野党はいまこそ共闘して安倍首相に内閣総辞職を迫るべきだ。

 少なくとも岸田外相の罷免だけは勝ちとらなければいけない。

 それほど大きな外交失策なのである。

 かつての政治ならそれが起きた。

 今の政治はあまりにも平和外交の重要さについて鈍感になってしまった。

 安倍首相がやりたい放題の外交ができるはずだ。

 岸田外相が意味不明の釈明を平気で出来るはずだ。

 何よりも、稲田防衛相が防衛相にとどまっていられるはずである(了)

コメント3件1406

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. >護憲政党はもとより、野党はいまこそ共闘して安倍首相に内閣総辞職を迫るべきだ。
    >少なくとも岸田外相の罷免だけは勝ちとらなければいけない。
    >それほど大きな外交失策なのである。
    まあ皆さん色々な見方がおありとは思いますが、私はこうして天木大使がおっしゃった通りだと思います。
    先ごろハリウッド製作の「ゴジラ」で日本人科学者を演じた渡辺謙さんが、今回、日本が国連で取ったこの訳の分からない姿勢に疑問を呈されたとハフィントンポスト日本語版で報じられていますが、彼はあのフクシマ事故の後、東北地方の地元で飲食店経営を支援したりと、原発の脅威を真剣に考えている人物ですし、今回の核兵器問題についても当然、疑問を言あげせざるを得なかったでしょうね。彼のように世界的に著名な日本人俳優は今では数少ないですし、こうして時々、彼が貴重な言あげをしてくれるので多くの日本人が救われていると私は思いました。
    別にハリウッド映画ばかりがすばらしいわけではありませんが、衆知を結集して世界市場に商品を輸出しているハリウッドの言う事は、一応、耳を貸す価値もあります。特にこの「核兵器」問題は、ハリウッド映画でも何度も話題にされて来たはずですが、私個人としてはあの「ハリー・ポッター」シリーズで描かれる「究極の武器」の事を、もっと日本の政治家は考えてみるべきだろうと思います。その最後の所で明かされる3つの「死の秘宝」の物語には、究極の威力を持つ魔法の杖「ニワトコの木の魔法の杖(ニワトコの杖)」が登場します。これ以上ない攻撃力を持つ魔法の杖を入手した伝説上の人物は、しかしその究極の威力の武器のゆえにある晩「寝首を搔かれる」という形であっけない最期を迎えるわけで、笑ってしまいます。しかし、核兵器のような「最強の攻撃兵器」なる物は所詮、同程度の「魔法の杖」に過ぎないわけですね。
    勿論、今の世界の核武装国(これには北朝鮮も含まれるようですが)はそれを百も承知ですが、これまでも懸念が語れて来たように、核兵器はいずれ「流出」の危機もあり得ます。それならば、今こそ国際条約体制を構築して「禁止」してしまうのが最も普通のことのはずですね。しかし、なぜか「唯一の被爆国」であるはずのわが国の内がそれに「反対」した、とは末代までの笑いぐさになりそうです。
    北朝鮮の核兵器についてはそうでもないかも知れませんが、たとえばロシア政府のように、現実にどこかの近隣国(わが国を含む)に対する「核攻撃」をチラつかせる核武装国も存在するでしょう。現実には、核兵器の脅威は「今そこにある危機」であり続けているわけですが、そのロシアは、アメリカの大統領選挙が近付く中、地中海に向かって空母など海軍艦船を派遣した、と一部では話題になっている最中です。
    地中海、ことにロシア軍の唯一の海軍基地を擁するシリアをめぐって、今、アメリカとロシアの間で世界大戦が……などと危機感をあおる声もツイッターその他、インターネットにあふれて来てはいるようですね。実際、大統領選のため、それ以外にいは何も出来そうにないオバマのアメリカの現状を踏まえ、ロシアは西ヨーロッパで冒険主義政策に出ていると見るロシア問題専門家も出てはいます。最近、下のような記事をイギリス新聞「タイムズ」に寄稿したエドワード・ルーカスがそうでしょうが、彼はイギリスの雑誌「ザ・エコノミスト」で執筆している人物です。タイムズ新聞がのせた彼の「Putin: fully loaded and highly dangerous」は、ロシアが有する多数の戦術核兵器は、いつ西ヨーロッパで実戦使用されてもおかしくはない状況、という趣旨の警告をしてはいます。http://www.thetimes.co.uk/article/putin-fully-loaded-and-highly-dangerous-vgfsss7pd (なお同サイトで記事の全文を読むには「登録」を求められるようです)
    E・ルーカスは、有名なウィキリークスはロシアがハッキングしたもの、それに対抗して最近、暴露された「スルコフ・リークス」はウクライナとアメリカがハッキングでお返したもの、という見方を取っており、その点では異論がありそうです。しかし、いつでも核兵器を使う、という姿勢でロシアが一種、脅しをかけ続けて来た最近の歴史については、あまり異論はないでしょう。こうした安易な姿勢の核武装国の核兵器は、やがて「流出」する羽目になるのではないか?という気はして来ます。
    そんな問題が起きないようにするには、今こそ核兵器禁止条約を国際的な体制として構築するしかないのですが、安倍内閣のやった事は……。まあ、安倍内閣は洒落にもならない「反対票」を今回、投じてしまったものです。ニワトコの木の魔法の杖……核兵器はそれと同等の「兵器」でしかない、そんなシロモノだという認識は今の安倍内閣も少しは持ったらどうか、と言いたい今日この頃です。
    何やら今、そのロシアのプーチン大統領の訪日を目前にして、どうやら喧伝されていた「北方領土返還」は「2島返還」さえ出来なくなったとの報道が今、浮上しつつありますね。あちこちでこれまで安倍内閣が続けて来た「手ミヤゲ持参外交」で、そのロシアにも巨額の経済「援助」なるものが約束されていると報じられているわけですが、そこら辺もトンデモない外交失策そのものでしょう。エリツィン元大統領の時代はおろか、旧ソ連時代から言われ続けて来たはずの「2島返還」さえ実現できないなら、何のための「経済協力」か?と今、国会の野党議員諸君は安倍内閣を叱咤するべきではないかと改めて思いました。

  2. 安倍政権は核兵器廃絶を願ってません。中国でさえ棄権に回ったのです。
    TPPは日本のためにならなくっても、米国による大きなブロック経済圏を作り、政治的、軍事的支配権を獲得し、世界で優位を保つためです。そして最近は、経団連会長も、世耕大臣も日本・中国・韓国の自由貿易協定を早くと言い出しています。
    TPPの目的は中国への封じ込めであった筈ですが、むしろ、ロシアに対してこの地域との自由貿易協定を結ばれることを阻止する狙いに変化したのでしょう。
    何がなんでも強行採決しなければいけない邪悪な意味がありました。TPPの何も答えられない勉強していない大臣答弁でも、問題になることはありません。どれだけ国民をバカにした政治をしても民意も動かないのでは、1930年代に日本や世界でおきた、同盟といいながら、実は、曲者のトップセールスやら保護主義が強くなった時代に逆戻りです。軍事機密もあるからと下々のものには真実の情報を知れせてはいけないのです。そのような動きから何が起きたかをまったく反省していない政権に政治を任せているのです。
    歯がゆいことです。新党憲法9条の広がりを大いに期待して、核兵器禁止条約に賛成する庶民の日本を取り戻したいです。

  3. 天木さん頭大丈夫ですか?
    国会に共産党議員どんだけ居るんですか?
    こういう発言をする前に、「共産党・自由・社民の議員」を増やそう!と云うべきなんじゃないですか?
    衆参両院別々に50人ぐらいづつ居るなら、それなりの声になりますが、10人づつもいない状態でどんだけ大きな声になると思っているんでしょう?
    民進党?あんなのは「ゆ党」でしょ(笑)自分たちに都合が良ければ、与党にでも野党にでもなる「鵺党」ですから、期待してません。それより早く消えて欲しい。国民もズルズル引き摺られずに、覚醒して欲しいんですがね、、。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top