天木直人の公式ブログ

日本のF35購入計画に変更を迫ることになるトランプ発言

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ

 少し前の報道であるが、12月14日の東京新聞が報じていた。

 トランプ次期米国大統領が12月12日の自らのツイッターで、米国防総省が米ロッキード・マーチン社から購入予定の最新鋭ステルス戦闘機F35について、「高額すぎる」と疑問視したと。

 そして、トランプ氏の政権移譲チームは、「次期政権は納税者のために、あらゆる場面で税金を節約していく」と語ったと。

 私がこの東京新聞の記事で驚いたのは、その発言を受けた日本の対応だ。

 稲田朋美防衛相は13日の記者会見で、「現時点で日本側の方針に変更が生じることはない」と述べて、一機約180億円もするF35を空自が最終的に42機購入することに変わりはないと言わんばかりの発言をしたのだ。

 しかし、それから10日ほど経ったきのう12月25日の日経が、ワシントン発共同として、つぎのような一段の小さな記事を掲載した。

 米ロッキード・マーチン社のヒューソン最高経営責任者は23日、最新鋭ステルス戦闘機F35の値下げについて、「積極的にコスト削減に取り組む」との考えをトランプ氏に伝えたとする声明を発表したと。

 この一連のやりとりを我々は見逃してはいけない。

 来年度予算におけるF35の購入積算根拠が、もし一機約180億円となっていれば、それはもはや無効だ。

 ロッキード社がトランプ政権に最終的にいくらで納入するかを見届けたうえで予算を変更する必要がある。

 果たして来年1月20日から始まる国会において、F35機の購入計画についての見直し議論が行われるだろうか。

 野党は安倍政権を追及できるのか。

 我々は来年の国会審議から目を離してはいけない(了)

コメント2件943

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. この天木氏のブログはグルグル回っていて広がっていく気配が無い。例えば、下記のyoutube映像を見ている人は皆無に近い。賛同する人も、批判する人も大いに議論する場が有ればと願う。
    https://www.youtube.com/watch?v=8Xyq80NUnag

  2. >この一連のやりとりを我々は見逃してはいけない。
    >来年度予算におけるF35の購入積算根拠が、もし一機約180億円となっていれば、それはもはや無効だ。
    >ロッキード社がトランプ政権に最終的にいくらで納入するかを見届けたうえで予算を変更する必要がある。
    天木大使のおっしゃる通りです。
    「アメリカ様に隷属していればそれでOKだ!」と言いたげな姿勢があからさま(あからさま過ぎる)な稲田防相の公式発言でしたが、こうして当のアメリカの軍需メーカーのトップが、値下げしてペンタゴン(国防総省)に納入するのでどうか勘弁して下さい、という趣旨の発表をしたわけですからね。高い兵器ほど価値がある、というのがわが国の「国防」省とその稲田大臣の思考法のようですから、まあ懸念を禁じ得ない話でしょう。
    件のF35は、ステルス性能が脆弱、などとその開発・製造の時点からすでに関係各国の専門家・政府筋から色々とクレームがついている、そんな兵器だったことは良く知られております。それでも、高いオモチャほど価値がある、と言いたげなわが稲田大臣には、そろそろ大臣を辞任したらどうか?と言いたいですね。
    毎年、わが国の次の年の「予算原案」が出来上がるのは大晦日の恒例行事だったように思います。当のアメリカのメーカーがこうして「値下げ」を口にしている今、それでもわが国の来年の「予算」だけは高額計上、というのではいただけません。当ブログ記事で最近、問題化しておられる通り、あの南スーダンPKOの「日誌」を違法に廃棄していた、と暴露されたのがこの稲田大臣ひきいるわが国の「防衛省」です……。文書主義、という国家運営の大原則さえどこへやらの彼女の「防衛省」のあり方は、この際、国会の「野党」議員諸君も厳しく追及するよう、追及の「姿勢」くらいはキチンと見せてほしいものですね。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top