天木直人の公式ブログ

山本農水相を更迭するかしないかでわかる安倍首相の強気度

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ

 何度でも書く。

 私が安倍首相なら山本農水相をベストのタイミングで更迭する。

 もはやTPP承認阻止には山本農水相の更迭を要求するしかない野党だ。

 更迭要求に応じてあっさりTPPを承認させた方が得策だからだ。

 しかし、いまでも安倍政権は更迭しないと言っている。

 それを見た野党は勢いづいている。

 茶番だ。

 しかし、ひょっとしたら安倍首相は山本農水相を更迭しないままTPPの強硬採決に踏み切るかもしれない。

 そんなことをする安倍首相は愚かだ。

 しかし愚かだ、同時に安倍首相は徹底して強気だということがわかる。

 何をやっても野党には負けない。

 早期解散・総選挙も辞さないということだ。

 それでも野党はなす術がない。

 これが今の政治状況である(了)

コメント4件1594

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 安倍首相は、衆参議院で維新を合わせて2/3以上を自公で確保しているから、誰がなんと言おうと、へのカッパですよ。大臣辞任とか、解散とか、自公維新の数が減ることなど考え無い。あわよくば、民進党が割れて、自民族が自民党へ流れる事を考えているのだ。
    小心者の安倍氏は、維新を引き留めるため、パチンコ、ゲーム業界の利権を維新に認める振りして、公明党が反対するカジノを全国に展開する深謀遠慮だ。公明党は維新に与党の座を取られたくなく、安倍に擦り寄るしかない。

  2. 風子さんのコメントで気が付いた事が有ります。
    日本維新の会がカジノに熱心な理由。大阪の橋下前知事、全市長の盟友と言われた、2013年9月4日付の通知で、国歌斉唱時に口の動きをチェックする規定を設けたことで物議をかもし、又、職員らへの発言が「パワーハラスメント」と認定された騒動の責任を取って、辞職した中原徹教育長が。
    大阪市の夢洲にカジノ誘致を目指すセガサミーホールディングス株式会社に天下ったと伝えられていましたが、この噂は本当のようですね。いよいよ動き出したらしいですね。セガサミーホールディングス株式会社の思惑が透けて見えます。
    既に2014年4月、大阪府の松井一郎知事は、カジノを設置した統合型リゾート(IR)の候補地として、夢洲を推す事を表明しております。

  3. 安倍政権は何をやってよいと思っている。
    米ハードロック社長日本でカジノ参入を検討-ブルームバーグのインタビューニュース
    カジノ法案は、観光立国を目指す安倍政権の下で自民が2013年に国会に提出したが衆議院解散で廃案となり、15年4月に再提出され、継続審議となっている。依存症の問題もあるが、経済効果を期待する声もある。法案が付託されている衆議院内閣委員会の秋元司委員長は11月2日、早期審議入りを日本維新の会が提案していることを明らかにした。
    日本人と訪日客がともにカジノの顧客になるとみている。具体的な場所や投資金額は言及を避けた。数か月前にはアメリカの豪華客船で中国の客を寄港させるための港湾施設を作るように要望していた米国の会社もあった。
    日本はどこの国だろうと思う毎日です。偽野党の台頭で、与党の数が増えただけです。悲しい日本の現実です。国民のための新党の必要性を多くの人が感じてほしいのです。

  4. アベはTTPに関連の深い農水相である、山本農水相をTTP法案を可決前に更迭しても何の利点はない。可決後ならガス抜きと、石破派である山本の首を切るのは、願ったり叶ったりであろう。うがった見方をすれば、山本は故意に騒動を起こしたとも取れない、石破氏にとっては、大臣枠が一つ減る以上に、アベに借りを作る、頭の痛い結果となるのでは。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top