天木直人の公式ブログ

2016/11

Month

お知らせ

そっくりそのまま安倍首相に当てはまる朴氏「不通政治」の孤立
1165

そっくりそのまま安倍首相に当てはまる朴氏「不通政治」の孤立

 朴槿恵大統領による韓国政治の混迷を伝える報道の中で、きょう「11月30日の朝日新聞に「『不通政治』朴氏の孤立」という見出しの大きな記事が掲載されていた。 何の事だろうと思って読んでみると、その意味はこういうことらしい。 今回、朴槿恵大統領が最も批判を浴びた理由は、不通(意思疎通の不在)と言われる政治手法だった。 周囲...
「理想を追う事をやめた指導者」に安倍首相を加えない田原総一朗
786

「理想を追う事をやめた指導者」に安倍首相を加えない田原総一朗

 発売中の週刊朝日最新号(12月9日号)の連載「ギロン堂」で、田原総一朗氏が、すでに皆が言い尽くしたことを、あたかも重要な事のように書いている。 トランプを勝利させたのは、「理想を追うことをやめた世界」だと。 そもそもトランプ氏当選の原動力は、米国の理想であったグローバリズムが行き詰まり、その矛盾に耐えきれなくなった多...
ここまでやるか、と思わせる70歳医療費負担増
856

ここまでやるか、と思わせる70歳医療費負担増

 きょう11月29日の朝日新聞が一面トップで書いた。 厚生労働省は70歳以上が支払う医療費の自己負担額について、住民税を払っているすべての人(単身なら年収155万円以上)を対象に、引き上げる方針を固めたと。 すでに引き上げを決めている現役世代並みの所得がある人に加え、年収370万円未満の約1200万人も対象になると。 ...
やはり安倍独断外交は大失敗だったことを暴露した週刊現代
3360

やはり安倍独断外交は大失敗だったことを暴露した週刊現代

 安倍首相が国会でどんなにウソ、強弁を重ねても、そして、それをなさけない野党が止められなくても、世界を相手にした外交では、安倍首相の軽薄な独断外交はまるで通用しない。 それを見事に証明してくれる記事を、きょう11月28日発売の週刊現代12月10日号が書いた。 「トランプとプーチンになめられて安倍官邸大パニック 実況中継...
戦争で殺される前に生活苦で殺されることになる日本国民
1641

戦争で殺される前に生活苦で殺されることになる日本国民

 軍事力を強化して日本の安全を守ろうとする主張に対し、私が決まって繰り返す反論の言葉がある。 そんなことをすれば、我々は戦争で殺される前に生活苦で殺されることになる、という言葉だ。 まさしくそれを裏付ける報道を、今朝11月27日の読売新聞が行った。 読売新聞は一面トップで、安倍政府は2016年の第三次補正予算を編成する...
パナマ文書に私の名前が見つかった件について
1973

パナマ文書に私の名前が見つかった件について

 私は、NHK,朝日新聞、共同通信の記者たちから、ここ一週間、ほぼ時を同じくして立て続けに事実確認を認める取材を受けてきました。詳しくは、こちらをご覧ください。 
日本の政治崩壊を見せつけた11月25日の衆院厚労委員会
1103

日本の政治崩壊を見せつけた11月25日の衆院厚労委員会

 安倍政権の破綻は、外交では、習近平の中国と、プーチンのロシアと、そして何よりも米国にトランプが登場した事によって、完全に露呈してしまった。 しかし、安倍政権の破綻は、内政においてこそ、もっと明白で深刻だ。 きのう11月25日の衆院厚労委員会で年金制度を改革する関連法案が強行採決された。 この関連法案は、年金制度の改革...
まるで関心が高まらない二つの重要な会議とその理由
780

まるで関心が高まらない二つの重要な会議とその理由

 これ以上ない歴史的に重要な二つの会議が同時並行的に行われているのにまるで関心が高まらない。 衆院憲法審査会と天皇退位をめぐる有識者会議だ。 国民の目から隠されているわけではない。 どちらも新聞が大きく取り上げている。 それにもかかわらず、議論は一向に盛り上がらない。 深まらない。 だから国民的関心も高まらない。 なぜ...
「天皇の仕事は祈る事である」と言った渡部昇一上智大学名誉教授
1439

「天皇の仕事は祈る事である」と言った渡部昇一上智大学名誉教授

 天の陛下の「退位」をめぐる有識者会議が始まってひさしい。 こほど重要な歴史的鍵だというのに一向に盛り上がらない。 なぜか。 それはあのお言葉で天皇陛下が国民に問いかけた事がまるで議論されていないからだ。 あの時天皇は象徴天皇としてどうあるべきか、みずからそれを模索し、実践してきた、それを国民とともに考えたいと述べられ...
いまこそ新党憲法9条が必要だと喝破した宮台真司と白井聡
1063

いまこそ新党憲法9条が必要だと喝破した宮台真司と白井聡

 きょう11月25日の朝日新聞のオピニオン頁「耕論」で、社会学者の宮台真司氏と政治学者の白井聡氏の二人が、トランプショック後の日本について語っている。 二人に共通する認識は、「保護者なき日本」の迷走だ。 すなわち、宮台氏は要旨次のように語っている。 僕はトランプの勝利を待ち望んでいたと。 なぜなら対米従属という日本最大...
Return Top