天木直人の公式ブログ

さっそく小池百合子に近寄った安倍昭恵夫人

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ

 きょう10月31日発売の週刊現代が「スペシャル対談がついに実現!」という鳴り物入りで、小池百合子東京都知事と安倍昭恵首相夫人の対談記事を掲載している。

 その内容は週刊現代に敬意を表してここでは引用しない。

 私がここで言いたいのはさっそく昭恵夫人が小池百合子に近寄ったということだ。

 家庭内野党と称しながら安倍暴政の手助けをしていることがもはやばれてしまった昭恵夫人が、このタイミングで小池百合子に近づいたのは、安倍首相が小池百合子の動向を気にかけている証拠だ。

 対談でも、昭恵夫人がそれを随所ににじませている。

 それにしても安倍首相はおかしい。

 ここまで昭恵夫人に好き放題させていいのか。

 対談中に昭恵夫人はこう述べている。

 「今は大麻に興味があるんです・・・もちろん吸うわけではありません。一つは医療用。もうひとつは祈祷用。現在神道の祈祷で使われている麻は、ほとんどが中国製ですが、日本古来の神とつながる精神性を得るためには、日本製の麻を使う必要があると思うんです。『日本を取り戻す』ことは、『大麻を取り戻す』ことだと思っています」

 首相夫人だからといって何をやっても、何を言っても許される、メディアが取り上げてくれる、と考えるのは、傲慢だ。

 傲慢は安倍首相だけで十分だ(了)

コメント3件1675

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 天木さんは、失礼ながら「をんな」にはいつもあまい。甘木さんといはれますよ。
    安倍氏と不仁を譬へるなら、シェクスピアの「マクベス」夫婦でせう。
    いくら洗つても手の血は落とせないと・・・。

  2. 首相夫人は首相ではないのです。よく社宅で部長夫人が部長以上に振る舞うのに似ていますね。
    内助の功というのは大切ですよ。夫人は居酒屋さんを開いているようですから、今国会で強行採決をしたがっているTPPでは、輸入食品・食材の添加物や遺伝子組み換え、肥育食材の安全性や表示義務など、人の生命にかかわることが大いに問題になっています。それらをうやむやにして強行採決などは、すべきでないことを食べ物を提供する居酒屋を開いている夫人だからこそ、夫の首相にアドバイスできるのでは。稲田大臣が野党の時にTPPの終着点は日本文明の墓場だと述べているそうですが、防衛のことよりよくお分かりになっているようです。TPPは決して日本人のためになるものではないことが、次第に庶民にも明白になってます。

  3. 天木氏も、この女の正体を理解された様で、安心しました。
    以上

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top