天木直人の公式ブログ

やはり安倍独断外交は大失敗だったことを暴露した週刊現代

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ

 安倍首相が国会でどんなにウソ、強弁を重ねても、そして、それをなさけない野党が止められなくても、世界を相手にした外交では、安倍首相の軽薄な独断外交はまるで通用しない。

 それを見事に証明してくれる記事を、きょう11月28日発売の週刊現代12月10日号が書いた。

 「トランプとプーチンになめられて安倍官邸大パニック 実況中継」という記事がそれだ。

 その記事を書いた記者に敬意を表し、そして、一人でも多くの国民がこの記事を読むことを期待して、ここでは詳細には触れないが、たとえば次のくだりを引用するだけで十分だ。

 安倍首相がまっさきにトランプと会談することを知ったケネディ駐日米国大使は「来年1月20日までは、オバマ大統領が唯一の米国大統領だ!」と激怒したという。

 そしてトランプに猛抗議したという。

 以後、他国の首脳らがトランプと会談しなかったのは、安倍首相がトランプに特別扱いされたからではまったくなく、トランプが、「もう二度とやらない」とホワイトハウスに詫びを入れたからだと言う。

 それはそうだろう。

 すべてはオバマの為に働いたケネディ大使だ。

 トランプだけは大統領にしてはいけないと、最後は嫌いなクリントンを応援したオバマだ。

 それなのに、安倍首相は、手のひらを返したようにオバマからトランプに乗り換えたのだ。

 オバマとケネディが怒らないはずはない。

 そして、今のトランプが最優先することは、オバマ政権からの円満な権力移譲だ。

 トランプが安倍よりオバマを優先するのは当たり前だ。

 プーチン大統領訪日の無残な失敗も、やはり安倍首相の独断外交のなせるわざである。

 そもそも4島返還はおろか北方領土返還などびた一文あり得なかったのに、「総理の故郷山口に招待するから返せ」といわんばかりのピント外れ外交は、はじめから失敗に終わる事はわかりきっていたのだ。

 それなのに、うまくいきそうだと自らの都合のいいように勝手に解釈し、国民を欺き、経済協力と引き換えに、主権問題を棚上げして事実上の二島返還でごまかせばなんとかなると考えた。

 この10月に死去した「ミスター北方領土」と仰がれた丹波實元駐ロ大使は、「北方領土の帰属をロシアに引き渡すな」との遺言を残して死んでいったという。

 一方のロシアは、「2018年に大統領選挙を控えているというのに、領土問題なんか、出せるわけないだろう」と伝えていたという。

 NSC局長に抜擢された外務省OBの谷内正太郎がすっかり安倍首相の傀儡になって影響力をふるうため、外務官僚は安倍・谷内独断外交に従わざるを得ず、すべてが行き詰まってしまったのだ。

 辞表を懐に入れた外務次官が、外務省の組織を挙げて正しい外交を進言するのなら格好が良かったのに、実際はその逆に、次官になりたいがために、怒られながら右往左往して従う。

 私が繰り返し書いてきたとおり、外務省は安倍・谷内独断外交に完全に破壊されてしまったのである。

 その週刊現代の記事はこう締めくくっている。

 「トランプになめられ、プーチンになめられ、安倍外交はいよいよ「崩壊」に向かいつつある、と。

 その通りである(了)

コメント3件4222

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. プーチン大統領来日に関して、アベが山口に呼んだことに関して、私は、アベの外交の私物化のように解釈していました。
    しかし、あるサイトを見ていると、東京での会談は、欧米のロシア排除の関係から、欧米とロシアの関係を無視しては、出来ないという見解もあるみたいで。もし東京で会談するなら、元首である、プーチン大統領を国際会議等でなく2国間交渉でもてなすことは。現在の状況で欧米から許されるかという問題が有り。日本にはプーチンをもてなす元首はいませんが、今までの慣例として、天皇が外国の元首をもてなす国事行為ではないが、公的行為としてプーチンをもてなす必要も出てきます。アベ政権はこれを避けるために会談を山口に設定したと説明していました。
    然し。私には理解のできない点が4点あります。
    1)プーチンは全く東京に入らないことはないと思います。
    2)東京に入れば、天皇が公的行為として、プーチンを持て成すのか。
    3)上記1)や2)の場合プーチンを持て成さなければ、この非礼をプーチンは受け入れるのか。
    4)もし、プーチンを元首として、もてなした場合、欧米と日本の関係はどうなるか。米国はオバマからトランプに変わるので早期にしないかもしれませんが。オバマ、クリントンラインであれは相当印象は悪くなったでしょう。

    私は情報不足でこれらの判断はつきません。欧米、ロシア、日本の三者の駆け引きや反応がどうなるのかも判断できません。

  2. 安倍首相は無残だと思う。
    一連の失敗続きにはそれなりに原因・理由があるものだ。政治家や官僚の世界を知らない自分らにも言えそうなことがある。

    思うに安倍さんは、外交や経済の世界では「瓢箪から駒」のようなことがあると本気で信じている節がある。少なくともその度合いが、普通人のレベルを超えているのではないかと訝しむ。

    外交も内政も、基本は多数の叡智の集積と結集が生み出す理路の積み重ねによってしか乗り越えられないものだ。彼はこのことを受忍するのを頑なに嫌っているように見える。この傾向にありがちなごとく短慮と性急さに支配され、結果として、ほとんどが裏目に出ているというのが現実ではなかろうか。

    少なくとも自党の先人たちの行跡、実績だけでも正しく評価することがまず一つだし、さらに喫緊不可欠なこととして、もう少し恃む相手を広げ、好き嫌いでなく数多くの智者や本物の専門家から指南を受けるというのが叡智だろう。

    いまの彼の余裕のない表情、限度を超えそうな感情の奔逸とその抑制による緊張状態に押しつぶされている、と見透かされる物腰と言葉づかいは見るに堪えない。

    つぎのさらに悪い状態に移行しないことを祈る。
    彼の無残を国民の災厄にしてほしくない。

  3. >トランプが、「もう二度とやらない」とホワイトハウスに詫びを入れた
    これは、トランプ次期大統領のあわて様が目に浮かんでしまうような報道でした。それにしても、外務省の完全なる破壊に成功したというこの「安倍・谷内独断外交」のていたらく……これから何をどうするつもりか、どこに「漂流」して行くつもりなのか。全く、疑問だらけの「外交」が始まってしまったものですね。
    これまでずっと続けて来た安倍首相お得意の「手ミヤゲ持参」バラマキ外交も、それほどカネがあるなら内政に回せ、特に喫緊の需要のある社会保障政策の各分野に回せ!という国民大多数の声がずっとあがっていますが、その中でありもしない「北方領土返還」をうたい文句に今やロシアのプーチン政権を援護射撃する「経済協力」とやらを積み上げ、プーチン政権側ばかりが利益を上げる「外交」に終わった……それでも国会ではろくに問題化されず、このままプーチン大統領の訪日も半月後に実現するのでは、もうこの「安倍・谷内外交」は洒落にもなりません。
    元々、ウクライナ侵攻・クリミア半島併合という大問題を抱えるプーチン政権は国際制裁の対象で、プーチン自身は「対象」ではないでしょうが、経済制裁も各種、続いているのが現状です。そのプーチンを日本に招待する今のわが国「外交」は、「制裁措置は欧米主導のものだから関係ない」という詭弁でプーチン訪日・経済協力提供も進めるつもりなのか?……まるで精神分裂のような二面性なのですが、これではG7の各国からは「侵略者を援助している」と言われても仕方ありません。
    プーチン自身としては、かつてクリミア半島を「生まれ故郷」のウクライナに編入したニキータ・フルシチョフ(「スターリン批判」を断行した人物)という大政治家に反発があるのか、そのクリミア半島が水資源の面で既にウクライナと不可分の一体、といった現実さえ理解できなかったようです。元々が秘密警察(KGB)の職員に過ぎなかった、それがプーチン大統領ですし、スターリン主義の時代に終止符を打ってしまったフルシチョフを何かと嫌っているのでしょうね。今、プーチン政権はスターリン(やロシア帝国)の時代に回帰しつつあるようですが、ウクライナに対しては、もうクリミア半島の水源(ドニエプル河)まで「併合」するしかオプションの残されていない状況に追いやられてしまった状態です……。
    今、ウクライナの新しい国営放送ウクライナトゥデー(Ukraine Today)のツイッターによると、また東部ウクライナに秘密裏に侵攻しているロシア軍部隊とウクライナ軍との戦闘が激化している、と報道が出て来ている状況です。ウクライナ国内の水源地まで併合(つまりは南ウクライナのほとんどの併合)しない限り、クリミアばかりか、プーチン政権には未来がありませんので、もうプーチン・ロシアの対外政策は「綱渡り」状態でしょう。件のオバマ大統領は、議会が成立させたウクライナ武器支援法に署名せずじまいで、まあ対ロシア政策でのらりくらりを続けて来たわけですが(そのためか共和党員であるクリント・イーストウッドが「プッシー・ジェネレーション」と揶揄したとも)、それでも今の状況が続く限りプーチン政権の将来は暗い、という結果になったようですね。
    2018年までにまたどこか他国に軍事侵攻でもして、さらにロシア国民の思想統制でも図って行かない限りは、プーチン大統領は権力の維持も大変、困難でしょう。民主化運動の旗手だったボリス・ネムツォフが暗殺されたのでプーチンのライバルは消えましたが、今後プーチンは何とか権力維持に成功するカモ、と言った微妙な状態でしょう。中国との関係改善には注力しているプーチン政権ですが、最近、北方領土の2島に対艦ミサイル基地が出来たというのも、そうでもしない限りプーチン大統領の権力基盤が危ういからですね。
    トランプ候補を完全無視していた安倍首相が、突然の「トランプ詣で」に出かけた事も笑うべき「外交政策」でしたが、危うい綱渡りを続けるロシア政府に巨額の「援助」を積み上げたプーチン・安倍外交も、また笑える外交でしょうね。国会の場で、そんな「安倍外交」をやめさせようとさえしないわが国の野党諸君には、多くの国民が幻滅しウンザリしていると思いますが、しょせん彼ら「政党政治家」にとっては、政治は「ビジネス」であり、国民を視聴者として「政治」を演じるTV番組のようなものですから、この程度にしかならないのでしょう。元々、二流芸人の一人だった山本太郎が「脱原発」で自己PRし(その割りに福島県は訪れた事もないそう)、何とか参議院に当選して今や小沢一郎の新「自由党」の相談役とやらに成り上がっている、それがわが国の「政治」ですが、それもこんな不様な「政党政治」のなせるわざです。これでは、わが国の「外交」は漂流状態のまま、どこに行くのかさえ不明でしょう。
    ちなみに最近、死去したキューバのカストロ元議長は、安倍首相が最近、外遊中に何とか会見にこぎつけた相手でしたが、欧米では「独裁者だ」などと言う見方も根強く、賛否両論のある政治家でした。しかし、アメリカから外圧・制裁を受ける中で「キューバ共産党」を作ってフルシチョフの旧ソ連と手を組んで行ったその後はそれとして、バチスタ政権という独裁政治を倒したその功績はキチンと認められるべきでしょう。にもかかわらず、カストロ元議長の訃報を伝えるわが国の報道には「独裁政権を倒した人物」と伝えるより「欧米の影響」とやらと戦った人物、などと伝える向きもあるので驚きました。「その精神は、欧米の影響下に入るのを嫌う人々の心を今も鼓舞し続けている」と時事通信は配信していますが(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161126-00000061-jij-int)……。
    「ハア?」と言うしかない「報道」でしたが、まあ「帝国主義」(アメリカ、という意味)に降伏しなかった人物、とだけ言いたいのかも知れません。これも、上のような「漂流」を続ける安倍・谷内外交の詭弁術が、わが国の「報道」メディアにもじわじわ浸透していたという事だろうと思います。偏った政治観と言うしかありませんが、カストロが欧米と戦った、などという「報道」が訃報と称して流布されているわが国では、安倍首相によるプーチン大統領への手ミヤゲ外交も、また「欧米と一線を画す外交」(?)で、素晴らしい安倍政治の一環だとでもPRされそうで、困りますね。
    これまでの安倍首相の手ミヤゲ持参外交やロシアへの「経済協力」とやらの提供も、そんな「報道」メディアの洗脳工作の中では、トランプ次期大統領に渡した高価なゴルフクラブと同じ賞賛を浴びそうです。しかし、日本国の「国益」を無視したこの手の「安倍外交」は元々、外交とは無縁のものですね。国益を損ない続ける安倍・谷内外交、そしてそれを放任し続けるしか能のない国会の「野党」諸君や政党政治家たちには、そろそろ「政治」から退場してもらうしかないし、新党「9条」が送り出す本物のステーツマン・ステーツウーマンに国会の席を譲るべき秋(とき)だと改めて思いました。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top