天木直人の公式ブログ

パナマ文書に私の名前が見つかった件について

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ

 私は、NHK,朝日新聞、共同通信の記者たちから、ここ一週間、ほぼ時を同じくして立て続けに事実確認を認める取材を受けてきました。

詳しくは、こちらをご覧ください。

 

コメント4件2977

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1.  NHKでは既に27日(日)PM09;00~ NHKスペシャル「追跡 パナマ文書 衝撃の“日本人700人”」として放送しました。
     (録画を流し見しただけなので正確なことは言えませんが)放送では、「リストアップした元外交官や大企業の経営者、芸能関係者などを次々あたった。……」としか言っていませんでした。元外交官と言う表現がおそらく天木さんのことと思われます。
     「追跡を続ける」と言っていましたが、美術品取引をめぐる新たな疑惑などを追跡するのだと想像します。

     興味のある方は、30日(水)AM00:10~再放送があるようです。
     NHKオンデマンドでも配信されるようです。(もちろん有料)

  2. 先程送信したコメントした前半部が間違って消えていましたので送付いたします。前半部に追加願います。
    先に投稿されている、コメントの末尾に、この方の以下の考えが述べられています。の次に、、
    <多くの一般国民が共感して新党「9条」を支援し始めているわけでもありますが……>
    多くの一般国民が共感。。。とありますが全く、事実と異なった見解であると思います。天木氏本人も25日のブログで自覚されていました。
    又続いて、<ともあれこの「取材」の結果、上の「報道」メディアが天木大使と新党「9条」をどう扱い、盛り上げてくれる(?)か、私もその成り行きに注目しようと思います。>
    を追加お願いいたします。

    と他人事のような日和見的な無責任な言葉が有りますが、

    私は、この方の、日和見ではなく、天木氏の釈明を拝見し、この件は、別に大した、ことではないと思います。
    然し、権力側は権力に歯向かうものは、マスコミに取り上げさせ、反対勢力を悪だと決めつけることにより、マスコミにより、悪人のレッテルを張られるとそれは訂正できません。小沢一郎等々を潰してきました手口です。どんな細かな事でも、出来るだけ潰したいので、その標的にされることはある可能性はあると思います。
    私は、勿論、日和見者で無く、天木氏を信じております。
    しかし、次の点で、天木氏と考えが全く異なります。
    天皇に関してです、天木氏はあなたのブログを拝見している限りにおいて、相当な天皇崇拝者のように見受けられます。
    私は、天皇と平和憲法9条は戦前、戦中、戦後の歴史認識や現在国民会議等が推し進める天皇制に関しても当然、全く相いれない危険なものと考えております。
    出来ましたら天木氏が天皇を崇拝する、その理由をお伺いできればありがたいです。
    最後に、新党憲法「9条}に関しては、前回の選挙では、あれだけ注目された小林節氏も駄目であったし、平和憲法にしてもそれを支持した、旧社会党等も散々な状態でした。従って、選挙に立候補して、天木氏の意見を、選挙で国民に発信する目的ならいいですが。それでも、十分費用対効果を検討されて立候補されることをお願いいたします。
    以上よろしくお願いいたします。

  3. 先に投稿されている、コメントの末尾に、この方の以下の考えが述べられています。

    と他人事のような日和見的な無責任な言葉が有りますが、
    私は、この方の、日和見ではなく、天木氏の釈明を拝見し、この件は、別に大した、ことではないと思います。
    然し、権力側は権力に歯向かうものは、マスコミに取り上げさせ、反対勢力を悪だと決めつけることにより、マスコミにより、悪人のレッテルを張られるとそれは訂正できません。小沢一郎等々を潰してきました手口です。どんな細かな事でも、出来るだけ潰したいので、その標的にされることはある可能性はあると思います。
    私は、勿論、日和見者で無く、天木氏を信じております。
    しかし、次の点で、天木氏と考えが全く異なります。
    天皇に関してです、天木氏はあなたのブログを拝見している限りにおいて、相当な天皇崇拝者のように見受けられます。
    私は、天皇と平和憲法9条は戦前、戦中、戦後の歴史認識や現在国民会議等が推し進める天皇制に関しても当然、全く相いれない危険なものと考えております。
    出来ましたら天木氏が天皇を崇拝する、その理由をお伺いできればありがたいです。
    最後に、新党憲法「9条}に関しては、前回の選挙では、あれだけ注目された小林節氏も駄目であったし、平和憲法にしてもそれを支持した、旧社会党等も散々な状態でした。従って、選挙に立候補して、天木氏の意見を、選挙で国民に発信する目的ならいいですが。それでも、十分費用対効果を検討されて立候補されることをお願いいたします。
    以上よろしくお願いいたします。

  4. >NHK,朝日新聞、共同通信の記者たちから、ここ一週間、ほぼ時を同じくして立て続けに事実確認を認める取材
    件の「パナマ文書」を調査中の何とかいう団体は、朝日新聞社と共同通信社が参画していると記憶していましたが、NHKも参加していたという事でしょうかね?他の報道メディアからの「取材」がないのは残念(?)な気もしますが、よくある話で「誰それを陥れろ、と権力者がメディアに指示した」などという背後事情があっての「取材」ではなかった事を祈りたいものです。何しろ、新党「9条」が結成されてからほぼひと月になる今も、未だに上のような「記者クラブ」加盟の「報道」メディア各社は、天木大使に新党「9条」について取材した者がないようですので……。
    私個人としては、安倍首相が国会答弁でまでその名をあげた「日刊ゲンダイ」こそ、その嚆矢となってほしいと思っておりますが、日刊ゲンダイ誌もまだこの新政党について何かを報道しなければ、と考えてはいないようで、全く残念な限りです。まあ日刊ゲンダイ誌は、数年前の選挙の時でしたが、民主党(当時)の広告を掲載していたりもしておりました。そんな商売上の都合もあるので、民主党・民進党その他、潜在的な出稿者・広告主でカネを出してくれる「お客さん」に当たるような政党にとってのダメージないしライバルとなる(本物の)国民的(インターネット)政党がわが国に誕生したなどという事実は、あまり誌面で一般の市民に報道したいとは考えないのでしょうね。残念な「政治」文化がメディアを支配している国、それがわが日本国、という事のようです。
    今度の「取材」攻勢が、誰か政界に潜む権力者で新党「9条」と天木大使を脅威だと考えている者たちの差し金かどうか、それはまあ分かりませんし、上の各社が今度、何をどう報じるのかも不明です。しかし、かりに悪口を報道されたとしても、広報・宣伝(PR・AD)の分野には、昔から「悪名も有名の内」という法則・格言がありますね(「There is no such thing as bad publicity」)。かりに、今回の「ネガキャン作戦」を指示した権力者が上の各「報道」メディアの背後にいたとしても、新党「9条」はそれを逆に「わざわい転じて福となす」と逆用して行けば良さそうです。
    私個人はむしろ、そうしていつの間にやら登録抹消されてしまった会社に下ろした資本は回収できないのか?、相手の中国人に一部でも返還してもらう事は出来ないのか?と、貴重な財産を取られてしまったらしい事の方が気になりました。タックスヘブンは元々、カネを「増やす」ために投資するわけで、天木大使のその「会社」のように、パートナーが「ドロン」したりするための場所ではないわけですから……。その人物が大金を持ち逃げしたわけではないにしろ、この中国人のパートナー氏は情けないビジネスマンだった、と言うしかありません。
    まあ今回、別件とはいえようやく(?)「取材」に訪れた「報道」メディアの各社も、件の会社が事実上、倒産しており、下ろした資本もなくなってしまったらしい、と分かっては「ヌカにクギ」の気分だったでしょう。先日、アメリカ大統領選の「延期」という米国のネットマガジンの情報を当ブログで紹介し、撤回された天木大使でしたが、この会社への投資金の問題のようにやや「だまされ安い」部分がおありな点は、私個人としても懸念の材料です。まあそうした人徳に、多くの一般国民が共感して新党「9条」を支援し始めているわけでもありますが……ともあれこの「取材」の結果、上の「報道」メディアが天木大使と新党「9条」をどう扱い、盛り上げてくれる(?)か、私もその成り行きに注目しようと思います。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top