天木直人の公式ブログ

西村宮内庁次長の初仕事は天皇陛下の口封じだったということだ

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ

 きょう12月27日の各紙が一斉に報じている。

 宮内庁はきのう12月26日、天皇陛下が毎年元旦に公表してこられた、新年にあたっての「ご感想」(年頭所感)を取りやめると発表したと。

 天皇陛下の負担軽減が目的であると。

 この事について西村康彦宮内庁次長は、26日の定例記者会見で、次のように述べたという。

 「ご年齢を考えた結果」だと。

 「ご理解をお願いしたい」と。

 しかし、年頭所感を元旦に公表することは、天皇陛下の公務の中でも最も重要な公務のひとつだ。

 1990年から続けられてきたものだ。

 それが、なぜ、2017年の元旦に限って取りやめになったのか。

 西村次長が語るその理由は、こうだ。

 12月23日の誕生日の記者会見で天皇陛下のお気持ちは伝えられた。

 1月2日の新年一般参賀でもお言葉を述べられる。

 年頭所感を取りやめても、天皇陛下のお気持ちは十分に国民に伝わっているはずだといわんばかりだ。

 これを聞いて私は間違いないと思った。

 これは天皇陛下に対する口封じではないのかと。

 弱者に寄り添い、平和を訴えられる天皇陛下のお言葉が繰り返されると、安倍首相の暴政がますます目立つことになる。

 できるだけその機会を減らせ。

 そういう安倍首相の意向を、西村次長が忠実に実施したということではないのか。

 そこで思いだされるのが、昨年9月来の宮内庁人事だ。

 昨年9月、風間宮内庁長官(当時)ほか宮内庁幹部人事が定期異動を前倒しする形で断行された。

 その時写真週刊誌「FLASH」が書いた。

 これは「陛下のご意向に抗う安倍総理の宮内庁『官邸直送』不敬人事」だと。

 すなわち天皇陛下の生前退位についてNHKがスクープ報道した事に驚いた官邸が、その責任を取らるべく、風岡典之宮内庁長官を更迭し、山本信一郎次長を昇格させた。そしてその次長職の後任に送り込まれたのが警察官僚の西村泰彦・内閣危機管理監(61)だった。同じく警察官僚で内閣官房副長官をしている杉田 和博氏の下で警察官僚による宮内庁の監視・統制が徹底されたのだ。

 しかも安倍・菅暴政コンビはその西村次長を、すかさず事務次官会議のメンバーにさせて、内閣との一体化を強化している。

 これらの事を思い起こせば、すべてに合点が行く。

 これは安倍・菅政権が宮内庁を完全支配下に置くために送り込んだ西村宮内庁次長の、天皇陛下口封じという初仕事に違いない。

 安倍首相の増長ここに極まれりである。

 メディアはこのことを書かなくてはいけない。

 国民に知らせなければいけない(了)

コメント2件2087

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 緊急事態条項設定、憲法改定により、民主、自由、基本的人権を破棄し、これまでの文化と信頼される国から戦争・武力・賭博の国へ変える最終段階にきて、邪魔するすべてを排除する姿勢を示した。すべてのメジャー、裁判所が安倍の言いなりとなったが、天皇・皇后両陛下はしっかりと個人の人権を尊重し、民主で平和な社会を変えてはならないと意思表明をなされてきた。この天皇・皇后両陛下のお考えの影響によって、総選挙で敗れることを恐れた。これまで機会あるごとの両陛下の勇気ある発言には頭が下がるとともに、国民よ!しっかり反対の意思表示をしなさいよとの激励である。国民よ!今まさに国の緊急事態であるぞ!選挙で権利の一票を投じ自公維新を葬り倒そう!政権党支持者も支持政党を守るよりも国を守る時ぞ!

  2. 今上天皇の年頭所感が取りやめられるのは、しっかりお話をして下さる印象がお強い今のお姿から不自然に感じます。お説の通りと共感です。
    ご高齢へのご負担軽減を申し上げるなら、元旦5時過ぎから7時過ぎの宮中祭祀(お庭に着座正座の四方拝、賢所と皇霊殿と神殿での拝礼である歳旦祭)
    や、年間30回以上ある式年祭や新嘗祭などの、今上天皇が最も大切に御心を向けていらっしゃる「国を祈り、国民を祈り、過去124代のご先祖様を祈る儀式」
    のご負担、わけても新嘗祭のように、夕方6時~8時の2時間、夜11時~深夜1時の2時間の長時間ご正座を続けていらっしゃるご負担は、筆舌に尽くしがたい
    思いがいたします。一代にみならずご高齢によるご譲位を発信なさった述べていらっしゃらない御心の内を、我々は拝察申し上げるべきではないでしょうか。
    総理大臣様 有識者会議の皆様、宮内庁新幹部の皆様 4時間正座して頂いて、ご高齢によるご譲位への対応の速やかな審議をお願いしたい気持ちです。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top